Download  Print this page

Advertisement

4-9.
挟み込みクラッチトルク調整
サービス供給の挟み込みクラッチブロック(A-1279-374-A)は,調整管理されたものが供給されます。
フォーカス連れ回り,すべり等の場合に調整を行ってください。
使用機器
ボンド(ロックタイト 460)または相当品
調整方法
1. フォーカスゴムリングを取り外す。
2. フォーカスリング補強板をはがす。
3. 挟みレバー固定ピンを 2 本とも外す。
4. 距離操作環を回転させ,トルクリング A の挟みレバー固定穴をずらす。
レンズを上に向け,距離操作環を時計方向にずらした場合,トルクが弱くなる。
レンズを上に向け,距離操作環を反時計方向にずらした場合,トルクが強くなる。
5. 挟みレバー固定ピンの先端にボンド(ロックタイト 460)を塗布し,締め付ける。
SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
フォーカスゴムリング
フォーカスリング補強板
ボンド(ロックタイト
460)塗布
Fig.4-9-1
挟みレバー固定ピン
トルクが弱くなる
挟みレバー固定穴
4-33
トルクが強くなる
ボンド(ロックタイト
460)塗布
挟みレバー固定ピン

Advertisement

Table of Contents

   Also See for Sony SAL16105

   Related Manuals for Sony SAL16105

Comments to this Manuals

Symbols: 0
Latest comments: