Download  Print this page

Advertisement

SERVICE MANUAL
Ver. 1.3 2008.05
Revision History
Revision History
Revised-3
Replace the previously issued
SERVICE MANUAL 9-852-220-13
with this Manual.
Link (English)
Link (English)
SPECIFICATIONS
SERVICE NOTE
• About the Lens Test Projector and Finished Inspection JIG
Link (Japanese)
Link (Japanese)
SPECIFICATIONS
SERVICE NOTE
・レンズ投影器と完成検査治具について
分解図につきましては,英語版を
ご参照ください。
SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
9-852-220-14
(DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
DISASSEMBLY
REPAIR PARTS LIST
DISASSEMBLY
REPAIR PARTS LIST
Sony EMCS Co.
SAL16105
Canadian Model
Chinese Model
Japanese Model
ADJUSTMENTS
ADJUSTMENTS
LENS FOR DSLR CAMERA
US Model
AEP Model
2008E0800-1
© 2008.05
Published by Kohda TEC

Advertisement

Table of Contents

   Also See for Sony SAL16105

   Related Manuals for Sony SAL16105

   Summary of Contents for Sony SAL16105

  • Page 1 • About the Lens Test Projector and Finished Inspection JIG Link (Japanese) Link (Japanese) SPECIFICATIONS DISASSEMBLY ADJUSTMENTS SERVICE NOTE REPAIR PARTS LIST ・レンズ投影器と完成検査治具について LENS FOR DSLR CAMERA 分解図につきましては,英語版を ご参照ください。 2008E0800-1 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) © 2008.05 Sony EMCS Co. 9-852-220-14 Published by Kohda TEC...
  • Page 2: Specifications

    Lens (1), Front lens cap (1), Rear lens cap (1), Lens hood (1), Set of printed documentation Designs and specifications are subject to change without notice. Extra-Low Dispersion Glass Aspheric Lens WIDE 1st Lens 2nd Lens 3rd Lens 4th Lens (52.148mm) (11.957mm) (26.798mm) (36.716mm) TELE SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) — 2 —...
  • Page 3: Exterior Parts

    IC pins, etc. • Be sure to control soldering iron tips used for unleaded solder and those for leaded solder so they are managed separately. Mixing unleaded solder and leaded solder will cause detachment phenomenon. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 4 CRITIQUES POUR LA SÉCURITÉ DE FONCTIONNEMENT. NE COMPONENTS WITH SONY PARTS WHOSE PART NUMBERS REMPLACER CES COMPOSANTS QUE PAR DES PIÈSES SONY APPEAR AS SHOWN IN THIS MANUAL OR IN SUPPLEMENTS DONT LES NUMÉROS SONT DONNÉS DANS CE MANUEL OU PUBLISHED BY SONY.
  • Page 5 Adhesive bond (B-10): J-6082-612-A G-116 Grease (G-116): J-6082-628-A B-40 Adhesive bond (B-40): J-6082-614-A G-118 Grease (G-118): J-6082-680-A B-110 Adhesive bond (B-110): J-6082-617-A LOCTITE 460 Adhesive bond (LOCTITE 460) or the equivalent or the equivalent. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 6 Focus Brush 1st Lens Block Fixed Barrel R Assy Guide Barrel Focus Stopper Outer Cover Block Focus Ring Front Lens Barrel R Assy Focus Scale Plate Focus Cam Barrel Pinch Clutch Block CL-002 Block SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 7 2nd Block Adjustment Mark A Washer Note (Assembling) FLANGE BACK Align the Mark B with ADJUSTMENT the Mark A. Mark A APERTURE Note (Assembling) Align the Notch with DIAMETER the Mark A. ADJUSTMENT SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 8 4th Lens Barrel Hold Washer Notch 3-4 Interval Adjustment Washer (From Page 2-3.) Chip-A for universal wrench: Notch J-6082-609-1 Lens made upside down. 3rd Lens Barrel Assy Tweezers (See Page 2-5.) 2-2-2. 3rd Lens Barrel Assy SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 9: Help02

    Adjust the Ground Brush to the portion there is No Convex in inner circle of the Zoom Rubber Ring. Zoom Rubber Ring Convex G-118 FLANGE BACK No Convex Portion ADJUSTMENT Coupler Adjustment Washer AF Coupler (See Page 2-6.) Ground Brush SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 10: Cinuber Ring

    (See Page 2-8.) Cinuber Ring, Rear Barrel Assy Zoom Ring Reinforcement Plate Notches HELP02-02 Zoom Barrel (See Page 2-7.) Zoom Coupling Pins Note (Assembling) Align the Notches with the Zoom Coupling Pins. G-118 G-118 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 11: Focus Brush

    Be careful about the Focus Cam Barrel isn't off the position because of it is HELP02-04 easy to come off. (See Page 2-9.) 2-2-3. HELP02-03 Make the lens upside down. Inner Barrel Assy, Focus Differential Ring Inner Barrel Assy SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 12: Cinuber Ring

    Small Ring of the Main Spring HELP02-05 Cinuber Ring LOCTITE 460 Rear Barrel Assy or the equivalent (From Page 2-6.) LOCTITE 460 or the equivalent Chip (Mount Index) Hole of the (G-115) Chip (Mount Index) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 13: Note

    Pass Connection board through the lens mount block and in the middle of preset lever insertion, turn the lens mount block in the arrow direction, adjust screw hole positions and secure with four screws. Lens Mount Block Screw Hole Hole for Coupler Coupler Screw Holes Connection Board Back Adjustment Washer SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 14 (All circumferences) Apply the grease (G-115) (All circumferences) Zoom Barrel Zoom Barrel Apply the grease (G-118) to the zoom barrel as shown in the figure. Apply the grease (G-118) (All circumferences) Zoom Barrel SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 15: Focus Rubber Ring

    Confirm the focus differential ring moves synchronously with the focus operation ring moving by turning the focus operation ring to the both directions (near ↔ infinity). Focus Differential Ring Turn focus operation ring to the both directions (near infinity). SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 16 Install the focus differential ring while inserting the lever of the focus cam barrel into the groove on the focus differential ring. Aperture Operate Plate Lever Apply the grease (G-116) Focus Differential Ring Groove Apply the grease (G-118) Lever of the Focus Cam Barrel SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 17: Cinuber Ring

    Apply covering the point rear barrel assy bond (B-110) is in contact with cinuber ring. Apply the adhesive bond (B-110) Cinuber Ring Cinuber Ring Rear Barrel Assy Rear Barrel Assy Apply the adhesive bond (B-110) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 18 3rd Lens Block 2 B-40 Guide Roller HELP03-02 3-4 Moving Frame Assy HELP03-02 3rd Lens Block 1 Guide Roller 3rd Lens Block 1 Guide Roller (See Page 2-10.) 3rd Lens Block 1 Guide Roller SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 19: Note

    Note (Assembling) Align the Two Scerw Holes of Install 1st Lens Block Guide the Fixed Barrel, with the Mark, Shaft in the direction as as shown in the figure. shown in the figure. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-10...
  • Page 20 (G-116) HELP03-03 1st Lens Block (G-115) Guide Barrel Note (Assembling) 1st Lens Block Engage three projections Guide Barrel with three grooves. Grooves (From Page 2-10.) Projections Front Lens Barrel Assy Friction Cloth A SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-11...
  • Page 21 Guide Roller 2-13.) 2nd Guide Roller (From Page Spring 400 H2 2-11.) B-40 2nd Lens Block Guide Shaft Second Lens Holder B-40 HELP03-04 Second Lens Holder HELP03-04 Focus Guide (G-116) Second Lens (G-116) Holder SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-12...
  • Page 22 (From Page 2-12.) 10mm Cross section B-10 Chip-A for Inner screw universal wrench: portion J-6082-609-1 Outside Inside HELP03-05 Zoom Cam Ring (G-116) (G-116) Cam Ring Support Sheet Fixed Barrel (G-116) (G-116) (G-116) (G-116) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-13...
  • Page 23 Turn the focus cam barrel in the arrow direction to engage the focus guide pin with the groove on the focus cam barrel. Focus Cam Barrel Focus Cam Barrel Groove Focus Guide Pin Focus Guide Pin Second Lens Holder Second Lens Holder SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 24 (B-40) 3rd Lens Block 2 Guide Roller 3rd Lens Block 3rd Lens Block 1 Guide Roller 1 Guide Roller Screw Hole of Apply the adhesive the 1st Lens Block bond (B-40) Guide Barrel SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 25 5. Apply the adhesive bond (B-40) to about two threads from the tips of stopper screws and tighten them. 1st Lens Block Operation Roller Apply the adhesive bond (B-40) Apply the adhesive bond (B-40) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 26 Hold Shaft 2nd Lens Block Guide Roller 2nd Guide Second Lens Roller Spring 400 H2 Holder Apply the adhesive bond (B-40) Apply the adhesive bond (B-40) 2nd Lens Block Guide Shaft Second Lens Holder SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 27 Cutout Portion Zoom Cam Ring Projection Apply the grease (G-116) Apply the grease (G-116) Fixed Barrel Groove Apply the Two Screw Apply the grease (G-116) Holes grease (G-116) Zoom Cam Ring Fixed Barrel SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 28 Focus Ring Reinforcement Plate Universal wrench Pinch Clutch Block J-6082-609-A Cut Portion (See Page 2-15.) Projection Chip-B for universal wrench: J-6082-609-2 Part A On disassembling, remove by turning 10mm Part A B-10 Part A. 10mm SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-14...
  • Page 29 Polyester Tape ADJUSTMENT (Black)10mm (7X25mm) Focus Stopper (From Page 2-14.) Focus Ring (G-116) Make the lens upside down. HELP04-07 CL-002 Block (G-118) (G-118) Gear Base Plate Gear A Fixed Barrel R Assy Gear Shaft SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-15...
  • Page 30 (B-110) Do not spread out to the groove for the Mount Shielding O-ring Do not apply it to the edge of the Outer Cover Block Outer Cover Block Support Plate Support Plate SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 31 Be sure to put the focus ring reinforcement plate so that its adhesive surfaces don't go out to the pinch lever hold pin. Pinch Lever Hold Pin Adhesive part Focus Ring Reinforcement Plate Pocus Ring Reinforcement Plate SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 32 Tighten lightly to the end and loosen 1/4 turn. Note: Refer to "Focus-shift Adjustment" for tightening up. Screw Holes of Focus Stopper Long Holes of Focus Stopper Outer Barrel Focus Scale Plate Set the focus to near position. Focus Stopper SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 33 Focus Scale Plate Part A Hole B Apply the grease (G-116) Focus Ring Hole B Polyester Tape (Black)10mm (7X25mm) Groove of the Focus Ring Focus Scale Plate Focus Scale Polyester Tape Plate (Black)10mm (7X25mm) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 34 Be sure not to bring it out to the arrow direction. Wrinkle the flexible board while pulling slightly CL-002 block. 10. Wrinkle the part G of CL-002 block lightly. (Fig. m) Part G Fig.k Fig.l Fig.m SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 35: Note

    Selection parts 3-4 INTERVAL ADJUSTMENT WASHER (Note 1) 3-270-620-02 1ST CAM RING DECORATION PLATE A-1279-371-A 4TH LENS BLOCK 3-210-198-02 2ND DECORATION PLATE 3-210-177-01 4TH LENS BARREL HOLD WASHER 3-218-903-01 SCREW TAPPING P1 (M1.7X3.5) 3-292-495-01 2ND BLOCK ADJUSTMENT WASHER (Note 2) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 36 2-684-244-01 STOPPER SCREW (M1.4X1.2) 3-210-044-01 GROUND BRUSH 3-210-040-01 REAR LIGHT SHEILD BARREL 3-210-041-01 ZOOM BRUSH 7-627-551-98 PRECISION SCREW +P 1.4X2.2 2-684-065-01 GROUND SPRING 3-210-201-01 ZOOM BARREL 3-270-622-01 ZOOM RING REINFORCEMENT PLATE 2-684-066-01 TAPPING SCREW M1.7X4.0 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 37 Selection parts 1ST LENS BLOCK OPERATION ROLLER Selection parts FOCUS GUIDE PIN (Note 1) (Note 1) 3-210-052-01 2ND LENS BLOCK HOLD SHAFT 3-281-872-01 CAM RING SUPPORT SHEET 3-210-047-01 FIXED BARREL 3-210-046-01 ZOOM CAM RING SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 38: Note

    3-212-711-01 GEAR A 3-210-212-01 GEAR BASE PLATE 3-210-199-01 FOCUS RING 3-210-227-01 FOCUS STOPPER 3-271-885-01 SCREW TAPPING P2 (M1.7X3.5) 2-685-720-01 PHI 4 HEAD SCREW (M1.6X2.1) 2-899-301-01 MOUNT SHIELDING O-RING A-1436-966-A FIXED BARREL R ASSY A-1359-152-A CL-002 BLOCK SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 39 Select the type of part according to the operation load of the associated parts. Part No. Description 3-210-078-02 1ST LENS BLOCK GUIDE ROLLER (D=4.30) 3-210-078-12 1ST LENS BLOCK GUIDE ROLLER (D=4.31) 3-210-078-22 1ST LENS BLOCK GUIDE ROLLER (D=4.32) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 40 Select the type of part according to the operation load of the associated parts. Part No. Description 3-210-082-01 1ST LENS BLOCK OPERATION ROLLER (D=4.33) 3-210-082-11 1ST LENS BLOCK OPERATION ROLLER (D=4.32) 3-210-082-21 1ST LENS BLOCK OPERATION ROLLER (D=4.31) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 41: Supplied Accessories

    3-219-252-01 MANUAL, INSTRUCTION (JAPANESE, ENGLISH, FRENCH, SPANISH, SIMPLIFIED CHINESE) 3-219-252-11 MANUAL, INSTRUCTION (GERMAN, DUTCH, SWEDISH, ITALIAN) (AEP) 3-219-252-21 MANUAL, INSTRUCTION (PORTUGUESE, RUSSIAN, TRADITIONAL CHINESE, KOREAN, ARABIC) (AEP) Lens Hood (SH105) Front Lens Cap 3-210-270-01 X-2179-384-1 Rear Lens Cap 2-683-615-01 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 42 他の付属品 3-219-252-01 取扱説明書 (日本語, 英語, フランス語, 中国語 (簡字体), スペイン語) 下記に参考として,海外向取扱説明書の 部品番号と言語について記載しています。 レンズフード(SH105) 前レンズキャップ 3-219-252-11 DT 16-105mm F3.5-5.6 3-210-270-01 X-2179-384-1 (ドイツ語, オランダ語, イタリア語, スウェーデン語) 3-219-252-21 DT 16-105mm F3.5-5.6 (ポルトガル語, アラビア語, 中国語(繁字体), ロシア語, 韓国語) 後レンズキャップ 2-683-615-01 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 43 J-6082-607-A J-6082-608-A J-6082-640-A J-10 J-11 J-12 Finished Aberration Inspection Universal wrench measuring cap J-6082-609-A 62mm (SAL16105) J-6082-645-A J-6082-679-A (Note 4) J-13 J-14 Chip-A for Chip-B for universal wrench: universal wrench: J-6082-609-1 J-6082-609-2 Fig. 4-1-1 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 44 Align the marks Chart 1000 mm collimator Fig. 4-1-2 Note 3: Connect the variable transformer (Output voltage: AC 100 V) to the lens test projector. Note 4: Finished Inspection JIG is AC 100 V only. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 45 Adjustment Parts: Flange Back (f'F) Check Back Adjustment Washer Section 4-6 Coupler Adjustment Washer Preset Ring 2nd Block Adjustment Washer Focus-Shift (Amount of spherical aberration) Section 4-7 Finished Inspection (Actuator Checker 2) Section 4-12 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 46 Download the file from Service Fixture and Software of ESI homepage, and save it in “C:\MCC”. Double-click the downloaded file “InstaCal.zip”to extract it. [Browse...] The window to specify the extract destination folder appears. Click Fig.4-1-4 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 47 The window returns to the menu to specify the extract destination folder. Click Fig.4-1-6 When the window below appears, click [OK]. Fig.4-1-7 [Close] Return to the menu to specify the extract destination folder. Then, click to close the window. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 48 Double-click “InstaCal.msi” in “C:\MCC” folder to begin the installation. Fig.4-1-8 [Next>] The menu to begin the installation appears. Click Fig.4-1-9 [Next>] Specify the install destination folder. As the default is used for it, click Fig.4-1-10 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 49 To make the configuration installed effective, the window to prompt the restart appears. Click “Yes” to restart the PC. Note: If a device is connected without restarting, the program may not work properly. Fig.4-1-13 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 50 After restarting the PC, insert the PC-CARD-DIO48 in the PC card slot. The software installation window appears. Click “Install the software automatically. (Recommended)”. Fig.4-1-14 [Finish] The software is detected and installed. When the window below appears, click to terminate the installation. Fig.4-1-15 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 51 Depending on the slot inserted, the slot No. differs. Fig.4-1-17 Confirm that “PC-CARD-DIO48” is recognized as “Board#0”. Note: If not recognized as “Board#0”, the program does not work properly. Fig.4-1-18 Click “File” - “Exit” to terminate “InstaCal”. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 52 Download the file “ActuatorChecker2 VerX.X.X.X.zip” from Service Fixture and Software of ESI homepage, save and extract it. Start up “ActuatorChecker2.exe” from an arbitrary folder. If “PC-CARD-DIO48” is properly installed, the window below appears. Note: The version of “ActuatorChecker2” might be updated. Fig.4-1-19 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-10...
  • Page 53 Turn on the finished inspection JIG. Turn on the personal computer. Start up “ActuatorChecker2.exe” from an arbitrary folder, conform that start up program normally. Note: Turn off the finished inspection jig after use. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-11...
  • Page 54 Depending on the initial startup or setting made at the previous startup, the window differs.When the Japanese window appears, click [Set up] button, Change the language to English. Note: When any button is clicked, the Serial window appears. The window to enter the lens serial number appears. Fig.4-1-21 Fig4-1-22 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-12...
  • Page 55 The inspection method has the method of executing the method of inspecting the corresponding model as everything continues and the inspection of each item one by one. [START] Click from the start up window when you inspect the corresponding model as everything continues. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-13...
  • Page 56: Aperture Diameter Check

    Setting of Lens: Zoom: Wide end (focal length: 16mm) Focus: Infinity end Setting of Camera: ISO: Exposure Mode: shutter Speed: 1/125 Aperture: F5.6 Focus Mode: Metering: Center weighted Preset white balance: Tungsten D-R: SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-14...
  • Page 57 Set the Color Calculator 2 as follows. Measured value display (Display menu): RGB+L*a*b* Measuring method (Display menu): Center Single Area Fig.4-2-4 Color space (Edit menu): sRGB Fig.4-2-5 Area size for calculate (Edit menu →Option): 256×256 Pixels Fig.4-2-6 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-15...
  • Page 58 Aperture error = Average “G” value of checking lens (b) - Average “G” value of master lens (a) Specification Aperture error = -25 to +0 (Wide end: 16mm) When the aperture error is out of specification, perform “4-2-2. Aperture Diameter Adjustment”. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-16...
  • Page 59 3) Install the maximum aperture jig and open the aperture. 1st Lens Stopper Barrel G1+G2 First Lens Holder Block 1st Cam Ring Decoration Plate 2nd Decoration Plate 2nd Lens Barrel Assy 2nd Block Adjustment Washer Fig.4-2-8 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-17...
  • Page 60 Cut a paper in width of 12.15mm. Confirm by attaching this paper to the inscribing circle of the aperture. Note: Be careful not to touch the aperture blades. Aperture Block Apply the adhesive bond (B-10) Fig.4-2-9 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-18...
  • Page 61 Focus on fine lines on the surface. Fig.4-3-2 Turn the scale ring of the dial gauge until the long pointer indicates “0”. Note: This position is the flange back (f’F) = 43.50 mm. Memorize the position of short-pointer. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-19...
  • Page 62 (2) If the adjustment is impossible according to the procedure (1), replace the 4th lens block. (3) If the specification is not improved according to procedure (2), replace the 2nd lens barrel assy. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-20...
  • Page 63 Lens Heat-absorbing filter Chart Chart Filament Filament f=18 to 35 mm f=100 to 200 mm Fixed lever Chart Chart Filament Filament f=35 to 100 mm f=200 to 300 mm Lens test projector Fig.4-4-1 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-21...
  • Page 64 Turn the focus ring of the checking lens until the chart image projected on the screen is the sharpest at the center (y’=0). Set the plane mirror to the center of the projected image (y’= 0), and adjust the projector position so that the mirror reflects the light to the center of the lens. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-22...
  • Page 65 20 or greater 125 or greater 40 or greater 32 or greater 32 or greater 25 or greater 125 or greater 40 or greater 32 or greater 32 or greater 25 or greater Table 4-4-2 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-23...
  • Page 66: Projective Resolving Power Check

    (2) If the adjustment is impossible according to the procedure (1), replace the 4th lens block. (3) If the specification is not improved according to procedure (2), replace the 2nd lens barrel assy. Note: Do not change of thickness of the 3-4 interval adjustment washer. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-24...
  • Page 67 • Flange back Gauge (43.50mm) • Adhesive bond (B-10) 1. Preparation Remove parts indicated in Fig.4-5-1 from the lens unit Execute “1. Preparation” of “4-3. OPTICAL AXIS CHECK/ADJUSTMENT”. Zoom Rubber Ring Zoom Ring Reinforcement Plate Fig.4-5-1 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-25...
  • Page 68 Confirm the focusing point doesn’t change when turning focus operation ring to infinity end lightly at TELE end. Tighten up focus stopper screws and apply the adhesive bond (B-10) as shown in the figure. Two Screws for fixing Focus Stopper the Focus Stopper Apply the adhesive bond (B-10) Fig.4-5-2 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-26...
  • Page 69 44.54 to 44.70 44.54 to 44.85 44.54 to 44.90 Table 4-6-1 When the flange back (f’F) of the checking lens is out of specification of the Table 4-6-1, perform “4-6-2. Flange Back (f’F) Adjustment”. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-27...
  • Page 70 2-684-057-01 COUPLER ADJUSTMENT WASHER A 0.05 3-218-899-01 COUPLER ADJUST WASHER B 0.07 2-684-059-01 COUPLER ADJUSTMENT WASHER C 0.10 2-684-060-01 COUPLER ADJUSTMENT WASHER D 0.20 2-684-061-01 COUPLER ADJUSTMENT WASHER E 0.50 Table 4-6-3 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-28...
  • Page 71 The groove in the top is none. 3-275-411-01 PRESET RING L 0.9 or more The groove in the top is deep Table 4-6-4 Preset Ring S Preset Ring Preset Ring L Fig. 4-6-2 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-29...
  • Page 72 Except when you replace the 2nd lens barrel assy, the thickness do not be changed from shipping. 1st Cam Ring Decoration Plate 2nd Decoration Plate 2nd Lens Barrel Assy 2nd Block Adjustment Washer Fig.4-6-3 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-30...
  • Page 73 • 1000 mm Collimator • Flange Back Tester • A-mount Attachment • Flange Back Gauge (43.50mm) • Aberration measuring cap 62mm (SAL16105) 1. Preparations Perform “1. Preparations” of “4-3. OPTICAL AXIS CHECK/ADJUSTMENT”. Set the checking lens focus to the infinite.
  • Page 74 Turn the focus ring from nearby infinity end to near end, then return to infinity end and confirm the pointer on focus scale window becomes to the center of “∞” mark. Apply the adhesive bond (B-10) to the indicated portion of focus scale plate. Apply the adhesive bond (B-10) Fig.4-8-2 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-32...
  • Page 75 Reinforcement Plate Pinch Lever Hold Pin The torque becomes week The torque becomes strong Apply the adhesive bond (LOCTITE460) Apply the adhesive bond (LOCTITE460) Pinch Lever Hold Pin Pinch Lever Fixing Hole Fig.4-9-1 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-33...
  • Page 76: Cinuber Ring

    Sheild Barrel Lens Mount Block Fig.4-10-1 Connected to equipment with checking lens. (Refer to Section 4-1-4.) Start up of “ActuatorChecker2.exe”. [Set up] Click , and perform the initial setting. (Refer to Section 4-1-5.) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-34...
  • Page 77 In case of the focus is at the focus adjustment point(near position or infinity position), the pop-up window as shown below appears on the screen and tighten up two screws secured the focus brush at the point. Fig.4-10-4 Fig.4-10-5 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-35...
  • Page 78 When the error display and the NG display appear to the pop-up window, press the ENTER key to return to the initial window, and push ENTER key. Move the position of focus brush right and left, and perform “2. Adjusting Method” again. Fig.4-10-7 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-36...
  • Page 79 10mm (7X13mm) Zoom Rubber Ring Fig.4-11-1 Connected to equipment with checking lens. (Refer to Section 4-1-4.) Start up of “ActuatorChecker2.exe”. [Set up] Click , and perform the initial setting. (Refer to Section 4-1-5.) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-37...
  • Page 80 Peel off the polyester tape. R Part Zoom Brush Flexible Pattern Polyester Tape (Black) 10mm (7X13mm) Zoom Brush Polyester Tape (Black) 10mm (7X13mm) Zoom Brush Fig.4-11-2 [Search Zoom Adj Point]. Click the Fig.4-11-3 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-38...
  • Page 81 R of the zoom brush is going to be at the lack of pattern on the flexible board. Perform “2.Adjusting Method” again. Fig.4-11-5 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-39...
  • Page 82 Fig.4-12-2 The message “Move Zoom to Wide position. Then push [ENTER].” is displayed on the pop-up window. Set the zoom to wide position and press down the ENTER key. Fig.4-12-3 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-40...
  • Page 83 When the near position check finishes normally, the message “Move Focus to Infinity position. Then push [ENTER].” is displayed on the pop-up window. Set the focus to infinity position and press down the ENTER key. Fig.4-12-8 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-41...
  • Page 84 Being based on the focus shift amount calculated by “ 4-7. FOCUS-SHIFT CHECK/ADJUSTMENT (APERTURE (AMOUNTOF SPHERICAL ABERRATION)) ”, select the button and perform the Write dSB. Fig.4-12-11 Fig.4-12-12 12) When the Write dSB finishes normally, “ OK ” appears on the pop-up window. Fig.4-12-13 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-42...
  • Page 85 Be sure to check the conduction entirely the zooming by turning from WIDE end to TELE end. Zoom Rubber Ring Lens Mount Block Check the conduction Ground Brush Fig.4-12-14 If no conduction, confirm whether the ground brush and the lens mount block are abnormal. SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-43...
  • Page 86 When the error display and the NG display appear to the pop-up window, confirm the cause based on the content of the display. The following pop-up window is one example. Fig.4-12-15 • Zoom Adjustment Point Fig.4-12-16 • Zoom Pattern Fig.4-12-17 • Focus Adjustment Point Fig.4-12-18 • Focus Pattern Fig.4-12-19 • ROM Data Fig.4-12-20 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-44...
  • Page 87 フィルター径 × 外形寸法(最大径 長さ) (mm) 72 × 83 約 質量(g) 約 同梱物 レンズ 、前レンズキャップ 、後レンズキャップ 、レンズフード 、印刷物一式 仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがありますが、ご了承ください。 ED (特殊低分散)ガラス 非球面レンズ WIDE 第1群レンズ 第2群レンズ 第3群レンズ 第4群レンズ (52.148mm) (11.957mm) (26.798mm) (36.716mm) TELE SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) — 2 —...
  • Page 88 ・ 小分け(ハンドラップ等)する数は必要最小限に留め,容器による自然蒸発を防いでください。 ・ 作業に使用しない時は,必ずキャップ等をして自然蒸発を防いでください。 ・ 薬品を使用する回数を極力少なくし, 使用する場合は使用する量だけ容器より出して受け皿に残さないようにしてください。 1-2. 外装部品の取り扱いについて 本機に使用されている外装部品は,下記の点に注意して取り扱ってください。 ・清掃には薬品を使用せず,清掃紙や清掃布を使用してください。 やむを得ず汚れがひどくて薬品を使用する場合は,シンナー,ケトン,エーテルは使用しないでください。 ・各部品の取り付けには指定されたねじを使用し,部品に対して垂直に取り付けてください。 また,ねじを締め付ける時は,無理な力を加えないでください。 1-3. 無鉛半田について 本機には無鉛半田が使用されています。 無鉛半田を使用している基板には,無鉛(Lead Free)を意味するレッドフリーマークがプリントされています。 (注意: 基板サイズによっては,無鉛半田を使用していてもレッドフリーマークがプリントされていないものがあります) : レッドフリーマーク 無鉛半田は,下記の点に注意して使用してください。 ・半田こてのこて先温度は約 350℃に設定してください。 温度調節が無理な場合は,高温短時間で作業を行ってください。 注意: 半田こてを長く当てすぎると, 基板のパターン(銅箔)がはがれてしまうことがありますので, 注意してください。 また,従来の半田よりも粘性が強いため,IC 端子などが半田ブリッジしないように注意してください。 ・半田こてのこて先は,必ず無鉛半田用と有鉛半田用に分けて管理してください。 無鉛半田と有鉛半田が混在すると剥離現象が発生してしまいます。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 89 セットの部品は難燃性や耐電圧など安全上の特性を持ったものとなっています。 従って交換部品は,使用されていたものと同じ特性の部品を使用してください。 特に回路図,部品表に 0 印で指定されている安全上重要な部品は必ず指定のものをご使用ください。 3. 部品の取付けや配線の引きまわしはもとどおりに 安全上,チューブやテープなどの絶縁材料を使用したり,プリント基板から浮かして取付けた部品があります。 また内部配線は引きまわしやクランパによって発熱部品や高圧部品に接近しないよう配慮されていますので, これらは必 ずもとどおりにしてください。 4. サービス後は安全点検を サービスのために取外したネジ,部品,配線がもとどおりになっているか,またサービスした個所の周辺を劣化させてし まったところがないかなどを点検し,安全性が確保されていることを確認してください。 5. チップ部品交換時の注意 ・取り外した部品は再使用しないでください。 ・タンタルコンデンサのマイナス側は熱に弱いため交換時は注意してください。 6. フレキシブルプリント基板の取扱いについて ・ こて先温度を 270℃前後にして行なってください。 ・ 同一パターンに何度もコテ先を当てないでください。 (3 回以内) ・ パターンに力が加わらないよう注意してください。 注意 電池の交換は,正しく行わないと破裂する可能性があり ます。電池を交換する場合には必ず同じ型名の電池又は 同等品と交換してください。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 90 SERVICE TOOLS オイル(O-20): O-20 J-6082-610-A A-20 拡散防止剤 (A-20): J-6082-611-A グリス(G-115): G-115 J-6082-627-A ボンド (B-10): B-10 J-6082-612-A G-116 グリス(G-116): J-6082-628-A B-40 ボンド (B-40): J-6082-614-A G-118 グリス(G-118): ボンド (B-110): J-6082-617-A J-6082-680-A B-110 ロックタイト 460 ボンド(ロックタイト460) または相当品 または相当品 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 91 2-2-4. ズームカム環押さえ ズーム操作環 フォーカス作動環 DISASSEMBLY 挟み込みクラッチブロック 1群カム環 固定筒 REPAIR PART LIST フォーカス 内筒ブロック ゴムリング マウント防滴Oリング 固定保持環 鏡頭環 R 組立 フォーカスブラシ 固定保持環 1群案内環 フォーカスストッパー 外装カバー ブロック 距離環 鏡頭環 R 組立 距離目盛板 フォーカスカム環 挟み込みクラッチ ブロック CL-002ブロック SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 92 10mm 10mm レンズ専用治具 J-6082-609-A 1群押さえ環 1群押さえ環 レンズ専用治具 チップA J-6082-609-1 1群カム環飾り板 2群飾り板 2群レンズブロック G1+G2 マークB (See Page 1群玉枠ブロック 2-4.) 切り欠き セットを ひっくり返す。 2群補正ワッシャ マークA フランジバック調整 Note (Assembling) マークA マークBとマークAの Note (Assembling) 位置を合わせる。 切り欠きとマークAの 絞り径調整 位置を合わせる。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 93 Note (Assembling) 固定ワッシャ 大きな切り欠きと レンズ専用治具 小さい切り欠きの J-6082-609-A 位置を合わせる。 4群レンズブロック 片ボケ調整 大きい 4群移動枠 切り欠き 固定ワッシャ 小さい 3-4群間隔調整ワッシャ 切り欠き (From Page 2-3.) レンズ専用治具 小さい チップA 切り欠き J-6082-609-1 ひっくり返った セット。 3群レンズブロック ピンセット (See Page 2-5.) 2-2-2. 3群レンズブロック SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 94 EXPLODED VIEW HELP02-01 レンズマウント ブロック (See Page 2-8.) アーススプリング 信号基板 B-40 B-40 バックワッシャ フランジバック調整 後遮光筒 (From Page 2-4.) 2-2-1. Note (Assembling) ズームゴムリングの内径の凸部が 無い箇所にアースブラシの位置を 合わせる。 ズームゴムリング 凸部 G-118 凸部が無い箇所 フランジバック調整 カプラー調整ワッシャ AFカプラー (See Page 2-6.) アースブラシ SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 95 10mm (7X13mm) ズームブラシ (From Page 位置調整 2-5.) ズームブラシ アースブラシ ポリエステルテープ(黒) 10mm (7X13mm) ポリエステルテープ(黒) 10mm (7X13mm) (See Page 2-8.) 後部保持環 ブロック ズームリング補強板 切り欠き HELP02-02 ズーム操作環 (See Page 2-7.) ズーム連動ピン Note (Assembling) 切り欠きとズーム連動ピン の位置を合わせる。 G-118 G-118 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 96 (From Page 2-6.) ねじ穴位置 フォーカスブラシ B-40 近端にセットする フォーカスブラシ 位置調整 ズーム連動ピン 固定保持環ブロック HELP02-03 固定保持環ブロック、 フォーカスゴムリング (See Page 2-14.) 2-2-4. フォーカスゴムリング フォーカスカム環 フォーカス作動環 フォーカスカム環はこの位置だと 外れやすいので、外れないよう HELP02-04 注意してください。 (See Page 2-9.) 2-2-3. セットを HELP02-03 ひっくり返す。 内筒ブロック、 内筒ブロック フォーカス作動環 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 97 LOCTITE 460 or the equivalent カプラー取付け穴 スペースA ストッパービス マウントメインSPガイド 加締ブロック Note (Assembling) Note (Assembling) プリセットリング のホック メインスプリングの 引っ掛け部(大きな輪) メインスプリングの 引っ掛け部(小さな輪) HELP02-05 シナバーリング ロックタイト460 後部保持環 または同等品 (From Page 2-6.) ロックタイト460 または同等品 片(マウント標点) (G-115) 片(マウント標点) 取付け穴 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 98 グリス(G-118):J-6082-680-A 1. レンズマウントブロックの指示部に拡散防止剤(A-20)を塗布する。 2. レンズマウントブロックの指示部にグリス(G-118)を塗布する。 3. プリセットレバーを絞り操作レバーの切り欠きの挿入する。 拡散防止剤(A-20)塗布 レンズマウント ブロック バックワッシャ グリス(G-118)を塗布 プリセットレバー 入口側の爪の裏側に3∼5mm程度の 範囲に塗布する。 爪 絞り操作レバーの切り欠き カプラーの穴 3∼5mm グリス(G-118) を塗布 4. 信号基板をレンズマウントブロックに通し,プリセットレバーが半分程挿入したところで,レンズマウントブロックを 矢印方向に回転させてねじ穴とカプラーの穴を合わせる。   そして,ねじ4本でレンズマウントブロックを固定する。 レンズマウントブロック ねじ穴 カプラーの穴 カプラー ねじ穴 信号基板 バックワッシャ SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 99 HELP02-02 拡散防止剤(A-20): J-6082-611-A グリス(G-115): J-6082-627-A グリス(G-118): J-6082-680-A 1. ズーム操作環の指示部に拡散防止剤(A-20)を塗布する。 拡散防止剤(A-20)塗布 (指示部全周) ズーム操作環 2. ズーム操作環の指示部にグリス(G-115)を塗布する。 グリス(G-115)塗布(全周) グリス(G-115)塗布(全周) ズーム操作環 ズーム操作環 3. ズーム操作環の指示部にグリス(G-118)を塗布する。 グリス(G-118)塗布(全周) ズーム操作環 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 100 フォーカス作動環の突起とフォーカスリングのレバーを合わせ,さらに固定筒の足( ねじ穴,ボス挿入穴) と固定保 持環のねじ穴,ボスを合わせてください。 注意: 固定保持環が絞り操作レバーに触れないよう注意してください。 フォーカスリング のレバー 固定保持環ブロック、 フォーカスゴムリング フォーカスリングの 固定保持環 レバー ボス ねじ穴 フォーカスを近端にセットする 絞り操作レバー 固定筒の足 フォーカス作動環を フォーカス作動環を 回転させる 回転させる 内筒ブロック、 突起 フォーカス作動環 突起 ねじ穴 ボス挿入穴 4. フォーカス操作環を回転(近端∼無限端)させ,フォーカス作動環の動きに合わせてフォーカス作動環が回転するか確認 する。 フォーカス作動環 フォーカス操作環を両ポジションに 回転させる。(近端  無限端) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 101 HELP02-04 グリス(G-116): J-6082-628-A グリス(G-118): J-6082-680-A 1. フォーカス作動環の指示部にグリス(G-116)およびグリス(G-118)を塗布する。 2. 絞り操作レバーを矢印方向に回転させる。 3. フォーカスカム環のレバーをフォーカス作動環の溝に挿入させながら,フォーカス作動環を取り付ける。 絞り操作レバー グリス (G-116)を塗布 フォーカス作動環 溝 グリス (G-118)を塗布 フォーカスカム環のレバー SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 102 HELP02-05 ボンド(B-110):J-6082-617-A 1. 図のように後部保持環にボンド(B-110)を塗布する。 2. シナバーリングを取り付ける。 シナバーリング B-110 20mm 後部保持環 20mm 後部保持環 20mm ボンド(B-10)で後部保持環とシナバーリングが接着されている場合は,下図のようにボンド(B-110)を6箇所,塗布してくだ さい。 ボンド(B-110) と 後部保持環 シナバーリングの接合部 を塗布 を覆うように塗布する。 ボンド(B-110) を塗布 シナバーリング シナバーリング 後部保持環 後部保持環 ボンド(B-110) を塗布 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 103 EXPLODED VIEW フォーカスカム環 HELP03-01 HELP03-02 B-40 B-40 3群案内 (From Page 第2ローラー 3群案内 2-7.) 第2ローラー 2-2-2. セットを ひっくり返った ひっくり返す。 セット。 3群案内 B-40 第2ローラー HELP03-02 3-4群移動枠ブロック HELP03-02 3群案内 第1ローラー 3群案内  第1ローラー (See Page 2-10.) 3群案内 第1ローラー SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 104 固定筒の足 (穴2個) 1群カム環、 ズームカム環、 (See Page 固定筒、 2-11.) 2群移動枠 1群案内ローラー 1群案内軸 (See Page 2-11.) Note (Assembling) 図のようにズームカム環と 固定筒の位置を合わせてから 1群案内軸を取り付けてください。 ズームカム環 固定筒 1群案内環、 鏡頭環 R 組立 指標 Note (Assembling) 図のような向きで 1群案内軸を取り 固定筒の足(穴2個)と鏡頭環R組立の 付けてください。 指標の位置を合わせてください。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-10...
  • Page 105 (G-116) 1群カム環 1群駆動ローラー HELP03-03 B-40 B-40 (See Page (From Page 2-12.) 2-10.) (G-116) HELP03-03 (G-115) 1群案内環 Note (Assembling) 1群案内環 溝3箇所と突起3箇所を かみ合わせてください。 溝 (From Page 2-10.) 突起 鏡頭環 R 組立 摩擦布A SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-11...
  • Page 106 2群保持軸 B-40 2群案内ローラー (See Page 2-13.) 2群案内 ローラー (From Page スプリング 2-11.) 400 H2 B-40 2群案内軸 2群移動枠 B-40 HELP03-04 2群移動枠 HELP03-04 (G-116) フォーカス案内ピン 2群移動枠 (G-116) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-12...
  • Page 107 押さえ レンズ専用治具 J-6082-609-A ズームトルク スプリング ワッシャ 10mm 10mm 断面図 ズームトルク スプリング (From Page 2-12.) 10mm 断面図 B-10 レンズ専用治具 内径ねじ溝 チップA J-6082-609-1 外側 内側 HELP03-05 ズームカム環 (G-116) (G-116) カム環補助シート 固定筒 (G-116) (G-116) (G-116) (G-116) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-13...
  • Page 108 HELP 取り付け時の注意や,グリス塗布方法などを記載しています。 HELP03-01 グリス(G-116): J-6082-628-A 1. フォーカスカム環の指示部にグリス(G-116)を塗布する。 2. フォーカスカム環のレバーを3-4群移動枠ブロックのガイドのスペース(4群カムのガイドおよび絞り操作レバーが無いス ペース)に挿入させながら,フォーカスカム環を取り付ける。 フォーカスカム環 グリス (G-116)を塗布 4群カムのガイド 3-4群移動枠ブロック のガイド レバー 指標 グリス (G-116)を塗布 絞り操作レバー 内筒ブロック 3. フォーカスカム環を回転させながら押し込み,フォーカスカム環の溝にフォーカス案内ピンをかみ合わせる。 フォーカスカム環 フォーカスカム環 溝 フォーカス案内ピン フォーカス案内ピン 2群移動枠 2群移動枠 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 109 溝 A 固定筒 ブロック ズームカム環 突起 B (図.a) 溝 A 3. 3-4群移動枠ブロックのねじ穴がズームカム環の溝から見える位置を保ちながら3群案内第1ローラーを取り付ける。 それから,1群カム環を図のようにスライドさせる。 3-4 群移動枠ブロック ねじ穴 3群案内第1ローラー ズームカム環 1群カム環 1群カム環 4. 全体を縮め,3群案内第2ローラーを挿入する。 5. ねじ先端部に2山程度のボンド(B-40)を塗布し,ねじを締め付ける。 ボンド(B-40)を塗布 ボンド(B-40)を塗布 3群案内第2 ローラー 3群案内第1 ローラー 3群案内第1ローラー 1群案内環のねじ穴 ボンド(B-40)を塗布 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 110 グリス(G-116)を塗布 切り欠き ズームカム環 1群カム環 のストッパー 固定筒の足 (穴2個) (図.a) グリス(G-116)を塗布 切り欠き ねじ穴 A ねじ穴 A 1群カム環 固定筒の足 (穴2個) ズームカム環 のストッパー 固定筒組立 固定筒組立 (図.b) ズームカム環 固定筒の足 のストッパー (穴2個) 4. 1群駆動ローラーを取り付ける。 5. ねじ先端部に2山程度のボンド(B-40)を塗布し,ねじを締め付ける。 1群駆動ローラー ボンド(B-40)を塗布 ボンド(B-40)を塗布 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 111 固定筒の足 (穴2個) ズームカム環 (図.a) 切り欠き ズームカム環 けがき線 のストッパー 固定筒の足 (穴2個) けがき線 2群移動枠 2群移動枠 切り欠き (図.b) 3. 2群移動枠に2群保持軸を取り付け,2群案内ローラー,2群案内ローラースプリング400 H2および2群案内軸を取り付け る。 4. ねじ先端部に2山程度のボンド(B-40)を塗布し,ねじを締め付ける。 2群保持軸 2群保持軸 2群案内ローラー 2群案内 2群移動枠 ローラースプリング 400 H2 ボンド(B-40)を塗布 ボンド(B-40)を塗布 2群案内軸 2群移動枠 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 112 HELP03-05 グリス(G-116): J-6082-628-A 1. カム環補助シートをズームカム環に貼り付ける。 2. ズームカム環の指示箇所(7箇所)にグリス(G-116)を塗布する。 ズームカム環 グリス(G-116)を塗布 グリス(G-116)を塗布 カム環補助シート 3. 固定筒の指示箇所(14箇所)にグリス(G-116)を塗布する。 4. ズームカム環の切り欠きと固定筒の足(穴2個)の位置を合わせて組み合わせる。 5. ズームカム環を回転させて,ズームカム環の突起が固定筒の溝にかみ合っていることを確認する。 切り欠き ズームカム環 突起 グリス(G-116)を塗布 グリス(G-116)を塗布 固定筒 溝 固定筒の足 グリス(G-116)を塗布 (穴2個) グリス(G-116)を塗布 ズームカム環 固定筒 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 113 保持板 (B-110) HELP04-02 (From Page 2-7.) 2-2-2. B-110 (B-110) セットを ひっくり返す。 (B-110) HELP04-04 挟み込みクラッチトルク調整 フォーカスリング補強板 挟み込みクラッチブロック レンズ専用治具 J-6082-609-A 切り欠き (See Page 2-15.) 突起 レンズ専用治具 チップB J-6082-609-2 A部 A部を回転させて着脱 を行ってください。 10mm B-10 A部 10mm SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-14...
  • Page 114 HELP04-06 距離目盛板 HELP04-05 距離目盛板 距離環、 位置調整 距離目盛板 像点移動量 ポリエステルテープ (焦点距離)調整 (黒)10mm (7X25mm) フォーカスストッパー (From Page 2-14.) 距離環 (G-116) セットを ひっくり返す。 HELP04-07 CL-002 ブロック (G-118) (G-118) ギア台板 ギアA 固定保持環 R 組立 ギア軸 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 2-15...
  • Page 115 グリス(G-116): J-6082-628-A グリス(G-118): J-6082-680-A 1. マウント防滴Oリングをグリス(G-116)に浸す。 2. マウント防滴Oリング取り付け後,グリス(G-118)を塗布する。 マウント防滴Oリング マウント防滴Oリングを グリス(G-116)に浸す。 固定保持環のリブ 中心 マウント防滴Oリングの 頂点を少し越える範囲 マウント防滴Oリング グリス(G-118)を塗布 HELP04-02 ボンド(B-110): J-6082-617-A 1. 保持板を挿入し,矢印方向に押し込む。 2. 保持板と外装カバーブロックの間にボンド(B-110)を塗布する。 保持板 ボンド(B-110)を塗布 マウンント防滴Oリング 取付け溝へ、はみ出さな いこと 外装カバーブロックの 縁にはみ出さないこと 保持板 外装カバーブロック 保持板 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 116 HELP04-03 ボンド(B-110): J-6082-617-A 1. 指示部にボンド(B-110)を塗布する。 2. 固定保持環R組立の切り欠きと外装カバーブロックの突起を合わせながら,外装カバーブロックを取り付ける。 外装カバーブロック 突起 突起 切り欠き 突起 ボンド(B-110)を 塗布 突起 切り欠き 外装カバーブロック 固定保持環R組立 ボンド(B-110)を 塗布 ボンド(B-110)を 塗布 3. 外装カバーブロックを時計方向へ突き当たるまで回転させる。 外装カバーブロック HELP04-04 1. フォーカスリング補強板の接着面が距離操作環固定ピンと重ならないようにフォーカスリング補強板を貼り付けてくだ さい。 距離操作環固定ピン 接着面 フォーカスリング補強板 フォーカスリング補強板 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 117 距離環 溝 フォーカス 固定保持環 ストッパー 突起 突起 ねじ穴 固定保持環 距離環 突起 ねじ穴 2. 固定保持環の長穴とフォーカスストッパーのねじ穴を合わせ,ねじ2本を締め付ける。 3. 距離環を矢印方向に回転させ,近端にセットする。 注意: 距離目盛板が図のようになるようセットしてください。 4. フォーカスストッパーを左側に寄せながらねじを仮締めする。 注意: ねじを当たりまで締めてから,1/4回転戻す。 注意: 像点移動量調整を参照し,ねじを本締めする。 フォーカスストッパーのねじ穴 フォーカス ストッパー 固定保持環 の長穴 距離目盛板 近端にセットする フォーカス ストッパー SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 118 HELP04-06 グリス(G-116):J-6082-628-A 1. 距離環の指示部にグリス(G-116)を塗布する。 2. 距離環に距離目盛板を巻きつけ,ポリエステルテープ(黒)10mm(7×25mm)で固定する。 注意: 距離目盛板のA部が横方向にスライド出来るように取り付けてください。 注意: 距離目盛板が距離環の溝からはみ出さないように取り付けてください。 距離目盛板 A部 穴 B グリス(G-116)を塗布 距離環 穴 B A部 ポリエステルテープ (黒)10mm (7X25mm) 距離環の溝 距離目盛板 距離目盛板 ポリエステルテープ (黒)10mm (7X25mm) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 119 CL-002ブロック 6. CL-002 ブロックを巻きつけ、角Cおよび角Dに合わせて貼り付ける。(図.g/h) 7. CL-002 ブロックのE部の剥離紙を剥がし、固定保持環の形状に合わせてCL-002 ブロックを貼り付ける。(図.i/j) 注意: F部に浮きが無いよう貼り付けてください。(図.j) CL-002ブロック E部 F部 CL-002ブロック 角D 角C 図.g 図.h 図.i 図.j 8. 固定保持環の端面に合わせて貼り付ける。(図.k) 注意: 矢印上方にはみ出さないでください。 9. CL-002 ブロックを軽く引っ張りながらフレキに折り癖をつける。(図.l) 10.CL-002 ブロックのG部に軽く折り癖をつける。(図.m) G部 図.k 図.l 図.m SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) HELP...
  • Page 120 (Note 3) J-6082-606-A (Note 2) フランジバック Aマウント 絞り開放冶具 ゲージ(43.50mm) アタッチメント J-6082-640-A J-6082-608-A J-6082-607-A J-10 J-11 J-12 完成検査治具 収差測定 レンズ専用治具 J-6082-645-A キャップ62mm J-6082-609-A (Note 4) (SAL16105) J-6082-679-A J-13 J-14 レンズ専用治具 レンズ専用治具 チップB: チップA: J-6082-609-2 J-6082-609-1 Fig.4-1-1 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 121 40 MB 以上 ハードディスク空き容量: 15 MB 以上 USB 端子: 標準装備 モニタ: 32,000 色以上表示可能な VGA 以上のモニタ Note 2: 1000 mm コリメータのチャートは,Fig.4-1-2 のように取り付けてください。 マークを合わせる チャート 1000 mmコリメータ Fig.4-1-2 Note 3: レンズ投影器は,スライダック(出力電圧: AC100 V)を接続して使用してください。 Note 4: 完成検査治具は,AC100 V 専用です。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 122 位置の確認/調整 4-11項 4-9項 4-10項 絞り径の確認 絞り径の調整 4-2項 光軸の確認 光軸の調整 4-3項 投影解像力の確認 片ボケの調整 4-4項 像点移動量 像点移動量 (焦点距離)確認 (焦点距離)調整 4-5項 フランジバック(f'F) 調整 調整部品: ・バックワッシャ フランジバック(f'F)確認 ・カプラー調整ワッシャ 4-6項 ・プリセットリング ・2群補正ワッシャ 像点移動量 (絞り(球面収差量)確認 4-7項 完成検査 (Actuator Checker2) 4-12項 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 123 注意 2: PC カードセットアップファイル(InstaCal.zip)は ESI homepage より入手してください。 注意 3: レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2 VerX.X.X.X.zip)は ESI homepage より入手してください。 1. PC カードセットアップファイル(InstaCal.zip)のダウンロード 1) C ドライブの直下にフォルダ「MCC」を作成する。 Fig.4-1-3 2) ESI homepage のサービス治具&ソフトよりファイルをダウンロードし, 「C:¥MCC」にファイルを保存する。 3) ダウンロードしたファイル, 「InstaCal.zip」をダブルクリックして解凍する。 [Browse...] 4) 解凍先フォルダを指定する画面が表示される。 をクリックする。 Fig.4-1-4 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 124 5) ファイルの解凍先フォルダを「C:¥MCC」に指定する。 Fig.4-1-5 [Unzip] 6) 解凍先フォルダを指定する画面に戻るので, をクリックする。 Fig.4-1-6 [OK] 7) 下記の画面が表示されたら をクリックする。 Fig.4-1-7 [Close] 8) 解凍先フォルダを指定する画面に戻り, をクリックして閉じる。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 125 2. PC カードのセットアップ 1)「C:¥MCC」フォルダ内の「InstaCal.msi」をダブルクリックし,インストールを開始する。 Fig.4-1-8 [Next>] 2) インストールの開始画面が表示される。 をクリックする。 Fig.4-1-9 [Next>] 3) インストール先フォルダを指定する。デフォルトのまま をクリックする。 Fig.4-1-10 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 126 [Install] 4) インストール準備完了の画面が表示される。 をクリックする。 Fig.4-1-11 [Finish] 5) インストールが完了する。 をクリックする。 注意: [Finish] 「readme」ファイルを参照したい場合,ここで「Show the readme file」にチェックを入れて をクリック してください。 Fig.4-1-12 6) インストールした構成を有効にするため,再起動の指示ウインドウが表示される。 [Yes] をクリックしてコンピュータを再起動する。 注意: 再起動せずにデバイスを接続しても正常に動作しない可能性があります。 Fig.4-1-13 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 127 7) コンピュータの再起動後, 「PC-CARD-DIO48」を PC カードスロットに挿入する。 8) ソフトウェアのインストール画面になる。 「ソフトウェアを自動的にインストールする(推奨) (I) 」をクリックする。 Fig.4-1-14 9) ソフトウェアが検出されるとインストールが開始される。 下記の画面が表示されたら 完了 をクリックしてインストール を終了する。 Fig.4-1-15 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 128 3. PC カードの設定確認 1) スタートメニューより, 「すべてのプログラム(P)」-「MeasurementComputing」-「InstaCal」を選択し,ソフトを起動す る。 注意: 下記の画面は Windows の設定により異なる場合があります。 Fig.4-1-16 2) 正常に「PC-CARD-DIO48」を検出すると下記の画面が表示される。 「PC-CARD-DIO48」にチェックが入っている事を確認し, [OK] をクリックする。 注意: スロット No. は挿入したスロットにより異なります。 Fig.4-1-17 3)「PC-CARD-DIO48」が「Board#0」として認識されている事を確認する。 注意: ここで「Board#0」として認識されていない場合,プログラムが正常に動作しません。 Fig.4-1-18 4)「File」-「Exit」をクリックし, 「InstaCal」を終了する。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)
  • Page 129 4. レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2.exe)の起動 1) ESI homepage のサービス治具&ソフトよりファイル「ActuatorChecker2 VerX.X.X.X.zip」をダウンロードし保存,解凍 する。 2)「ActuatorChecker2.exe」を任意のフォルダより起動する。 3)「PC-CARD-DIO48」が正しくインストールされている場合,下記の画面が表示される。 注意: 「ActuatorCheker2」のバージョンは更新されることがあります。 Fig.4-1-19 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-10...
  • Page 130 4-1-4. 完成検査治具の接続およびレンズ調整プログラム(ActuatorChecker2)の起動 注意: この手順を実施する前に 「4-1-3. レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2)の導入」 が完了している事を確認してく ださい。 使用機器 ・パーソナルコンピュータ ・完成検査治具(AC100 V 専用) ・レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2) 1. 使用機器および被検査レンズを Fig.4-1-20 のように接続する。 完成検査治具 レンズ Fig.4-1-20 2. 完成検査治具の電源を入れる。 3. パーソナルコンピュータの電源を入れる。 4. 「ActuatorChecker2.exe」を任意の場所より起動し,プログラムが正常起動する事を確認する。 注意: 使用後は必ず完成検査治具の電源を落としてください。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-11...
  • Page 131 4-1-5. レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2)の初期設定 1. ActuatorChecker2 を起動する。 [SETUP] 2. 画面が日本語で表示された場合は 設定 ボタンを,画面が英語で表示された場合は をクリックする。 注意: 起動時の画面は初回起動時,または前回の起動時の設定により異なります。 Fig.4-1-21 Fig.4-1-22 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-12...
  • Page 132 3. SETUP ウインドウが表示されるので,以下の内容に設定する。 ・MODEL 今回調整を行う機種 ・Language Japanese ・State Final ・Process Service [OK] 4. 全ての項目が設定された事を確認し, をクリックする。 Fig.4-1-23 4-1-6. レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2)の検査手順について 検査の方法は,該当機種の検査をすべて連続して行う方法と,各項目の検査を 1 つずつ実施する方法があります。 [START] 該当機種の検査をすべて連続して行う場合は,起動画面から をクリックします。 本書では各項目の検査を連続して実施する手順を記載しています。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-13...
  • Page 133 Fig.4-2-1 3) 以下の条件で撮影を行い,撮影画像を保存する。 注意: 輝度面の中心を,AE マスターレンズと被検レンズでそれぞれ 3 回ずつ撮影してください。 輝度箱の設定: 輝度: EV12 レンズの設定: ズーム: Wide 端(焦点距離: 16mm) フォーカス: ∞(無限)端 カメラの設定: ISO: 撮影モード: M モード シャッタスピード: 1/125 絞り値: F5.6 フォーカスモード: 測光モード: 中央重点平均測光 プリセットホワイトバランス: 白熱灯 D-R: SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-14...
  • Page 134 注意: 撮影画像の確認は,AE マスターレンズで撮影した画像と被検レンズで撮影した画像の両方に対して行ってくださ い。 1) Color Calculator 2 を立ち上げる。 Fig.4-2-2 2) ファイルメニューから,撮影画像を読み込む。 ⇒ Fig.4-2-3 3) Color Calculator 2 を以下のように設定する。 測定値表示(表示メニュー): RGB+L*a*b* 測定方法(表示メニュー): Center Single Area Fig.4-2-4 色空間(設定メニュー): sRGB Fig.4-2-5 測定エリアサイズ(設定メニュー→オプション): 256×256 Pixels Fig.4-2-6 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-15...
  • Page 135 マスターレンズで撮影した画像 3 点の“G”の平均値: (a)とする 被検レンズで撮影した画像 3 点の“G”の平均値: (b)とする Calculate ボタン “G”の値を確認する Fig.4-2-7 3. 確認方法 1) 下記の計算式で絞り誤差を算出し,絞り誤差が規格値を満足していることを確認する。 絞り誤差 = 被検レンズの“G”の平均値(b) - マスターレンズの“G”の平均値(a) 規格値 絞り誤差 = -25 ∼ 0(Wide 端: 16mm) 2) 絞り誤差が規格値を満足していない場合は, 「4-2-2. 絞り径調整」を行う。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-16...
  • Page 136 4-2-2. 絞り径調整 本製品は,開放 F 値の時に絞り羽根が僅かながら光路に残り,絞り径がズーム操作により変化するので,下記の要領で調整し てください。 使用機器 ・ボンド(B-10) ・絞り開放治具 ・レンズ専用治具 ・レンズ専用治具チップ A ・レンズ専用治具チップ B 1. 準備 1) レンズ本体から Fig4-2-8 に示す部品を取り外す。 2) ズームを 16mm にセットする。 3) 絞り開放治具を取り付け,絞りを開放にする。 1群押さえ環 G1+G2 1群玉枠ブロック 1群カム環飾り板 2群飾り板 2群レンズブロック 2群補正ワッシャ Fig.4-2-8 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-17...
  • Page 137 Ver.1.2からの変更部分は 青色で記載されています。 2. 調整方法 1) レンズ前面から絞りブロックを回転させ , 絞り羽根の内接円径を “約φ 12.15mm” に調整する。 (Fig4-2-9) 2) 絞り開放治具をいったん取り外した後に再度取り付け , 絞り羽根の内接円径を確認する。 3) 再度絞り誤差を確認し,規格値を満足するまで確認・調整を繰り返す。 4) 調整完了後,指示部 3 箇所にボンド(B-10)を塗布する。 (Fig4-2-9) 絞り押さえ環スプリング 絞り羽根 φ12.15mm 絞り内接円径の確認方法の例: 紙などを幅12.15mmにカットする。 この紙を絞り内接円径に接して確認する。 注意:絞り羽根に触れないように注意してください。 絞りブロック ボンド(B-10)塗布 Fig.4-2-9 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-18...
  • Page 138 (最小目盛り: 0.01mm) Aマウントアタッチメント 対物レンズ(10x) 視度調節リング 接眼レンズ(7x) 目盛りリング Fig.4-3-1 2) フランジバック測定器の視度調節リングを回し, 接眼レンズ内の十字線または目盛りがはっきりと見えるように調節する。 3) フランジバックゲージ(43.50mm)をフランジバック A マウントアタッチメントに密着させ,保持する。 4) フランジバック測定器のノブを回転させて,フランジバックゲージ(43.50mm)の細かい線にピントを合わせる。 注意: 必ず Fig.4-3-2 の矢印方向にピント合わせを行ってください。 ピント合わせ方向 ノブ 中心付近の細かい線にピントを合わせる Fig.4-3-2 5) ダイヤルゲージの目盛りリングを回して,ダイヤルゲージの指針を“0”に合わせる。 注意: この位置がフランジバック値(f'F) = 43.50 mm となります。 短針の位置を記憶しておいてください。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-19...
  • Page 139 CB(センターブレ): ベストピント時,リングチャートの一方向に色(フレアー)が尾を引いて見える現象。 AS(アス) : ベストピント時,リングチャートの色が十字方向に分かれて見える現象。 Fig.4-3-5 規格値 WIDE TELE 0.04mm 以下 0.13mm 以下 0.02mm 以下 0.06mm 以下 Table 4-3-1 5) 被検レンズの CB および AS が規格値を満たしていない場合,以下の作業を行う。 (1) 4 群レンズブロックを回転し,不良部分を画枠外にする。 (2) 手順(1)で調整できない場合,4 群レンズブロックを交換する。 (3) 手順(2)を行っても規格外の場合,2 群レンズブロックを交換する。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-20...
  • Page 140 ト f=18∼35 mm f=100∼200 mm フ フ 固定テコ ィ ィ チ チ ラ ラ ャ ャ メ メ 蓋     ン ン ト ト ト ト f=35∼100 mm f=200∼300 mm レンズ投影器 Fig.4-4-1 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-21...
  • Page 141 2) 被検レンズをレンズ投影器に取り付け,使用機器を Fig.4-4-2 のように設定する。 3) レンズ投影器のファンスイッチを ON にした後で,ランプスイッチを ON にする。 スクリーン Aマウントアタッチメント 被検レンズ ファンスイッチ チャート 平面ミラー ランプスイッチ レンズ投影器 投影距離 Fig.4-4-2 4) 被検レンズのフォーカスリングを回して,スクリーン上の中心投影像(y'= 0)がはっきりと見えるようにピントを合わせ る。 5) スクリーン上の中心投影像(y'= 0)に平面ミラーを重ね合わせ,反射光が被検レンズの中心を照らすようにレンズ投影器 の位置を調節する。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-22...
  • Page 142 1.07 125 本以上 40 本以上 32 本以上 32 本以上 20 本以上 125 本以上 40 本以上 32 本以上 32 本以上 25 本以上 125 本以上 40 本以上 32 本以上 32 本以上 25 本以上 Table 4-4-2 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-23...
  • Page 143 4-4-2. 投影解像力調整 注意: ・投影解像力を確認し,規格値を満足していない場合には,投影解像度(片ボケ)調整を行い,規格値を満足すること。 投影解像力(片ボケ)調整 投影解像力を確認し,周辺の各ポイントの片ボケを確認する。 1) レンズの焦点距離を 105mm にセットし,中心“y'=0”が最高解像力になるようにピントを合わせる。 2) 周辺“y'=12”の各ポイントにおいて投影解像力を確認する。 規格を満足しない場合,以下の手順を行う。 (1) 4 群レンズブロックを回転させて,不良部分を画枠外に調整する。 (2) 手順(1)で調整ができない場合,4 群レンズブロックを交換する。 (3) 手順(2)で改善されない場合,2 群レンズブロックを交換する。 注意: 3-4 群間隔調整ワッシャの厚みは変更しないでください。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-24...
  • Page 144 4-5. 像点移動量(焦点距離)の確認/調整 この項では,ズーミングで焦点距離を変化させた時に起こるピント位置の変化量の確認/調整方法を記載しています。 使用機器 ・ 1000mm コリメータ ・ フランジバック測定器 ・ Aマウントアタッチメント ・ フランジバックゲージ(43.50 mm) ・ ボンド (B-10) 1. 準備 1) レンズ本体から Fig4-5-1 に示す部品を取り外す。 2) 「4-3. 光軸の確認/調整」の「1. 準備」を実行する。 ズームゴムリング ズームリング補強板 Fig.4-5-1 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-25...
  • Page 145 4) フランジバック測定器のノブを回してピントを合わせ,ダイヤルを“+0.15”に設定する。 5) ズームを TELE 端に合わせ,フォーカス操作環を回しピントを合わせる。 6) 手順 3)∼ 5)を繰り返し,WIDE 端に対し TELE 端のフランジバック値が“+0.15mm”になるよう調整する。 またこのとき,WIDE 端に対し“f=70”のフランジバック値は“+0.03mm”以上であることを確認する。 7) TELE端状態でフォーカス操作環を保持しながら, フォーカスストッパーの固定ねじを矢印の方向へ動かし, 軽く当たった 位置でねじ 2 本を締め付ける。 注意: ねじを締め付けるときは,ねじが動かないようにしてください。 8) TELE 端状態でフォーカス操作環を軽く無限端に当て,ピントが変化していないことを確認する。 9) フォーカスストッパーの固定ねじを本締めし,図のようにボンド(B-10)を塗布する。 フォーカスストッパーの 固定ねじ フォーカスストッパー ボンド(B-10)塗布 Fig.4-5-2 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-26...
  • Page 146 「4-3. 光軸の確認/調整」の「1. 準備」を行う。 2. 確認方法 1) 被検レンズのフランジバック値(f'F)を読み取り,Table 4-6-1 の規格値を満足していることを確認する。 被検レンズのフランジバック値(f'F)=(フランジバックゲージの値)+(短針回転数)+(長針目盛り) 規格値 f (mm) f’F (mm) 44.54 ∼ 44.70 44.54 ∼ 44.85 44.54 ∼ 44.90 Table 4-6-1 2) 被検レンズのフランジバック値(f'F)が Table 4-6-1 の規格値を満足していない場合は, 「4-6-2. フランジバック(f'F)の 調整」を行う。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-27...
  • Page 147 バツクワツシヤE 0.50 Table 4-6-2 6) バックワッシャと同じ厚さのカプラー調整ワッシャを選び,カプラー調整ワッシャを交換する。 カプラー調整ワッシャ 部品コード 部品名 厚さ t(mm) 2-684-057-01 カプラ- 調整ワツシヤA 0.05 3-218-899-01 カプラ- 調整ワツシヤB 0.07 2-684-059-01 カプラ- 調整ワツシヤC 0.10 2-684-060-01 カプラ- 調整ワツシヤD 0.20 2-684-061-01 カプラ- 調整ワツシヤE 0.50 Table 4-6-3 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-28...
  • Page 148 7) シフト量(X)にあわせて , プリセットリングを選択する。 部品コード 部品名 シフト量(X) 特徴 3-275-412-01 プリセットリング S 0 ∼ 0.3mm 未満 先端の溝が浅い 3-210-265-01 プリセットリング 0.3 ∼ 0.9mm 未満 先端の溝が無い 3-275-411-01 プリセットリング L 0.9mm 以上 先端の溝が深い Table 4-6-4 プリセットリングS プリセットリングL プリセットリング Fig.4-6-2 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-29...
  • Page 149 2 群レンズブロックを交換して,焦点距離 24 ∼ 90mm(MIDDLE 域)でフランジバック値が規格を満足しない場合は,以下の調整 を行ってください。 フランジバック値が(+)の場合: 2 群補正ワッシャを増やす フランジバック値が(-)の場合: 2 群補正ワッシャを減らす 2 群補正ワッシャ 部品コード 厚み t(mm) 3-292-495-01 0.05 注意: 修理時に使用できる 2 群補正ワッシャは,厚み 0.05mm のみとなります。 2 群レンズブロックを交換した場合以外は,出荷状態から厚みを変更しないでください。 1群カム環飾り板 2群飾り板 2群レンズブロック 2群補正ワッシャ Fig.4-6-3 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-30...
  • Page 150 3) 焦点距離を 105mm に設定する。 2. 確認方法 1) 開放絞り(収差測定キャップ未装着)のフランジバック値(f'F)を測定する。 2) Fig.4-7-1 のようにレンズ前面に収差測定キャップ(F8 相当)を取り付け,フランジバック値(f'F)を測定する。 収差測定キャップ62mm (SAL16105) Fig.4-7-1 3) 下記の計算式で像点移動量を算出し,規格を満足していることを確認する。 注意: 開放絞りおよび収差測定キャップ 62mm 使用時のフランジバック値(f'F)の差が像点移動量となります。 像点移動量 = 収差測定キャップ 62mm 使用時のフランジバック値(f'F)−開放絞りのフランジバック値(f'F) 規格 像点移動量(mm) = -0.05 ∼+0.10 4) 「dSB 書き込み」を行う。 (4-12 項参照) SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-31...
  • Page 151 1) レンズ本体から Fig4-8-1 に示す部品を取り外す。 指標 ∞マーク ピンセットで調整する アースブラシ ∞マーク ポリエステルテープ(黒) 10mm(7X13mm) ズームゴムリング この範囲に指標を入れる Fig.4-8-1 2. 調整方法 1) ズームを TELE 端,フォーカスを∞端に設定する。 2) ∞マークと指標の位置が合うように,距離目盛板をピンセットで左右に動かし位置を調整する。 注意: フォーカス操作環が一緒に回らないようにしてください。 3) フォーカスリングを∞端から近端まで回し, 再度∞端まで戻したとき, 距離目盛窓の指標が∞マークの中心付近に来てい ることを確認する。 4) 距離目盛板の指示部にボンド(B-10)を塗布する。 ボンド(B-10)塗布 Fig.4-8-2 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-32...
  • Page 152 使用機器 ボンド(ロックタイト 460)または相当品 調整方法 1. フォーカスゴムリングを取り外す。 2. フォーカスリング補強板をはがす。 3. 挟みレバー固定ピンを 2 本とも外す。 4. 距離操作環を回転させ,トルクリング A の挟みレバー固定穴をずらす。 レンズを上に向け,距離操作環を時計方向にずらした場合,トルクが弱くなる。 レンズを上に向け,距離操作環を反時計方向にずらした場合,トルクが強くなる。 5. 挟みレバー固定ピンの先端にボンド(ロックタイト 460)を塗布し,締め付ける。 フォーカスゴムリング フォーカスリング補強板 挟みレバー固定ピン トルクが弱くなる トルクが強くなる ボンド(ロックタイト 460)塗布 ボンド(ロックタイト 460)塗布 挟みレバー固定ピン 挟みレバー固定穴 Fig.4-9-1 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-33...
  • Page 153 4-10. フォーカスブラシ位置の確認/調整 使用機器 ・パーソナルコンピュータ ・完成検査治具(AC100 V 専用) ・レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2) ・ボンド(B-10) 1. 準備 1) マウント側の部品を後部保持環ブロックまで取り外し,レンズマウントブロックおよび後遮光筒を取り付ける。 ズームゴムリング シナバーリング, 後部保持環ブロック 後遮光筒 レンズマウントブロック Fig.4-10-1 2) 使用機器と被検レンズを接続する(4-1-4 項参照)。 3) レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2)を起動する。 設定 をクリックし,初期設定を行う(4-1-5 項参照)。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-34...
  • Page 154 2. 確認方法 1) フォーカスを近端,ズームを WIDE 端に設定する。 2) Fig.4-10-2に示すポリエステルテープをはがし, ピンセットなどでメインフレキユニットを少し開き, フォーカスブラシ を固定しているねじ 2 本を緩める。 フォーカスブラシ メインフレキユニット ねじ フォーカスを近端にする Fig.4-10-2 3) フォーカス調整端探査 をクリックする。 Fig.4-10-3 4) フォーカスブラシがフォーカス調整端 (近端または∞端) にある場合ポップアップウインドウに下記の画面が表示される ので,この位置でフォーカスブラシをねじ 2 本で締め付ける。 Fig.4-10-4 Fig.4-10-5 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-35...
  • Page 155 5) 図のようにねじと突起の頭部にボンド(B-10)を塗布する。 フォーカスブラシ 突起 ボンド(B-10)塗布 ねじ Fig.4-10-6 6) 再度フォーカスを近端および∞端にセットし,フォーカス調整端がずれていないことを確認する。 3. フォーカス調整端探査にてエラー表示が出た場合 1) ポップアップウインドウに下記の表示が出た場合は,ENTER キー押して初期画面に戻る。 2) フォーカスブラシの位置を左右に動かして,再度「2. 確認方法」を行い,フォーカス調整端の位置を確認する。 Fig.4-10-7 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-36...
  • Page 156 4-11. ズームブラシ位置の確認/調整 使用機器 ・パーソナルコンピュータ ・完成探査治具(AC100 V 専用) ・レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2) 1. 準備 1) レンズ本体から Fig.4-11-1 に示す部品を取り外す。 ズームブラシ アースブラシ ポリエステルテープ(黒) 10mm(7X13mm) ズームゴムリング Fig.4-11-1 2) 使用機器と被検レンズを接続する(4-1-4 項参照)。 3) レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2)を起動する。 4) 設定 をクリックし,初期設定を行う(4-1-5 項参照)。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-37...
  • Page 157 2. 確認方法 1) ズームを "TELE 端 " に設定する。 2) ポリエステルテープを剥がす。 R部 ズームブラシ フレキパターン ポリエステルテープ(黒) 10mm(7X13mm) ズームブラシ ポリエステルテープ(黒) 10mm(7X13mm) ズームブラシ Fig.4-11-2 3) ズーム調整端探査 をクリックする。 Fig.4-11-3 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-38...
  • Page 158 4) ズームブラシがズーム調整端にある場合ポップアップウインドウに下記の画面が表示されるので, この位置でズームブラ シをポリエステルテープで固定する。 Fig.4-11-4 5) 再度ズームを TELE 端および WIDE 端にセットし,ズーム調整端がずれていないことを確認する。 3. ズーム調整端探査にてエラー表示が出た場合 1) ズームブラシがズーム調整端にない場合ポップアップウインドウに下記の画面が表示されるので,ズームブラシの R 部が フレキパターンの切り欠きにくるように左右に位置を調整し、ズーム調整端を見つける。 2) 再度「2. 確認方法」を行う。 Fig.4-11-5 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-39...
  • Page 159 1. 準備 1) 使用機器と被検レンズを接続する(4-1-4 項参照)。 2) レンズ調整プログラム(ActuatorChecker2)を起動する。 設定 をクリックし,初期設定を行う(4-1-5 項参照)。 2. 確認方法 [START[Ent]] 1) をクリックする。 Fig.4-12-1 2) Serial ウインドウが表示されるので,レンズのシリアルを入力する。 注意: [OK] シリアルナンバーの入力をせずに をクリックすると,各項目の完了画面に日付が表示されます。 Fig.4-12-2 3) ポップアップウインドウに「ズームを WIDE 端に回し[Enter]を押してください」と表示されるので,ズームを Wide 端に回 して Enter キーを押す。 Fig.4-12-3 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-40...
  • Page 160 5) ポップアップウインドウに「ズームを WIDE 端へ 5 秒程度で回してください」と表示されるので,ズームを Wide 端に 5 秒 程度で回す。 Fig.4-12-5 6) ポップアップウインドウに「ズームを TELE 端へ 5 秒程度で戻してください」と表示されるので,ズームを Tele 端に 5 秒 程度で戻す。 Fig.4-12-6 7) ポップアップウインドウに 「フォーカスを近端に回して[Enter]を押してください」 と表示されるので, フォーカスを近端 に回して Enter キーを押す。 Fig.4-12-7 8) ポップアップウインドウに 「フォーカスを∞端に回して[Enter]を押してください」 と表示されるので, フォーカスを∞端 に回して Enter キーを押す。 Fig.4-12-8 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-41...
  • Page 161 9) ポップアップウインドウに「フォーカスを近端へ 5 秒程度で回してください」と表示されるので,フォーカスを近端に回 す。 Fig.4-12-9 10) ポップアップウインドウに「フォーカスを∞端へ 5 秒程度で戻してください」と表示されるので,フォーカスを∞端に戻 す。 Fig.4-12-10 11) ROM データ検査が正常な場合はポップアップウィンドウに「 SB を選択して, [ENTER]を押してください」と表示されるの で, “4-7. 像点移動量(絞り(球面収差量))の確認/調査」で算出した像点移動量を選択して SB 書き込みを行う。 Fig.4-12-11 Fig.4-12-12 12) 検査が正常な場合は OK 表示が表示されるので,Enter キーを押して初期画面に戻る。 Fig.4-12-13 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-42...
  • Page 162 3. アース導通検査 1) ズームゴムリングを取り外す。 2) レンズマウントブロックとアースブラシ間の導通を確認する。 Note: WIDE 端から TELE 端まで全体で導通していることを確認してください。 ズームゴムリング レンズマウントブロック 導通を確認 アースブラシ Fig.4-12-14 3) 導通がない場合,アースブラシとレンズマウントブロックに異常がないか確認する。 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-43...
  • Page 163 4. エラー表示が出た場合 ポップアップウインドウにエラー表示およびNG表示が出た場合は, ポップアップウインドウの内容に基づく原因を確認してく ださい。 以下の,ポップアップウインドウは一例です。 Fig.4-12-15 ・ズーム調整端検査 Fig.4-12-16 ・ズームパターン検査 Fig.4-12-17 ・フォーカス調整端検査 Fig.4-12-18 ・フォーカスパターン検査 Fig.4-12-19 ・ROM データ検査 Fig.4-12-20 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6) 4-44...
  • Page 164 Page 3-2 • Correction of Repair Parts English: Page 2-2, 2-3, 3-1, 4-17, 4-30 Japanese: Page 2-2, 2-3, 4-17, 4-30 2008.05 Revised-3 • Correction of Adjustment English: Page 4-18, 4-20 Japanese: Page 4-18, 4-20 SAL16105 (DT 3.5-5.6/16-105) (DT 16-105mm F3.5-5.6)

Comments to this Manuals

Symbols: 0
Latest comments: