Download  Print this page

Yamaha MDX-E300 Service Manual page 33

Hide thumbs

Advertisement

■ エラー表示
エラー表示
Can't REC
・REC-PLAY中DEFECTが連続10回発生した。
・REC-PLAY中DEFECTの発生で記録可能クラスタが0
 となった。
・アドレス読み取り不可、再トライをくり返しても20秒
 間、REC状態に入れない時。
Can't Copy
・REC-PAUSE又は、REC-PLAY中D-INから入力された ・コピー禁止のCDなのか
 デジタル信号のチャネルステータスにより以下のように  (例:CD-R等)かチェックする。
 判定された。
 ① オーディオ以外である。 
 ② 民生用以外である。
 ③ CDでCOPY bitの反転によりコピーNGである。
DIGin Unlock
・REC-PAUSE又は、REC-PLAY中にD-INから入力され ・D-INの信号ラインに異常がないかチェックする
 たデジタル信号に対して以下となった。
 ① デジタルINのPLLがUNLOCKした。
 ② FS=44.1kHz以外でロックした。
TOC Full
・REC-PLAY中曲番や文字情報(曲名・ディスク名等)
 を登録する領域がなくなった。
・REC-PAUSEに入ろうとしたとき、録音可能な領域が
 残っていない。
UTOC ERR R
・FTNO>LTNOであった。
・FTNO≠0or1であった。
・DISCに記録されているUTOCが読めなかった。
UTOC ERR A
・スタートアドレス>エンドアドレスであった。
UTOC ERR L0∼4
・UTOC0∼4のどれかのデータがループしていた。
Not Audio
・現在選曲されているTNOのトラックモードに、オーディオ ・他のTNOを選曲するか、他のディスクと入れ
 用でないデータが記録されている。
Disc Full
・REC-PAUSEに入ろうとしたとき、録音可能な領域が
 残っていない。
Playback MD
・REC-PAUSEに入ろうとした時、又は編集をしようとし
 たとき、再生専用のディスクだった。
Protected
・録音再生用ディスクの誤消去防止ツマミが誤消去防止
 状態になっているのに、録音又は編集をしようとした。
・UTOCに書かれている情報により、ライトプロテクト 
 のかかっているトラックを編集しようとした。
Can' t Edit
・各編集機能において、それぞれの編集条件を満足しな
 かった。
TMP Over!!
・何か異常が発生した為、セット(MDユニット)内の
 温度が高くなりすぎた。
エラー内容
処理方法
・ディスクにキズ・ほこり・指紋・ブラック
 スポット等がないか。偏芯・面振れ等の
 大きいディスクでないかチェックする。
・UTOCを登録する領域の残っている録再用
 ディスクと入れ換えてみる。
・UTOCのデータに異常があるので他のディスク
 と入れ換えてみる。
・UTOCのデータに異常があるので他のディスク
 と入れ換えてみる。
・UTOCのデータに異常があるので他のディスク
 と入れ換えてみる。
 換えてみる。
・録音可能領域の残っている、他の録音用
 ディスクと入れ換えてみる。
・再生専用のディスクなので、録音用のディスク
 と入れ換えてみる。
・誤消去防止ツマミをもとに戻してもう一度やり
 直す。
・編集をしようとしたトラックはライトプロテク
 トがかかっているので、違うトラックでもう
 一度やり直す。
・操作方法が間違っているので、正しい操作方法
 でもう一度やり直す。
・トラブルシューティングによりチェックする。
・高温の場所で使用していないか。 
MDX-E300
33

Advertisement

Table of Contents
loading

  Also See for Yamaha MDX-E300

  Related Manuals for Yamaha MDX-E300