Download  Print this page

Yamaha MDX-E300 Service Manual page 29

Hide thumbs

Advertisement

メカニズム調整
調整する際、図15のようにサービス用の延長ケーブル&延長基板を接続してください。
光ピックアップグレーティング検査方法
(外付け)
IC1201 4ピン
GND(TP1202)
100K
IC1201 11ピン
EIN(TP1253)
470p
470p
IC1201 12ピン
FIN(TP1254)
100K
(59ページ参照)
図13
テストディスクTDYS1(SONY)[再生用](TX945850)を使用
しテストモードのAUTO調整モードで自動調整を行なった
後(COMPLETE表示) 、EOUT対FOUTのリサージュ波形
(x-y)を調整します。
1.スピンドルモータのねじ3本を少しゆるめ、リサー
ジュ波形を見ながら調整します。
2.調整後、q、w、eの順にねじを締付けます。
磁気ヘッドより
サービス用延長基板
(AAX16660)
メカニズムにサービス用基板を
取り付けます。
オシロスコープ
a
GND CH1 CH2
b
X
Y
リサージュ波形
a:b = 4:1 以内
メカ基板より
28P延長FFC
(TX946220)
6P延長FFC (AAX16640)
5P延長FFC (TX946190)
2
1
3
調整用溝
2P延長コネクタ
(AAX16620)
MDメイン基板
図15
MDX-E300
2
3
1
スピンドルモータの調整溝に
ドライバなどで取付位置をず
らしながらリサージュ波形を
確認します。
図14
29

Advertisement

Table of Contents
loading

  Also See for Yamaha MDX-E300

  Related Manuals for Yamaha MDX-E300