Download  Print this page

Yamaha MDX-E300 Service Manual page 27

Hide thumbs

Advertisement

リードインスイッチ位置調整
リードインスイッチ位置をFF85∼FFD2に調整します。
1. テストディスクTDYS1(SONY)[再生用](TX945850)を入れます。
2. メカスイッチ基板を固定しているねじ(A1)×1本をゆるめます。
3. FF85以下の場合はA方向、FFD2以上の場合はB方向にメカスイッチ基板を押しながらねじ(A1)×1本を
しめ直します。
再度リードインスイッチ位置を測定してください。
リードスイッチ位置がFF85∼FFD2であることを確認します。
図11
ローディングモータの強制回転
DISPLAY表示がテストモードのマイコンバージョン表示 (tsm22○○e○○) またはEJECT
表示のとき、ジョグダイアルを回すことによりローディングモータの強制回転が可能です。
(ディスクの取り出しができなくなったときに使用します)
* マイコンバージョン表示にする方法
ディスクが挿入されている場合、『AUTO_AJST_』表示になっております。
このとき、リモコンのDELETE/CANCELボタンを押すと、マイコンバージョン表示になります。
『 tsm22○○e○○』(マイコンバージョン表示)
磁気ヘッドの取付位置確認
・磁気ヘッドおよび光ピックアップを交換した場合は必ず取付位
置確認を実施願います。
・取付位置調整を安易にする為に光りピックアップを中央位置ま
で移動して位置調整を行って下さい。
1. ヘッド確認用透明ディスク(AAX18050)をセットします。
2. 磁気ヘッドアップシフトアームを手で下げ、磁気ヘッドを上げ
ます。
3. セットを上から見て光ピックアップ対物レンズに磁気ヘッドが
合っているか確認します。
4. 磁気ヘッドが上下にスムーズに動くことを確認します。
A
B
注)基板上のねじ(A1)×1本は、締め付
(A1) X1
ジョグダイアル y :
ジョグダイアル t :
EEPROMプロテクトデータのバー
ジョン(01から)
マイコンROMバージョン (01から)
手で下げる
図12
け後ネジロック塗布
強制EJECT送り
強制LOAD送り
磁気ヘッド
周方向
対物 
レンズ
径方向
MDX-E300
27

Advertisement

Table of Contents
loading

  Also See for Yamaha MDX-E300

  Related Manuals for Yamaha MDX-E300