Download  Print this page

An音源のしくみ; アナログフィジカルモデリング音源の構成 - Yamaha PLG150-AN Owner's Manual

Analog physical modeling plug-in board modular synthesis plug-in system.
Hide thumbs

Advertisement

AN音源のしくみ
PLG150-ANのボイ スに触れ る前に、ア ナログフ ィジカル モデリ ング音源(以 下AN音源 と呼びま す)のし
くみを把 握してお きまし ょう。
1. アナログフィジカルモデリング音源の構成
音は以下 の3つで 構成され ていま す。
・音程
・音色
・音量
これらを「音 の3大要 素」といいま す。
AN音源は、 音の3大要素を コントロールするために、 一 般的なアナログシンセサイザーと同じように、
・オシレーター(音程・音色をコントロールする)
・フィルター(音色をコントロールする)
・アンプリファイアー(音量をコントロールする)
といった 基本的な ユニッ ト(回路)を持っ ています。
アナログ シンセサ イザー では各ユ ニットを ボルテ ージ コン トロール (電 圧制御) する ことが一 般的
であるた め、上記の各 ユニッ トの名称 も、
・VCO(ボルテージ コントロールド オシレーター)
・VCF(ボルテージ コントロールド フィルター)
・VCA(ボルテージ コントロールド アンプリファイアー)
と呼んで います。
AN音源では、 これら のユニッ トをデジ タル制 御によっ て作り出 していま すが、 独自の アナログ フィ
ジカルモデリングと いう手法によって アナログシンセサイ ザーを忠実にシミュ レートしているため、
各ユニッ トもそれ に合わ せて「VCO」 「VCF」 「VCA」と呼んで いるの です。
またその 他のユニ ットと して、 発音 開始から 音が消 えるまで の時間的 な変化 を作り出 すさまざ まな
EG(エンベロー プ ジェ ネレー ター)や、ビブラ ートや トレモ ロに代表 される ように音 を周期 的に
変化さ せるLFO、さらに 音作り の幅 を広げ るオシ レータ ーシン クやFM変調、金属 的な 響きを 作り
出すリ ング モ ジュレ ーター、ノ イズを 加えるた めのノ イズ オシレ ーター、音を ひずま せるデ ィス
トーショ ンなどが ありま す。
以上のユ ニットは、次 のよう に接続さ れていま す。
11

Advertisement

Table of Contents

   Also See for Yamaha PLG150-AN

   Related Manuals for Yamaha PLG150-AN

Comments to this Manuals

Symbols: 0
Latest comments: