Page of 22

Korg MICRO S Quick Start Manual Page 20

Synthesizer/vocoder.
Hide thumbs
プログラムを演奏する
プログラムを選択する
256 種類のプログラムから選びます。
1.
[BANK SIDE] キー
を押して、プログラム・サイ
ドを"A" 、 "b" 、 "C"または"d"に切り替えます。
ディスプレイにプログラム・サイドが表示されます。 (工
場出荷時、サイド d には初期化されたプログラムが入っ
ています)
2.
[BANK SELECT] ダイヤル
ムのバンクを選択します。
工場出荷時には、TRANCE ∼ S.E./HIT にはシンセ・プ
ログラム、VOCODER にはボコーダー・プログラムが収
録されています。
3.
PROGRAM NUMBER [1] ∼ [8] キー
プログラム・ナンバーを選びます(LED 点灯) 。
選んだ側の SYNTH/VOCODER LED
Note:
プログラムは、サイド、バンク、ナンバーのいず
れかが変更された時点で切り替わります。
4.
鍵盤
を押して、音を確認してください。
演奏時にサウンドを変化させる
オクターブ、ピッチ、モジュレーション
1.
OCTAVE SHIFT [UP]、 [DOWN] キー
鍵盤に割り当てられている音域を切り替えます。
2.
[PITCH] ホイール
でピッチ(音の高さ)をコン
トロールします。
3.
[MOD] ホイール
でモジュレーション(音の抑揚)
の深さをコントロールします。
パフォーマンス・エディット
EDIT CONTROLS [1] ∼ [5]
の各ノブを回して、サ
ウンドを変化させます。
Note:
パフォーマンス・エディット機能を有効にするに
は、[SHIFT] キー
または点灯している PROGRAM
NUMBER キー
を押します。
1.
[1] ノブでフィルターのカットオフ周波数を調整し、
音色の明るさが変化します。
2.
[2] ノブでフィルターのレゾナンス値を調整します。
音色に独特のクセがつきます。
3.
[3] ノブでフィルター EG、アンプ EG の音の立ち上
がりが変化します。
4.
[4] ノブでフィルター EG、アンプ EG のリリース・
タイム(音が消えるまでの時間)が変化します。
5.
[5] ノ ブ で ア ル ペ ジ エ ー タ ー や、LFO、DELAY
( "TEMPO SYNC"ON 時)のテンポを調整します。
アルペジオ演奏をする
を回して、プログラ
アルペジエーターは、鍵盤を和音で押さえたときに、そ
の構成音を自動的に分散して発音する機能です。
を押して、
が点灯します。
鍵盤を和音で押さえると、 右のように発音します。
1.
ARPEGGIATOR [ON/OFF] キー
(LED 点灯、赤 : ラッチ ・ オン / オレンジ : ラッチ ・ オフ)
2.
鍵盤を和音で押さえると、 アルペジオ演奏が始まります。
アルペジオを変化させる
3.
[EDIT SELECT 2] ダイヤル
を押して、
A または ARPEG.B に合わせます。
4.
EDIT CONTROLS の [1] ∼ [5] ノブ
パラメーターの値を変え、アルペジオの変化の仕方を
設定します。
例えば、手順 3 で ARPEG.A を選んだとき、[1] ノブを
回すとアルペジオのテンポが変わり、[3] ノブを回すと発
音するアルペジオの音の長さが変わります。また、[4] ノ
ブを回すとアルペジオ・タイプが変わり、発音する音符
の順番が変わります。ARPEG.B の [1] ノブでは鍵盤か
ら手を離してもアルペジオ演奏が続くかを設定するラッ
チを設定します。
Tip:
ラッチは ARPEGGIATOR [ON/OFF] キー
長押ししても、オン、オフが切り替えられます。
5.
PROGRAM NUMBER [1] ∼ [8] キー
8 ステップの発音のオン、オフを設定します。
キーを押してキーの LED を
消灯 (オフの状態) させると、
ステップに対応する音符が休
符に変わり、違う演奏になり
(TYPE:UP)
ます(図参照) 。
を押します。
6.
APPEGGIATOR [ON/
OFF] キー
( キ ー の LED 消 灯 ) 、 ア
ルペジオ演奏は停止しま
す。
を回して、ARPEG.
を回して、
で、最大
TYPE: UP
LAST STEP: 8
を押すと

Advertising

   Related Manuals for Korg MICROKORG S

Comments to this Manuals

Symbols: 0
Latest comments: