Download  Print this page

Manfrotto MVH502A Instruction Manual page 13

Hide thumbs

Advertisement

RETIRAR EL PLATO RAPIDO DE LA ROTULA
Extraer el plato "L" aflojando el mando de bloqueo "M" mientras pulse el botón
"N" al mismo tiempo como muestra fig. 3.
ACOPLAR EL CAMCORDER AL PLATO
La rótula (fig. 3) se proporciona con un tornillo de cámara "K" de 1/4" y un tornillo
de cámara "S" de 3/8" sobre el plato "L"
Para quitar el tornillo que no use, proceda como sigue (fig.3)
- Retire la goma "Q" (fig. 1)
- Quite el tonillo no usado
- Vuelva a poner la goma "Q" para evitar la pérdida del tornillo para la cámara.
Fije el camcorder en el plato "L" (fig. 4) enroscando el tornillo "K" de 1/4" o bien
el "S" de 3/8" en el orificio roscado de la cámara SIN EMPLEAR FUERZA (utili-
zando por ejemplo una moneda).
Si el camcorder lleva un orificio para impedir el giro, introduzca el pincho "P"
(fig. 3) en el orificio antes de enroscar el tornillo de la cámara.
Antes de bloquear del todo alinee la óptica del camcorder con la marca "LENS"
en el plato "L".
COLOCAR EL CAMCORDER EN LA ROTULA
Introduzca el plato "L" rápido según se aprecia en fig. 5 arriba en la rótula hasta
que el botón de bloqueo"N" haga clic.
Sujete el camcorder durante la siguiente operación para prevenir que caiga
para adelante o atras.
Encuentre el punto de equilibrio para el camcorder posicionado horizontalmente:
- Nivele la rótula sobre el trípode por medio de la burbuja "C" (fig. 1)
- Con el mando de bloqueo "U" (fig. 6) aflojado y el control de fricción "T"(fig. 8)
al mínimo, deslice el camcorder hasta encontrar un punto equilibrado (fig. 6 y 7)
- Bloquee el plato "L" (fig. 8) en la posición alcanzada apretando el mando de
bloqueo "M"
E
3
3
4
Y
5
6
7
Y
8
雲台のクイックリリースプレートの取り外し
図3のように、ロックノブMをゆるめ、ボタンNを押しながら、プレートLを引き
抜きます。
プレートのカムコーダーへの取り付け
あらゆるカムコーダーに対応できるよう、雲台には1/4"カメラネジKおよび
3/8"カメラネジSの両方がプレートLに備わっています。(図3)
使用しないカメラネジは取り外してください。(図3)
• - 指でラバーキャップQを押して外してください。
• - 不要なネジを取り外してください。
• - 使用する方のネジがプレートから脱落もしくは、プレートがカムコーダーへ付
いていない場合にネジを紛失してしまわないよう、ラバーキャップを元に戻し
ます。
1/4"カメラネジKもしくは3/8"カメラネジSでカムコーダーにプレートLをネ
ジ留めし、固定します。(図4)※この時、力を入れすぎないようにしてくださ
い。(コイン等を使用するとよいでしょう。)
また、カムコーダーにピンホールが備わっている場合は、カメラネジKもしくは
Sで留める前にプレート上のビデオボスPをピンホールへ挿し込んでください。
(図3)
カムコーダーを完全にロックする前にカメラプレート•L•の下に印刷されてい
る"LENS"マークとカムコーダーのレンズが一直線上になるように位置を合わ
せてください。
雲台へのカムコーダーの搭載
図5のようにカメラプレートLを雲台上に、ロックボタンNがカチッと音がする
まで滑らせます。
次の作業を行う際は、カムコーダーが前後に滑らないよう、しっかりとカムコー
ダーを手で押さえながら作業をしてください。
カムコーダーの正確なバランスポイントを探す
• - 水準器Cを使用して三脚上の雲台の水準をとります。(フラットアタッチメン
トあるいはレベルボールのどちらの三脚でも使用可能)(図1)
• - プレートロックノブU(図6)およびティルトロックノブU(図7)をゆるめ、
フリクションコントロールT(図8)を一番弱くし、カムコーダーを乗せた状態
でバランスがとれるポイントまでカムコーダーをスライドさせてください(図
6および7)。
13
J
3
3
&
4
5
6
7
&
8

Advertisement

loading

This manual is also suitable for:

Mvh502ah