Download  Print this page

電源および電源コードについて - Canon CX 320 User Manual

Color card printer.
Hide thumbs

Advertisement

安全にお使いいただくために
電源および電源コードについて
警 告
6
指定された温度・湿度で使用してください。暑すぎたり寒すぎたりすると
本機が正常に動作しないことがあります。
設置環境 : 温度 15 ℃∼ 30 ℃、 湿度 10% ∼ 80% (ただし結露なきこと)
強い磁気を発生する機器の近くや磁界のある場所には設置しないでくだ
さい。誤作動や故障の原因となることがあります。
本機の通風孔をふさがないでください。 通
風孔をふさぐと内部に熱がこもり火災の
原因となることがあります。 また、 いつで
も電源プラグを抜けるように、 コンセント
の周りにはものを置かないでください。 非
常時に電源プラグを抜けなくなります。
付属の電源コード以外は使用しないでください。火災・感電・故障の原因に
なります。
延長コードは加熱・発火の危険があるので使わないでください。
タコ足配線はしないでください。火災・加熱の原因となります。
電源プラグはコンセントに確実に差し込んでください。電源プラグの刃に金
属などが触れると火災・感電の原因となります。
電源コードを傷つけたり、破損したり、加工したりしないでください。重い
ものをのせたり、加熱させたり、引っ張ったりすると電源コードが破損し、
火災・感電の原因となります。電源コードが傷んだ(芯線の露出、断線など)
場合は、お買い上げの販売店に交換をご依頼ください。
濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでください。感電の原因となること
があります。
電源コードを束ねたり、結んだりしないでください。火災や感電の原因にな
ります。
近くに雷が発生したときは、電源プラグをコンセントから抜いてご使用をお
控えください。雷によっては火災・感電・故障の原因となります。
電源プラグを定期的に抜き、その周辺およびコンセントに溜まったほこりや
汚れを乾いた布で拭き取ってください。 ほこり、 湿気、 油煙の多いところで、
電源プラグを長期間差したままにすると、その周辺に溜まったほこりが湿気
を吸って絶縁不良となり、火災の原因になります。

Advertisement

Table of Contents

   Also See for Canon CX 320

   Related Manuals for Canon CX 320

This manual is also suitable for:

Cx 350

Comments to this Manuals

Symbols: 0
Latest comments: