Download  Print this page

NEC N8103-123 User Manual

Raid battery backup unit.
Hide thumbs

Advertisement

本書は製品とともに大切に保管してください
Keep this manual carefully.
N8103-123/124
増設バッテリ ユーザーズガイド
RAID Battery Backup Unit User's Guide
製品をご使用になる前に必ず本書をお読みください。
本書は熟読の上、大切に保管してください。
Make sure you read this manual before using the product.
After reading this manual carefully, store it in a safe place.
855-900757-001- C

Advertisement

Table of Contents

   Related Manuals for NEC N8103-123

   Summary of Contents for NEC N8103-123

  • Page 1 本書は製品とともに大切に保管してください Keep this manual carefully. N8103-123/124 増設バッテリ ユーザーズガイド RAID Battery Backup Unit User's Guide 製品をご使用になる前に必ず本書をお読みください。 本書は熟読の上、大切に保管してください。 Make sure you read this manual before using the product. After reading this manual carefully, store it in a safe place. 855-900757-001- C...
  • Page 2 NEC assumes no liability arising from the use of this product, nor any liability for incidental or consequential damages arising from the use of this manual regardless of Item (4).
  • Page 3 を取り扱う前に「使用上のご注意」を必ずお読みください。 Preface Congratulations for your purchase of the N8103-123/124 RAID Battery Backup Unit (called BBU hereafter). The User’s Guide describes how to install and use the BBU correctly and safely. Read the guide thoroughly before handling it. In addition, refer to this manual when you want to know how to use it or some malfunction occurs.
  • Page 4 このユーザーズガイドは、必要なときすぐに参照できるよう、お手元に置いておくようにしてください。 「使用上のご注意」を必ずお読みください。 Keep this User's Guide at hand for quick reference at anytime necessary. Be sure to read this section carefully. 使用上のご注意 〜必ずお読みください〜 NOTES ON USE - Always read the Notes - 本製品を安全に正しくご使用になるために必要な情報が記載されています。また、本文中 の名称についてはユーザーズガイドの「各部の名称と機能」の項をご参照ください。 The following includes information necessary for proper and safe operation of the product. Refer to "Names and Functions of Sections"...
  • Page 5 危険に対する注意・表示は次の3種類の記号を使って表しています。それぞれの記号は次 のような意味を持つものとして定義されています。 Precautions against hazards are presented with the following symbols. The individual symbols are defined as follows: (例) (Example) この記号は危険が発生するおそれがあることを表し ます。 記号の中の絵表示は危険の内容を図案化したも 注意の喚起 のです。 Attention This symbol indicates the presence of a hazard. (感電注意) An image in the symbol illustrates the hazard type. Precaution against electric shock (例) (Example)
  • Page 6 本書で使用する記号とその内容 Symbols Used in This Manual and Warning Labels 注意の喚起 Attentions 特定しない一般的な注意・警告を示します。 Indicates a general notice or warning that cannot be specifically identified. 感電のおそれがあることを示します。 Indicates that improper use may cause an electric shock. 高温による障害を負うおそれがあることを示します。 Indicates that improper use may cause personal injury. 発煙または発火のおそれがあることを示します。...
  • Page 7 NEC does not assume any liability for accidents resulting in injury or death, or for any damages to property that may occur as a result of using the product in such facilities, equipment, or control systems.
  • Page 8 CAUTION 装置内に水や異物を入れない Keep water or foreign matter away from the server. 装置内に水などの液体、ピンやクリップなどの異物を入れないでください。火災や 感電、故障の原因となります。もし入ってしまったときは、すぐに本体装置の電源 をOFFにして電源コードをACコンセントから抜いてください。分解しないで販売店 または保守サービス会社に連絡してください。 matter (e.g., pins or paper clips) enter the server. Failure to follow this warning may cause an electric shock, a fire, or a failure of the server. When such things accidentally enter the server, immediately turn off the power and disconnect the power plug from the AC outlet.
  • Page 9 <電源・電源コードに関する注意事項> Power Supply and Power Cord Use CAUTION 電源がONのまま取り付け・取り外しをしない Disconnect the power cord(s) before installing or removing the product in/from the server. 本体装置への取り付け・取り外しの際や、周辺機器との接続の際は必ず主電源に接 続している電源コードをACコンセントから抜いてください。 電源コードがACコンセ ントに接続されたまま取り付け・取り外しや接続をすると感電するおそれがありま す。 Make sure to power off the server and disconnect the power cord(s) from a power outlet before installing/removing the product in/from the server, or connecting with the peripheral devices.
  • Page 10 破損したケーブルコネクタを使用しない。 ネジ止めなどのロックを確実に行ってください。 Use only interface cables authorized by NEC and locate a proper device and connector before connecting a cable. Using an unauthorized cable or connecting a cable to an improper destination may cause a short circuit, resulting in a fire.
  • Page 11 CAUTION 腐食性ガスの存在する環境で使用または保管しない Do not use or store the product in the place where corrosive gases exist. 腐食性ガス(二酸化硫黄、硫化水素、二酸化窒素、塩素、アンモニア、オゾンなど) の存在する環境に設置し、使用しないでください。 また、ほこりや空気中に腐食を促進する成分(塩化ナトリウムや硫黄など)や導電 性の金属などが含まれている環境へも設置しないでください。装置内部のプリント 板が腐食し、故障および発煙・発火の原因となるおそれがあります。もしご使用の 環境で上記の疑いがある場合は、販売店または保守サービス会社にご相談ください。 Make sure not to locate or use the server in the place where corrosive gases (sulfur dioxide, hydrogen sulfide, nitrogen dioxide, chlorine, ammonia, ozone, etc) exist. Also, do not install it in the environment where the air (or dust) includes components accelerating corrosion (ex.
  • Page 12 <お手入れに関する注意事項> Cleaning and Working with the Product WARNING 自分で分解・修理・改造はしない Do not disassemble, repair, or alter the server. 本製品の分解や、修理・改造は絶対にしないでください。装置が正常に動作しなく なるばかりでなく、感電や火災の危険があります。 Never attempt to disassemble, repair, or alter the product on any occasion. Failure to follow this instruction may cause an electric shock or fire as well as malfunctions of the product.
  • Page 13 <運用中の注意事項> During Operation CAUTION 雷がなったら触らない Avoid contact with the server during thunderstorms. 雷が鳴りだしたら、本製品内蔵の本体装置には、触れないでください。感電するお それがあります。 Disconnect the power plug from the outlet when a thunderstorm is approaching. If it starts thundering before you disconnect the power plug, do not touch any part of the server containing the product.
  • Page 14 取り扱い上のご注意 〜装置を正しく動作させるために〜 Notes on Use - for correct operation of BBU 本製品を使用するときに注意していただきたいことを次に示します。これらの注意を無視 して、 本製品を使用した場合、 資産(データやその他の装置)が破壊されるおそれがあります ので必ずお守りください。 本製品は N8103-116A/117A/118A/129/130 RAID コントローラおよび本体装置内蔵の RAID コントローラ (N8103-116A 相当内蔵) 専用の増設バッテリです。 その他の RAID コントローラには接続できません。 本製品は大変デリケートな電子装置です。本製品を取り扱う前に、本体装置の金属フ レーム部分などに触れて身体の静電気を逃がしてください。 本製品を落としたり、ぶつけたりしないでください。 本製品のリサイクルと廃棄に関しては、本章の「リサイクル・廃棄について」を参照 して下さい。 本製品が内蔵された本体装置のそばでは、携帯電話や PHS、ポケットベルの電源を OFF にしてください。電波による誤動作の原因となります。 Note the following when you use the BBU. If you ignore the notes, your assets (including important data and/or other devices) may be damaged.
  • Page 15 xiii 本書について This Manual 本書は、Windows や Linux などのオペレーティングシステムやキーボード、マウスといっ た一般的な入出力装置などの基本的な取り扱いについて十分な知識を持ったユーザを対象 として記載されています。 The guide is intended for persons who are familiar with operating systems including Windows or Linux and fundamental operations of general-purpose I/O devices including the keyboard and mouse. <本書の記号について> Text Conventions 本書の中には安全に関わる注意記号の他に次の3種類の記号を使用しています。それぞれ...
  • Page 16 梱包箱の中身について In the Package 梱包箱の中には本製品以外に色々な添付品が同梱されています。 「第1章 概要」の「4. 梱包箱の中身を確認する」 を参照し、 全ての添付品が揃っていることを確認してください。 万一、足りないものや損傷しているものがあった場合には、本製品をご購入された販売店 にご連絡ください。 The carton contains various accessories, as well as the product itself. See “4. Checking Contents in Package” in “Chapter 1 Overview” to make sure that you have everything and that individual components are not damaged.
  • Page 17 For details on data erasure, ask your sales representative. NEC assumes no liability for data leakage if the product is transferred to third party without erasing the data.
  • Page 18 条件により異なりますが、約 2 年間となっております。 本製品の設置から約 2 年後(設置時期は本体装置および本製品に貼り付けのバッテリラベル に記載)を目安に交換してください。交換については、本製品をご購入された販売店もしく はご契約されている NEC 保守サービス会社へご相談ください。 The BBU is equipped with a backup battery. The life of the battery is about 2 years while it varies depending on the use environment and operating conditions. Replace the battery with a new one after about two years from the installation of the BBU (the installation time can be known by the battery label put on the server and the BBU).
  • Page 19 リサイクル・廃棄について Recycle and Disposal 本製品のバッテリパックにはリチウムイオンバッテリが搭載されており、リサイクルが可 能です。貴重な資源を再利用するため、本製品をご購入された販売店もしくはご契約され ている NEC 保守サービス会社までお問い合わせいただくか、最寄りのリサイクル協力店 にお持ちください。バッテリパックの取り外し方法は、 「第 3 章 運用・保守」の「4. バッ テリパックの交換手順」従ってください。 The battery pack of the BBU is equipped with lithium ion battery which is recyclable. To enable such valuable resources to be reused, contact your service representative or bring it to the nearest recycle agent.
  • Page 20 xviii 目  次 Contents まえがき ............................i Preface ............................i 使用上のご注意 〜必ずお読みください〜 NOTES ON USE - Always read the Notes - ii 本書で使用する記号とその内容 Symbols Used in This Manual and Warning Labels ....iv 安全上のご注意 Safety Indications....................v 警告ラベルについて Warning Labels ..................xi 取り扱い上のご注意...
  • Page 21: Table Of Contents

    第 4 章 リフレッシュについて.....................22 1. リフレッシュとは........................22 2. リフレッシュ中のキャッシュモード ..................23 3. 定期リフレッシュについて ....................... 23 4. 手動リフレッシュについて ....................... 23 5. リフレッシュ中の注意事項 ....................... 24 Chapter 1 Overview......................25 1. Characteristics of BBU ....................... 25 2. Specification ..........................25 3. Installation Flow ......................... 26 4.
  • Page 23 第 1 章 概要 N8103-123/124 増設バッテリ(以降「本製品」と呼ぶ)を初めてお使いになる場合は、この 章からお読みください。 ここでは、本製品の特徴、構成および取り付けの概要について説明します。 1. 本製品の特徴 本製品は N8103-116A/117A/118A/129/130 RAID コントローラ及び本体装置内蔵の RAID コ ントローラ (N8103-116A 相当) (以降 「RAID コントローラ」 と呼ぶ)の増設バッテリです。 本製品を RAID コントローラに実装する事で、電源瞬断などの不慮の事故によるデータ損 失(Write Back 運用時)を回避することができます。 RAID コントローラの SDRAM 内のデータを長時間バックアップ Write Back 運用時の信頼性向上 再利用可能なリチウムイオンバッテリを採用 2. 仕様 項 目...
  • Page 24 3. 取り付け作業の流れ 本製品を取り付ける作業の流れは以下の通りです。詳しい作業内容については、それぞれ 対応する章を参照してください。 開始 第 1 章 製品・添付品の確認 製品および添付品の確認、バッテリ取 注意事項の確認 り付け時の注意について説明します。 第 2 章 「1. 取り付け手順」 バッテリの取り付け バッテリの取り付け方法について説明 します。詳しくは本体装置のユーザー ズガイドを参照してください。 第 2 章 「2. ユーティリティからの確認」 接続確認・設定 バッテリ取り付け後の接続確認方法、 およびライトキャッシュモードの設定 について説明します。 終了...
  • Page 25 4. 梱包箱の中身を確認する 梱包箱には次のものが入っています。作業を開始する前に確認してください。 項番 品 名 数量 備 考 バッテリパック N8103-123: 75cm バッテリ制御ケーブル N8103-124: 95cm コネクタボード ユーザーズガイド 本書 セットアップデートラベル ネジ小 コネクタボード固定用 下記の本体装置用ネジ※1 Express5800/R120a-1 Express5800/R120a-2 Express5800/R120b-1 Express5800/R120b-2 Express5800/iR120a-1E バッテリネジ(A) Express5800/R110b-1 Express5800/E110b-1 Express5800/E120b-1 Express5800/R110c-1 Express5800/E110c-1 Express5800/E110d-1 Express5800/R110d-1E 下記の本体装置用ネジ(皿ネジ)※1 Express5800/T120a-E Express5800/T120a-M Express5800/GT120a バッテリネジ(B)
  • Page 26 以下のものが梱包箱に入っています。 □ バ ッテリ パッ ク □ バッ テリ 制御 ケーブ ル □ コネ クタボ ード N8 103 -123 : 線 長 7 5cm N8 103 -124 : 線 長 9 5cm □ セッ トア ップ デート ラベ ル □ ユーザ ーズ ガイ ド (本 書) □...
  • Page 27 5. 各部の名称と機能 本製品の各部の名称を以下に説明します。 バッテリパック(表面) バッテリケース 内部にリチウムイオンバッテリを保持しています。 リサイクルおよび警告ラベル ケースに貼られているラベルです。リサイクル マークや電池の種類、警告文が表示されていま す。また、本製品の管理レビジョンが記入され ています。 Nコードラベル 本製品の N コードが印字されたラベルです。 右図は N8103-123 のラベルの例です。 N8103-123...
  • Page 28 バッテリパック(裏面) 6  5  7  バッテリ制御ボード バッテリパックを制御するボードです。 バッテリケーブル バッテリパックとバッテリ制御ボードを接続するケーブルです。 バッテリコネクタ1 RAID コントローラに接続するためのコネクタです。本製品では、このコネクタは使用しま せん。 バッテリコネクタ2 コネクタボードと接続するためにバッテリ制御ケーブルを接続します。...
  • Page 29 バッテリ制御ケーブル コネクタボード(表面) コネクタボード(裏面) 9  10  8  バッテリ制御ケーブル バッテリパック(バッテリコネクタ2)とコネクタボード(コネクタ1)を接続するケーブル です。N8103-123 は 75cm、N8103-124 は 95cm のケーブルが添付されています。 コネクタ 1 バッテリパックと接続するためにバッテリ制御ケーブルを接続します。 コネクタ 2 RAID コントローラと接続するコネクタです。...
  • Page 30 6. 注意事項 本製品のご使用する前に、以下の注意事項をご覧ください。 6-1. 取り付け時の注意事項 本製品を、本体装置の筐体などの金属部の上においたり、ぬれた手で持ったりしない でください。バッテリがショートする恐れがあります。 6-2. 運用時の注意事項 本製品の状態を管理するために、RAID コントローラの管理ユーティリティ Universal RAID Utility をインストールしてください。本ユーティリティのインストールにより、 異常の検出や本製品の状態を確認することができます。 本製品を初めてご使用になる際は、初期リフレッシュが自動的に実行されます。リフ レッシュについて、詳しくは本書「第 4 章 リフレッシュについて」を参照してくだ さい。 バッテリの安定稼動のために、定期的にリフレッシュすることを推奨します。実行間 隔の目安は3ヶ月に1回です。詳しくは本書「第 4 章 リフレッシュについて」を参 照してください。 使用環境などの影響により、リフレッシュの手動実行が必要になる場合があります。 詳しくは本書「第 4 章 リフレッシュについて」を参照してください。 Universal RAID Utility の RAID ログ、 および OS ログ(Windows のイベントログ、 Linux の...
  • Page 31 Press ‘D’ to disable this warning (if your controller does not have a battery). ・バッテリパックの充電状態が著しく低い(未充電)場合は、Universal RAID Utility で認識できない場合があります。その場合は、24時間以上通電してから、本体 装置の再起動を行い、再度Universal RAID Utilityで確認してください。 ・新規バッテリを接続した場合にはバッテリリフレッシュが動作する場合があり ます。充放電のサイクルが完了するまではWrite Throughで動作します。その場 合はおよそ9時間後に再度バッテリの状態を確認してください。 本製品で使用しているバッテリパックの寿命は、使用環境や環境条件により異なりま すが、約 2 年間です。本製品の設置から約 2 年後を目安に交換してください。交換に ついては、ご購入された販売店もしくはご契約されている NEC 保守サービス会社へ ご相談ください。  ...
  • Page 32 第 2 章 本製品の取り付け ここでは、本製品の取り付け方法について説明します。 1. 取り付け手順 以下の手順に従って、本製品を RAID コントローラに取り付けてください。 作業の前に、 RAIDコントローラ添付のユーザーズガイドおよび本体装置のユー ザーズガイドをよく読んでください。 1-1. ラベルへの日付の記入 添付のセットアップデートラベルに本製品を実装した日付(年月)を記入し、 バッテリケース に貼り付けることを推奨しています。 Set up Date 日付(年月)を記入 2012 . 例)Y 使用環境および運用条件によって異なりますが、運用時のバッテリパックの寿 命は約2年、保管時のバッテリパックの寿命は約1年です。使用年数が2年、保 管年数が1年を過ぎると、データバックアップ時間が保証できません。「第3章 運用・保守」を参照して速やかに新しいバッテリパックに交換してください。...
  • Page 33 1-2. 本体装置への取り付け 本製品の取り付け箇所や取り付け手順は、 本体装置によって異なります。 取り付け手順は、 本体装置のユーザーズガイドを参照してください。 本製品の取り付け、取り外しの際にはバッテリカバーの下図に示した部分を 押しますが、このとき過度の力をかけないよう注意してください。 部品が破損するおそれがあります。 本製品を取り付けの際、使用するネジに注意してください。本体装置に取り付 けられない、また部品を破損するおそれがあります。詳しくは「1章 概要」の 「4. 梱包箱の中身を確認する」を参照してください。「1章 概要」に記載がな い装置の場合、本体装置のユーザーズガイドを参照してください。...
  • Page 34: Windows 上での確認方法

    2. ユーティリティからの確認 本製品を取り付けた後は、本製品の接続状態と設定を確認してください。確認方法には、 Windows 上からの確認方法、Linux 上からの確認方法、 WebBIOS を用いた確認方法があり ます。 2-1. Windows 上での確認方法 確認には、 RAID コントローラの管理ユーティリティである Universal RAID Utility を使用し ます。 Universal RAID Utility のツリービューで本製品を取り付けた RAID コントローラの 配下に「バッテリ[xx]」が追加されていることを確認します。[xx]はバッテリのス テータスを示し、 「[正常]」と表示されていれば、バッテリが正常に取り付けられ ています。 バッテリのステータスには以下の2つの状態があります。 正常:バッテリが正常に使用できる状態であることを示します。 警告:バッテリがなんらかの理由により正常に使用できない状態であることを示 します。...
  • Page 35 次に、ツリーにある作成済の LD#x(x)[xxxxx]をクリックし、 [ファ イル]メニューで[プロパティ]をク リックします。 [オプション]タブ を選択し、 キャッシュモード (設定 値)の値が「自動切替」となってい ることを確認してください。 「自動切替」とはバッテリの状態によってWrite BackとWrite Throughを自動で切り 替える設定です。通常はこちらの設定を推奨します。 次に、同じく[論理ドライブのプロパティ] の[全般]タブを選択します。     キャッシュ モード(現在値)の値が「Write Back」となっ ていることを確認してください。 ・バッテリパックの充電状態が著しく低い(未充電)場合は、Universal RAID Utilityで 認識できない場合があります。その場合は、24時間以上通電してから、本体装置 の再起動を行い、再度Universal RAID Utilityで確認してください。 ・新規バッテリを接続した場合には自動リフレッシュが動作する場合があります。 充放電のサイクルが完了するまではライトスルーで動作します。その場合はおよ そ9時間通電した後に再度バッテリの状態を確認してください。 ライトキャッシュモードについて、詳しくはRAIDコントローラ添付のユーザーズガ イド、あるいは本体装置のユーザーズガイドを参照してください。...
  • Page 36: Linux 上での確認方法

    2-2. Linux 上での確認方法 以下のコマンドを入力し、RAID コントローラのプロパティを参照します。 # raidcmd property –tg=rc –c=C <ENTER> 『C』は RAID コントローラ番号です。以下は RAID コントローラ番号が『1』の 場合の例です。 # raidcmd property –tg=rc –c=1 <ENTER> 以下のようなプロパティ画面が表示されます。 「Battery Status」設定が「Normal」 と表示されていればバッテリが正常に取り付けられています。 RAID Controller #1 Vendor : LSI Corporation Model : MegaRAID SAS 8708EM2 (xxxMB) Firmware Version : 1.xx.xx-xxxx Cache Size...
  • Page 37 以下のコマンドを入力し、対象の RAID コントローラ配下の任意の論理ドライブ のプロパティを確認します。 # raidcmd property –tg=ld –c=C –l=L <ENTER> 『C』は RAID コントローラ番号です。 『L』は論理ドライブ番号です。 以下は RAID コントローラ番号が 『1』 、 論理ドライブ番号ガ 『1』 の場合の例です。 # raidcmd property –tg=ld –c=1 -l=1 <ENTER> 「自動切替」とはバッテリの状態によってWrite BackとWrite Throughを自動で切り 替える設定です。通常はこちらの設定を推奨しています。 以下のようなプロパティ画面が表示されます。 「Cache Mode(Setting)」の設定が、 「Auto Switch」になっていること、また「Cache Mode(Current)」の設定が「Write Back」になっていることを確認してください。...
  • Page 38: Webbios での確認方法

    2-3. WebBIOS での確認方法 POST で<Ctrl>+<H>を押して WebBIOS を起動します。 トップ画面が表示されたら左側のメニューから「Controller Properties」をクリック してください。 以下の画面が表示されたら、[Next]をクリックしてください。...
  • Page 39 RAID コントローラの詳細設定が表示されます。「Battery Back Up」の項目が 「Present」と表示されていることを確認してください。 Battery Back Upの項目には以下の2つの表示があります。 Present:バッテリが正常に接続されています。 none:バッテリがなんらかの理由により正常に使用できない状態であることを示 します。 Battery Back Upの項目が「none」と表示されていた場合は以下のことが考えられ ます。 ・バッテリが正しく接続されていない。バッテリのケーブルが確実に接続されて いることを確認してください。 ・バッテリの充電量が著しく低い(未充電)。24時間以上通電してから本体装置の 再起動を行い、再度確認してください。...
  • Page 40 WebBIOS のトップ画面に戻り、 左側のメニューから「Virtual Drives」をクリックし てください。 以下のような画面が表示されます。「Properties」にチェックを入れて「Go」をク リックしてください。...
  • Page 41 以下のような論理ドライブのプロパティ画面が表示されます。図中の「Current Write」の設定が「Write Back with BBU」と表示されていること、および「Default Write」の設定が「Write Back with BBU」となっていることを確認してください。 新規バッテリを接続した場合には自動リフレッシュが動作する場合があります。充 放電のサイクルが完了するまではライトスルーで動作します。 その場合はおよそ9時 間通電した後に再度バッテリの状態を確認してください。 ライトキャッシュモードについて、詳しくはRAIDコントローラ添付のユーザーズガ イド、あるいは本体装置のユーザーズガイドを参照してください。...
  • Page 42 第 3 章 運用・保守 1. 保守サービス 保守サービスは NEC の保守サービス会社、 および NEC が指定した保守サービス会社によっ てのみ実施されますので、純正部品の使用はもちろんのこと、技術力においてもご安心の 上、ご都合にあわせてご利用いただけます。 なお、お客さまが保守サービス会社をお受けになる際のご相談は、弊社営業担当または代 理店で承っておりますのでご利用ください。 2. 予防保守 2-1. 本製品の予防保守 予防保守として、本製品の状態が正常であることを定期的に確認してください。本製品の 状態は、RAID コントローラの管理ユーティリティである Universal RAID Utility や WebBIOS から確認することができます。 2-2. バッテリパックの寿命 本製品が使用しているバッテリパックの使用年数は約 2 年間です。使用年数が 2 年以上過 ぎている場合は本章の「3. バッテリの交換手順」を参照して、速やかにバッテリを交換し てください。 バッテリパックは消耗品/有償保証品です。...
  • Page 43 3. バッテリの交換手順 バッテリの交換手順は、本体装置のユーザーズガイドを参照してください。 添付のセットアップデートラベルに交換した日付(年月)を記入し、新しいバッテリ パックのバッテリケースに貼り付けてください Set up Date 日付(年月)を記入 2012 . 例)Y バッテリ制御ケーブルを接続の際には、ケーブルが斜め挿しにならないようにしっか りと接続してください。 バッテリ交換後、正しく認識されていることを確認してください。確認方法は、 「第 2 章 本製品の取り付け」の「2. ユーティリティからの確認」を参照してください。 バッテリパックはリサイクルが可能です。リサイクルについてのお問い合わせは、 本製品をご購入された販売店もしくはご契約されているNEC保守サービス会社まで ご連絡ください。...
  • Page 44 第 4 章 リフレッシュについて ここでは、バッテリのリフレッシュ(Learn Cycle) について説明します。 1. リフレッシュとは RAID コントローラがバッテリの充電量を正しく認識するために、 充電量を測定する必要が あります。そのため満充電の状態から放電を行い、その後再充電を行います。この処理を リフレッシュと言います。 リフレッシュには初期リフレッシュ、定期リフレッシュ、手動リフレッシュがあります。 初期リフレッシュは未使用のバッテリに1回だけ自動で実施するリフレッシュのことで、 初めに満充電まで充電する処理を行い、その後で放電と再充電を行う処理です。定期リフ レッシュについては本章の「3. 定期リフレッシュについて」 、手動リフレッシュについて は本章の「4. 手動リフレッシュについて」を参照してください。 充電量の測定後は、充電量がバッテリ内に記憶されるため、以降自動的にリフレッシュが 実行されることはありません。 なお、リフレッシュ中かどうかは、ユーティリティ等から判断することはできません。ラ イトキャッシュモードがライトバックに切り替わるまではリフレッシュ中と判断してくだ さい。 初期リフレッシュ 定期/手動リフレッシュ 充  電  再充電  放  電               ...
  • Page 45 境では、リフレッシュが完了するまではライトスルーで動作します。 「常時ライトバック (※)」に設定している環境では、リフレッシュ中でもライトバックで動作します。 ※ Universal RAID Utility 上では、 「通常ライトバック」 は 「自動切替」 、 「常時ライトバック」 は「Write Back」と表示されます。初期値は「自動切替」です。 3. 定期リフレッシュについて 初期リフレッシュ以降は自動的にリフレッシュが実行されることはありません。そのため バッテリの安定稼動のために、下記のツールを使用して定期的にリフレッシュすることを 推奨します。実行間隔の目安は3ヶ月に1回です。 <バッテリリフレッシュ定期実行ツール> Windows http://support.express.nec.co.jp/dload/411298-A01/index.html Linux/VMware ESX 3.5 http://support.express.nec.co.jp/dload/411298-A02/index.html VMware ESX 4.x http://support.express.nec.co.jp/dload/411298-A03/index.html なお、本ツールはあくまでもバッテリのリフレッシュのみにご使用ください。 リフレッシュ開始から約 9 時間後を目処に、まだ『Write Back』に切り替わらない場合に はバッテリの不良が考えられます。 なお、本ツールでは、定期実行の他に手動で実行することもできます。 4. 手動リフレッシュについて...
  • Page 46 5. リフレッシュ中の注意事項 リフレッシュ中は以下の点に注意してください。 初期リフレッシュ中にシステムを再起動した場合 再充電を開始する前に再起動した場合は、リフレッシュを最初からやり直します。 再充電を開始した後に再起動した場合は、リフレッシュを継続します。 手動リフレッシュ中にシステムを再起動した場合 再充電を開始する前に再起動した場合は、リフレッシュを中断します。 再充電を開始した後に再起動した場合は、リフレッシュを継続します。 リフレッシュ中は、バッテリの温度が通常時よりも高くなります。温度が高くなると 充電や放電を一時的に停止するため、完了までの時間が長い場合があります。...
  • Page 47: Chapter 1 Overview

    Chapter 1 Overview First read this chapter if you use the N8103-123/124 RAID Battery Backup Unit (called Battery Backup Unit=BBU) for the first time. This chapter describes the characteristics and configuration of the BBU and outlines the additional battery installation job.
  • Page 48: Installation Flow

    3. Installation Flow The following shows the job flow for installing the BBU. For details, see the respective chapters. Start Chapter 1 Ch eck BBU a nd access ori es. Descr ibes how to check th e B BU and Check n otes on i nstal lation.
  • Page 49: Checking Contents In Package

    The package contains the following items. Check the contents to confirm that all the items are provided before starting the installation job. Item Remarks RAID Battery Backup Unit N8103-123: 75cm Battery Control Cable N8103-124: 95cm Connector board User’s Guide This manual...
  • Page 50 The package contains the following items. Battery Backup Unit Battery C ontrol Cable Connect Board N8103-123: length 75cm N8103-124: length 95cm Setup Date Label U ser’s Guide (This Manual) S et up D ate Battery Screw (A) - 3p (2.5x4x15 round head)
  • Page 51: Names And Functions Of Sections

    The label is put on the battery case. It indicates the recycle symbol, battery type, and warning message, and is filled with the management revision of the battery. N Code Label Indicates the N code given for this BBU. (Example is the label of N8103-123 Battery.) N8103-123...
  • Page 52 Battery Backup Unit (Rear view) 6  5  7  Battery Control Board Board to control battery pack. Battery Cable It connects the Battery to the Battery Control Board. Battery Connector 1 Do not use this connector. Battery Connector 2 Connect to the Battery Control Cable.
  • Page 53 10  8  Battery Cable To fix the Battery Backup Unit and Connector board(Fix connector 1 and connector 2). N8103-123 has 75cm cable, N8103-123 has 95cm cable. Connector 1 Connect to the Battery Control Cable. Connector 2 Connect to the RAID Controller.
  • Page 54: Notes

    6. Notes Read the following notes thoroughly before using the BBU. 6-1. Notes on Installation Do not put the BBU on a metallic plate including the chassis of the server. Do not hold the BBU with wet hands. If you do not follow these directions, the battery may be short-circuited.
  • Page 55   The following alert may be logged when you restart the system immediately after charged the BBU, however, you can ignore it. If you continue to charge the BBU, the alert will no longer be logged. - When the battery is charging(Either following message is displayed dependent on the firmware version.) Your battery is either charging, bad or missing,and you have VDs configured for write-back mode.
  • Page 56: Chapter 2 Installing Bbu

    Chapter 2 Installing BBU This chapter describes the installation of the BBU in the server. 1. Installation Procedure To install the BBU in the RAID Controller, see the following procedure. Before the installation, read the manual of the RAID Controller and that of the server carefully.
  • Page 57: Connect The Battery Backup Unit

    1-2. Connect the Battery Backup Unit Each Server has different procedure to install the BBU. Refer to the server’s manual to check the steps. Do not hold the part shown in figure with too much power. Parts might be damaged. Notice Select the screws carefully to install to the server.
  • Page 58: Checking By Utility

    2. Checking by Utility After the installation, check connections and settings of the BBU. 2-1. Windows Launch Universal RAID Utility. Confirm the display that “Battery [Normal]” is to be seen on the Tree View. The display of [Normal] shows the Battery status. There is no problem if it is displayed as [Normal].
  • Page 59 Click the Logical Drive whose information is to be seen on the Tree View and click [Properties] on the pull-down menu of menu item [File]. The [Option] tab allows you to see the settings of the Logical Drive. Confirm the value of "Cache Mode (Setting)"...
  • Page 60: Linux

    2-2. Linux Enter the following command to check the property of RAID Controller. # raidcmd property –tg=rc –c=C <ENTER> “C” is the number of the RAID Controller. Following command is the example when the number of RAID Controller is “1”. # raidcmd property –tg=rc –c=1 <ENTER>...
  • Page 61 Enter the following command to check Logical Drives on the RAID Controller. # raidcmd property –tg=ld –c=C –l=L <ENTER> “C” is the number of the RAID Controller and “L” is the number of the Logical Drive. Following command is the example when the number of RAID Controller is “1”...
  • Page 62: Webbios

    2-3. WebBIOS To launch WebBIOS, press Ctrl + H at POST. Select the “Controller Properties” at the top menu. Select “Next” at the following view.
  • Page 63 Information of the RAID Controller is displayed. Check the “Battery Back Up” is displayed as “Present”. Indicates the status of the battery installed in the RAID Controller. two possible status are as follows: Check ・Present: Indicates that the battery can be used normally. ・None: Indicates that the battery cannot be used normally due to some reason.
  • Page 64 Go back to Top menu of WebBIOS and select the “Virtual Drives”. Check the “Properties” and select “Go” at the menu.
  • Page 65 Properties of Virtual Drives are displayed. Confirm following two points. First “Current Write” is displayed as “Write Back with BBU”. Next, “Default Write” is displayed as “Write Back with BBU”. If the battery connected immediately before, Cache Mode becomes Write Through because of the refresh.
  • Page 66: Chapter 3 Operation And Maintenance

    Chapter 3 Operation and Maintenance 1. Maintenance Service Service representatives subordinate to or authorized by NEC provide services of the BBU with use of genuine parts and high technical capabilities. You can get the services for your own convenience. For the services, contact the NEC sales department or representatives.
  • Page 67: Battery Pack Replacement Procedure

    3. Battery Pack Replacement Procedure Refer to the server’s manual to see the procedure of battery pack replacement. 3-1. Notes on replacement Fill the year and month when the BBU is installed in the RAID Controller on the setup date label and to put it on the battery cover. Set up Date Fill the year and month 2012 .
  • Page 68: Chapter 4 Refresh

    Chapter 4 Refresh This chapter describe about the refresh(Learn Cycle). 1. Refresh A RAID controller must measure correct capacity of battery. So, it discharges from the condition of the filling charging and it recharges after that. This processing is called "Refresh".
  • Page 69: Cache Mode When Refresh Is Going On

    Since the initial refresh, the refresh is not automatically run. So, you should schedule the periodic refresh for the stable operation using the following tool. The standard interval is the once in 3 months. <Periodic Refreshment Tool> for Windows http://www.58support.nec.co.jp/global/download/411298-A01/index.html for Linux/VMware ESX 3.5 http://www.58support.nec.co.jp/global/download/411298-A02/index.html for VMware ESX 4.x http://www.58support.nec.co.jp/global/download/411298-A03/index.html Do not use this tool for a purpose except the refresh of the battery.
  • Page 70 Sep 2012, Ver. 4 日本電気株式会社 東京都港区芝五丁目 7 番 1 号 TEL(03)3454-1111(大代表) NEC Corporation 5-7-1, Shiba, Minato-ku, Tokyo, Japan TEL (03)3454-1111 (main) © NEC Corporation 2012 日本電気株式会社の許可なく複製 ・ 改変などを行うこと はできません。 Reprinting or changing of this document without prior approval of NEC is prohibited.
  • Page 71 N8103-123/124 増設バッテリユーザーズガイド N8103-123/124 RAID Battery Backup Unit User's Guide 855-900757-001- C 本書は再生紙を使用しています。 This manual is printed on recycled paper.

This manual is also suitable for:

N8103-124

Comments to this Manuals

Symbols: 0
Latest comments: