Download Print this page
Mitsubishi Electric 800 Series Instruction Manual

Mitsubishi Electric 800 Series Instruction Manual

Hide thumbs Also See for 800 Series:

Advertisement

三菱電機 汎用 インバータ
INVERTER
A800-GF
FR-A820-00046(0.4K)-04750(90K)-GF
FR-A840-00023(0.4K)-06830(280K)-GF
CC-Link IEフィールドネットワーク通信機能内蔵タイプ
取扱説明書(導入編) (日本語)
このたびは、三菱電機汎用インバータをご採用いただき、誠にありがとうございます。
この取扱説明書(導入編)と同梱CD-ROM内の情報は、ご使用いただく場合の取扱い、留意点について述べて
あります。
この取扱説明書(導入編)の情報は、インバータ導入にあたっての要点や留意点についてのみ述べてあります。
より詳細な情報は、同梱CD-ROM 内のFR-A800 取扱説明書(詳細編)に記載しています。
機器の知識、安全の情報そして注意事項のすべてについて習熟してからご使用ください。
なお、この取扱説明書(導入編)と同梱CD-ROMは、ご使用になるお客様の手元に届くようご配慮をお願いい
たします。
CC-Link IE Field Network communication function built-in type
INSTRUCTION MANUAL (STARTUP) (ENGLISH)
Thank you for choosing this Mitsubishi Electric Inverter.
This Instruction Manual (Startup) and the enclosed CD-ROM give handling information and precautions for use of
this product.
This Instruction Manual (Startup) provides essential information and precautions for use of this product. For more
detailed information, refer to the FR-A800 Instruction Manual (Detailed) in the CD-ROM enclosed with the
product.
Do not use this product until you have a full knowledge of the equipment, safety information and instructions.
Please forward this Instruction Manual (Startup) and the enclosed CD-ROM to the end user.
CC-Link IE现场网络通讯功能内置类型
使用手册(导入篇)(中文)
非常感谢您选择三菱电机通用变频器。
本使用手册(导入篇)与附带CD-ROM内的内容,包含变频器使用时的操作说明和注意事项。
本使用手册(导入篇)的内容,仅包含导入变频器时的要点及留意点。更详细的信息记载于附带CD-ROM内的FR-A800
使用手册(详细篇)中。
请在熟悉机器的知识,安全信息以及全部有关注意事项以后使用。
请将本使用手册(导入篇)与附带CD-ROM送至使用本产品的客户手中为盼。
800-GF

Advertisement

loading

Subscribe to Our Youtube Channel

Summary of Contents for Mitsubishi Electric 800 Series

  • Page 1 CC-Link IE Field Network communication function built-in type INSTRUCTION MANUAL (STARTUP) (ENGLISH) 800-GF Thank you for choosing this Mitsubishi Electric Inverter. This Instruction Manual (Startup) and the enclosed CD-ROM give handling information and precautions for use of this product. This Instruction Manual (Startup) provides essential information and precautions for use of this product. For more detailed information, refer to the FR-A800 Instruction Manual (Detailed) in the CD-ROM enclosed with the product.
  • Page 2 取扱説明書(導入編) (日本語) ─目  次─ インバータの据付けと注意事項 .................... 3 配線について ........................... 4 基本操作........................... 9 インバータを使用したシステムのフェールセーフについて..........11 インバータ使用上の注意...................... 11 パラメータ一覧 ........................13 据付、操作、機能などの詳細は取扱説明書(詳細編)を参照してください。 取扱説明書(詳細編)は同梱CD-ROM内のPDFデータでご覧いただくことができます。 また、右記からPDFデータのダウンロードも可能です。 この取扱説明書(導入編)は、ご使用いただく場合の取り扱い、留 警告 意点について述べてあります。 なお、この取扱説明書(導入編)は、ご使用になるお客様の手元に  PM モータは、回転子に高性能マグネットを内蔵した同期電動機のため、 届くようご配慮をお願いいたします。 インバータの電源を切った状態でもモータが回っている間は、モータの 端子には高電圧が発生しています。配線、保守点検はモータが停止して 安全上の注意 いることを確認して行ってください。ファン・ブロワなどモータが負荷 に回される用途では、インバータの出力側に低圧手動開閉器を接続し、 据付け、運転、保守、点検の前に必ずこの取扱説明書(導入編) 開閉器を開いて、配線、保守点検を行ってください。感電のおそれがあ とその付属書類をすべて熟読し、正しくご使用ください。機器の ります。 知識、安全の情報そして注意事項のすべてについて習熟してから  火災防止のために ご使用ください。...
  • Page 3 注意 注意 運搬・据付けについて 使用方法について  周囲湿度は 95%RH 以下(結露のないこと)でご使用ください。イン  ネットワーク経由による外部機器からの不正アクセス、DoS  攻撃、コ バータ故障の原因になります。 (詳細は ページを参照してください。 ) ンピュータウイルス、その他のサイバー攻撃に対して、インバータおよ  保存温度 (輸送時などの短時間に適用できる温度) は− 20 〜+ 65 ℃でご びシステムのセキュリティ ( 可用性、完全性、機密性 ) を保つ必要があ る場合は、ファイアウォールや VPN の設置、コンピュータへのアンチ 使用ください。インバータ故障の原因になります。  屋内(腐食性ガス、引火性ガス、オイルミスト・じんあいのないこと) ウイルスソフト導入などの対策を盛り込んでください。DoS 攻撃、不正 アクセス、コンピュータウイルス、その他のサイバー攻撃により発生す でご使用ください。インバータ故障の原因になります。 るインバータおよびシステムトラブル上の諸問題に対して、当社はその  標高 2500m 以下・5.9m/s ...
  • Page 4 インバータの据付けと注意事項  インバータ形名 A8   0 0.4K 記号 電圧クラス 記号 内容 記号 タイプ ∗1 記号 基板コーティング∗2 導体メッキ 記号 機能 200Vクラス 0.4〜280K インバータND定格容量(kW) なし なし なし CC-Link IEフィールド 400Vクラス 00023〜06830 インバータSLD定格電流(A) あり なし ネットワーク機能内蔵 06∗3 あり あり  タイプにより仕様が異なります。主な差異を下表に示します。 初期設定 タイプ モニタ出力 内蔵 EMC フィルタ 制御ロジック...
  • Page 5 端子結線図 配線について 端子結線図  FM タイプ FR-A820-15K(00770)〜22K(01250)、 FR-A840-18.5K(00470)〜55K(01800) ブレーキ抵抗器 DCリアクトル DCリアクトル ブレーキ抵抗器 ∗8 (FR-ABR)∗7∗8 (FR-HEL) ∗1 (FR-HEL)∗1 シンクロジック ブレーキユニッ ト ブレーキユニッ ト (オプション) (オプション) 主回路端子 制御回路端子 短絡片 短絡片 短絡片 接地 接地 ∗9 突入電流 抑制回路 R/L1 突入電流 S/L2 抑制回路 3相交流電源 T/L3 モータ R1/L11 EMCフィルタ...
  • Page 6 端子結線図  CA タイプ FR-A820-15K(00770)〜22K(01250)、 FR-A840-18.5K(00470)〜55K(01800) ブレーキ抵抗器 DCリアクトル DCリアクトル ブレーキ抵抗器 ∗8 (FR-ABR)∗7∗8 (FR-HEL) ∗1 (FR-HEL)∗1 ソースジック ブレーキユニッ ト ブレーキユニッ ト (オプション) (オプション) 主回路端子 制御回路端子 短絡片 短絡片 短絡片 接地 接地 ∗9 突入電流 抑制回路 R/L1 突入電流 S/L2 抑制回路 3相交流電源 T/L3 モータ R1/L11 EMCフィルタ 短絡片...
  • Page 7 主回路端子 主回路端子  主回路端子と接地端子の電線サイズなど 電圧降下が 2%以下となるように推奨の電線サイズを選定してください。 インバータとモータ間の配線距離が長い場合は、特に低速時、主回路ケーブルの電圧降下によりモータのトルクが低下します。 配線長が 20m の場合の選定例を下記に示します。 • 200V クラス(220V 受電、過負荷定格電流 150% 1 分の場合) 電線サイズ 圧着端子 締付 AWG/MCM  HIV 電線など(mm )  PVC 電線など(mm )       端子ねじ 適用インバータ形名 トルク R/L1 、 R/L1 、 R/L1 、 R/L1 、...
  • Page 8 制御回路端子 NOTE • 選定例は ND 定格時のものです。SLD 定格、LD 定格、HD 定格を選択した場合の選定は、取扱説明書(詳細編)を参照してください。 • 端子ねじは規定トルクで締め付けてください。締め付けが緩いと、短絡・誤動作の原因になります。締め過ぎると、ねじやユニットの破損による短絡・誤動作の原 因になります。 • 電源およびモータ配線の圧着端子は絶縁スリーブ付のものを推奨します。 制御回路端子  配線時の注意事項 • 制御回路端子への接続線の電線サイズは 0.3 〜 0.75 ㎜ を推奨します。 • 配線長は 30m(端子 FM は、200m)以下で使用してください。 • 制御回路の入力信号は微小電流のため接点を入れる場合には接触不良を防止するために微小信号用接点を2個以上並列 か、またはツイン接点を使用してください。 • ノイズの影響を受けないよう、制御回路端子への接続線はシールド線またはツイスト線を使用し、かつ主回路、強電 微小信号用接点 ツイン接点 回路(200V リレーシーケンス回路を含む)と分離して配線することが必要です。制御回路端子へ配線する電線の シールド線は、各端子のコモン端子に接続してください。ただし、端子 PC に外部電源を接続する場合、シールド線 は、外部電源のマイナス側に接続してください。制御盤などに直接接地しないでください。 • 異常出力端子 (A1 、 B1 、 C1、A2 、 B2 、 C2) には、リレーコイルやランプなどを必ず介してください。 •...
  • Page 9 CC-Link IE フィールドネットワーク機能  各部の名称 CC-Link IE フィールドネットワーク 通信基板 運転状態モニタ用 LED RUN D.LINK SD ERR RD L.ERR 通信用コネクタ (PORT2) 通信用コネクタ (PORT1) アースプレート NOTE • CC-Link IE フィールドネットワーク通信基板やアースプレートを取り外さないでください。  接続ケーブル 1000BASE-T の規格を満たす Ethernet ケーブルで配線してください。 Ethernet ケーブル コネクタ 規格 下記の規格を満たすケーブル。 カテゴリ 5e 以上、 • IEEE802.3 (1000BASE-T) RJ-45 コネクタ...
  • Page 10 操作パネル (FR-DU08)  Ethernet ケーブルの接続 • Ethernet ケーブルを脱着する際は、インバータの電源を OFF にしてください。 • PORT1 コネクタおよび PORT2 コネクタの区別は不要です。 • スター接続で 1 つのコネクタのみを使用する場合は、PORT1 コネクタおよび PORT2 コネクタのどちらでも接続できます。 • ライン接続およびリング接続で 2 つのコネクタを使用する場合は、PORT1 コネクタおよび PORT2 コネクタの接続順序に制約はありません。例えば、 PORT1 同士の接続や、PORT1-PORT2 の接続もできます。 PORT1同士、 PORT2同士の接続 PORT1-PORT2の接続 通信用 通信用 通信用 通信用 通信用 通信用...
  • Page 11 操作パネル (FR-DU08) 3.1.1 基本操作(出荷設定時) 運転モー ド切換/周波数設定 外部運転モー ド ∗1 (電源投入時) PU運転モー ド ∗1 PUJOG運転モー ド ∗1 フ リ ッカー (例) 周波数設定が書込み完了 ! ! 数値変更 出力電流モニタ ∗2 出力電圧モニタ ∗2 出力周波数モニタ (電源投入時) ∗2 現在設定値 を表示 フ リ ッカー (例) パラメータ書込み完了 ! ! 数値変更...
  • Page 12 インバータを使用したシステムのフェールセーフについて インバータは保護機能により異常を検出した場合、保護機能が動作し異常出力信号 (ALM) を出力します。しかし、検出回路や出力回路が故障した場合など、 インバータ異常時に異常出力信号が出力されないことがあります。メーカとしては品質には万全を期しておりますが、何らかの原因によりインバータが故障 した場合に機械の破損など事故につながらないようにインバータの各種状態出力信号を利用したインタロックをとるとともに、インバータが故障した場合を 想定し、インバータを介さず、インバータ外部にてフェールセーフが可能なシステム構成を検討してください。  インバータの各種状態出力信号を利用したインタロック方法 インバータの各種状態出力信号を組み合わせて利用し、下表の方法によりインタロックをとることで、インバータの異常を検出することが可能です。 インタロック方法 確認方法 使用する信号 参照ページ 異常接点の動作確認 インバータ保護機能動作 異常出力信号(ALM 信号) 取扱説明書(詳細編)5 章 負論理設定による回路故障の検出 インバータ稼動状態 運転準備完了信号確認 運転準備完了信号(RY 信号) 取扱説明書(詳細編)5 章 始動信号(STF 信号、STR 信号) インバータ運転状態 始動信号と運転中信号の論理チェック 取扱説明書(詳細編)5 章 運転中信号(RUN 信号) 始動信号(STF 信号、STR 信号) インバータ運転状態 始動信号と出力電流の論理チェック...
  • Page 13 • インバータの出力側には進相用コンデンサやサージキラー、ラジオノイズフィルタを取り付けないでください。 インバータトリップやコンデンサ、サージキラーの破損を引き起こします。接続されている場合は取り外してください。 • 電源を遮断した後しばらくの間はコンデンサが高圧で充電されていて危険です。 インバータ内部の点検を行う場合は電源を遮断した後でも、しばらくの間は平滑コンデンサが高圧状態にありますので、電源遮断後 10 分以上経過した後 にインバータ主回路端子 P/+ と N/- の間の電圧が十分に降下したことをテスタなどで確認してから行ってください。 • 操作パネルが を表示している場合は、24V 外部電源を OFF してから配線作業を行ってください。 • インバータ出力側での短絡、地絡はインバータモジュールを破損することがあります。 • 周辺回路不備による短絡の繰返し、あるいは結線不備、モータの絶縁抵抗低下による地絡はインバータモジュールを破損することがありますのでイン バータ運転前には回路の絶縁抵抗を十分確認してください。 • インバータ出力側の対地絶縁、相間絶縁は電源投入前に十分確認してください。 特に古いモータの場合、雰囲気の悪い場所の場合にはモータの絶縁抵抗などの確認を確実に行ってください。 • インバータ入力側の電磁接触器でインバータの始動・停止をしないでください。 入力側電磁接触器による頻繁な開閉は、電源投入時の突入電流の繰り返しにより、コンバータ部の寿命(開閉寿命は 100 万回程度)を短くするので、避 ける必要があります。インバータの始動停止は必ず始動信号(STF、STR 信号の ON/OFF)で行ってください。 (4 ページ参照) • P/+ 、 PR 端子は外付けブレーキ抵抗器以外の機器を接続しないでください。 機械式ブレーキは接続しないでください。...
  • Page 14 パラメータ一覧 インバータの単純な可変速運転は、初期設定値のままで運転ができるようになっています。負荷や運転仕様に合わせて必要なパラメータを設定してください。 パラメータの設定、変更および確認は操作パネル (FR-DU08) で行うことができます。 名  称 設定範囲 初期値 名  称 設定範囲 初期値 名  称 設定範囲 初期値 省エネ制御選択 0, 4, 9 第 3 トルクブースト 0 〜 30%, 9999 9999 6/4/3/2/  0 〜 500A,  第 3V/F( 基底周波数) 0 〜 590Hz, 9999 9999 0  トルクブースト 0 〜 30% 1% ...
  • Page 15 名  称 設定範囲 初期値 名  称 設定範囲 初期値 名  称 設定範囲 初期値  出力電流検出動作選択 0, 1, 10, 11 停止時ブレーキ動作時間 0 〜 5s 0.3s 367  速度フィードバック範囲 0 〜 590Hz, 9999 9999 減速度検出機能選択 0, 1  368  フィードバックゲイン 0 〜 100 メーカ設定用パラメータです。設定しないでください。 オーバースピード検出周波数 0 〜 30Hz,  369   PLG パルス数 0 〜...
  • Page 16 名  称 設定範囲 初期値 名  称 設定範囲 初期値 名  称 設定範囲 初期値 0 〜 6000mH,  稼動時間繰越し回数 (0 〜 65535) 0 第 2 ドループ折れ点ト 0.1 〜 100%,  9999 第 2 モータ定数 (L1)  9999  ルク 9999 第 2 モータ励磁電流折れ点 0 〜 400Hz, 9999 9999 / d 軸インダクタンス 9999 チューニングデータ単...
  • Page 17 名  称 設定範囲 初期値 名  称 設定範囲 初期値 名  称 設定範囲 初期値 出力制限レベル 0 〜 400%, 9999 9999 速度フィードフォワー 0 〜 1s 端子 4 ゲイン(トルク ドフィルタ (933)  0 〜 300% 100% 予備励磁選択 0, 1 / 磁束)  速度フィードフォワー 定出力領域トルク特性選択 0 〜 2, 10, 11 0 〜 400% 150% ドトルク制限...
  • Page 18 名  称 設定範囲 初期値 名  称 設定範囲 初期値 名  称 設定範囲 初期値 1038 デジタルソース選択 (1ch) 0 〜 2, 10 〜 0, 1, (2, 3, 4, 5,  1241 第 5 位置決め補助機能 12, 100 〜 102,  1480 負荷特性測定モード 81, 82, 83, 84,  1039 デジタルソース選択 (2ch) 110 〜 112 1040 デジタルソース選択 (3ch) 1242 第 6 位置決め加速時間 0.01 〜 360s 0 〜...
  • Page 19 付録 付録 1 欧州指令に対するための注意事項 欧州指令とは、EU 加盟国の国別の規制を統一し、EU 内で安全性が保証された製品の流通を円滑にする目的で発行された指令です。 1996 年に欧州指令の一つである EMC 指令への適合証明が法的に義務付けられています。また、1997 年からは欧州指令の一つである低電圧指令への適合も 法的に義務付けられています。EMC 指令および低電圧指令に適合していると製造者が認める製品には、製造者が自ら適合を宣言し、 CE マーク を表示す る必要があります。 • EU 域内販売責任者 EU 域内販売責任者は下記の通りです。 会社名 : Mitsubishi Electric Europe B.V. 住所 : Mitsubishi-Electric-Platz 1, 40882 Ratingen, Germany  EMC 指令について 本インバータは、EMC 指令への適合を自己宣言し、 CE マーク を表示しています。 • EMC 指令 : 2014/30/EU • 準拠規格 : EN61800-3:2004+A1:2012 (Second environment / PDS Category "C3") •...
  • Page 20 • インバータの入出力の配線は EN60204、IEC60364-5-52 に規定された線径、線種をお使いください。 • リレー出力 (端子記号 A1 、 B1 、 C1 、 A2 、 B2 、 C2) の使用容量は、 DC30V 、 0.3A としてください。 ( リレー出力は、 インバータ内部回路と基礎絶縁され ています。) • ページで示された制御回路端子は主回路に対して安全に絶縁されています。 • 環境(詳細は ページ参照) 運転中 保 存 輸送中 LD、ND(初期設定) 、HD: 0 〜+ 50 ℃ 周囲温度...
  • Page 21 付録 2 UL 、 cUL についての注意事項 (準拠規格 UL 508C, CSA C22.2 No.274-13)  据付け 盤内使用の製品として認定を取得しています。 インバータの周囲温度、湿度、雰囲気が仕様を満足するように盤を設計してください。 (3 ページ参照)  分岐回路保護について アメリカ合衆国内に設置する場合は National Electrical Code および現地の規格に従って、クラス T、クラス J、クラス CC、クラス L タイプのヒュー ズ、UL489 配線用遮断器(MCCB)または TypeE コンビネーションモータコントローラを使用してください。 カナダ国内に設置する場合は Canadian Electrical Code および現地の規格に従って、クラス T、クラス J、クラス CC、クラス L タイプのヒューズ、 UL489 配線用遮断器(MCCB)または TypeE コンビネーションモータコントローラを使用してください。 FR-A820 シリーズの場合は、クラス T、クラス J、クラス CC タイプのヒューズ、UL489 配線用遮断器(MCCB)または TypeE コンビネーション モータコントローラを使用してください。...
  • Page 22  モータ過負荷保護 モータ過負荷保護として電子サーマル機能を使用する場合は、Pr.9  電子サーマルにモータ定格電流を設定してください。 電子サーマル動作特性 モータの過負荷(過熱)を検出し、インバータの出力トランジスタの動作を 止め出力停止します。 (動作特性を左図に示します) Pr. 9=インバータ定格 Pr. 9=インバータ定格の の50%設定 ∗1, 2 100%設定 ∗2 • 三菱電機定トルクモータを使用する場合 30Hz以上 ∗3 (1) Pr.71 = 1、13 〜 16、50、53、54 に設定してください。 (低速 30Hz 以上 20Hz ∗3 ・ 動作領域 域で 100%連続トルク特性になります。 ) 10Hz 20Hz   特性曲線より右の領域 10Hz ・ 不動作領域 (2) Pr.9 にモータの定格電流を設定します。...
  • Page 23 付録 4 電器電子製品有害物質使用制限について 中華人民共和国の『電器電子製品有害物質使用制限管理弁法』に基づき、 「電器電子製品有害物質使用制限の標識」の内容を以下に記載いたします。 电器电子产品有害物质限制使用标识要求 环境保护使用 期限标识 本产品中所含有的有害物质的名称、含量、含有部件如下表所示。 ·产品中所含有害物质的名称及含量 有害物质  部件名称  铅 汞 镉 六价铬 多溴联苯 多溴二苯醚 (Pb) (Hg) (Cd) (Cr(VI)) (PBB) (PBDE) 电路板组件 (包括印刷电路板及 其构成的零部件, × ○ × ○ ○ ○ 如电阻、电容、集成电路、连接器 等) 、电子部件 金属壳体、金属部件 × ○...
  • Page 24 「保証について」 ご使用に際しましては、以下の製品保証内容をご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。 1. 無償保証期間と無償保証範囲 無償保証期間中に、製品に当社側の責任による故障や瑕疵(以下併せて「故障」と呼びます)が発生した場合、当社はお買い上げいただきました販売店ま たは当社サービス会社を通じて、無償で製品を修理させていただきます。ただし、国内および海外における出張修理が必要な場合は、技術者派遣に要する 実費を申し受けます。また、故障ユニットの取替えに伴う現地再調整・試運転は当社責務外とさせていただきます。 【無償保証期間】 製品の無償保証期間は、お客様にてご購入後またはご指定場所に納入後12ヶ月とさせていただきます。 ただし、当社製品出荷後の流通期間を最長6ヶ月として、製造から18ヶ月を無償保証期間の上限とさせていただきます。また、修理品の無償保証期間は、 修理前の無償保証期間を超えて長くなることはありません。 【無償保証範囲】 (1) 一次故障診断は、原則として貴社にて実施をお願い致します。 ただし、貴社要請により当社、または当社サービス網がこの業務を有償にて代行することができます。 この場合、故障原因が当社側にある場合は無償と致します。 (2) 使用状態・使用方法、および使用環境などが、取扱説明書、ユーザーズマニュアル、製品本体注意ラベルなどに記載された条件・注意事項などにし たがった正常な状態で使用されている場合に限定させていただきます。 (3) 無償保証期間内であっても、以下の場合には有償修理とさせていただきます。 • お客様における不適切な保管や取扱い、不注意、過失などにより生じた故障およびお客様のハードウェアまたはソフトウェア設計内容に起因した 故障。 • お客様にて当社の了解なく製品に改造などの手を加えたことに起因する故障。 • 当社製品がお客様の機器に組み込まれて使用された場合、 お客様の機器が受けている法的規制による安全装置または業界の通念上備えられている べきと判断される機能・構造などを備えていれば回避できたと認められる故障。 • 取扱説明書などに指定された消耗部品が正常に保守・交換されていれば防げたと認められる故障。 • 消耗部品(コンデンサ、冷却ファンなど)の交換。 • 火災、異常電圧などの不可抗力による外部要因および地震、雷、風水害などの天変地異による故障。 • 当社出荷当時の科学技術の水準では予見できなかった事由による故障。 • その他、当社の責任外の場合またはお客様が当社責任外と認めた故障。 2....
  • Page 25  同梱 CD-ROM について 同梱 CD-ROM 内には、本製品に関わる各種取扱説明書の PDF が収録されています。  同梱 CD-ROM をご使用になる前に • 同梱 CD-ROM は、三菱電機株式会社の著作物であり、これらに関する著作権その他の権利は、すべて三菱電機株式会社に帰属します。 • 同梱 CD-ROM の一部または全部を、当社の許諾なしに無断で使用、複製することはその形態を問わず禁じます。 • 同梱 CD-ROM は、改良のため予告なく変更することがあります。 • 同梱 CD-ROM を運用した結果による損害、または逸失利益等については、一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。 • 商標について Microsoft、Windows、Windows Vista および Internet Explorer は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。 Adobe および Adobe Reader は、Adobe Systems Incorporated の米国およびその他の国における登録商標です。 Intel および Pentium は、Intel Corporation の米国およびその他の国における商標です。 その他の記載してある会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。 • 保証について 同梱...
  • Page 26 FR-A800 取扱説明書(詳細編)ご要求用紙 取扱説明書(詳細編)は同梱CD-ROM内のPDFデー タでご覧いただ く こ とがで き ます。 ま た、 三菱電機FAサイ ト からPDFデー タのダウ ン ロー ド も可能です。 www.MitsubishiElectric.co.jp/fa 印刷物のご要求に当たっ ては、この要求用紙を切 り 取 り 、ご連絡先等を必ず記入いただいたのち、下記の送信先まで ∗1 FAXいただければ、直接発送いた し ます。 (本紙にご記入いただいた) お客様の個人情報は、 適切に管理し、 当社が取 り 扱う 商品 ・ サー ビスお よ び関連するサー ビス のご紹介等、...
  • Page 27 取扱説明書(詳細編)ご要求FAX番号 050-3737-0441  *おかけ間違いのないように、FAX 番号をよくお確かめください。 改 訂 履 歴 *取扱説明書番号は、本説明書の裏表紙の左下に記載してあります。 * 改訂年月 改   訂   内   容 取扱説明書番号 2015 年 6 月 IB( 名 )-0600600-A 初版印刷 2015 年 8 月 IB( 名 )-0600600-B 追加 • 英文、中文記載 2016 年 10 月 IB( 名 )-0600600-C 追加 • 始動回数モニタ(Pr.1410、Pr.1411) •...
  • Page 28 FR-A800/FR-A800 Plus シリーズ 取扱説明書 追加説明書 エマージェンシードライブ 磁束 磁束 磁束 センサレス センサレス センサレス 火災発生などの緊急時に、インバータが異常を検知しても保護機能を動作させないで、強制的に運転を続けてモー タを駆動するための機能です。モータを駆動することを最優先するため、モータやインバータが破損する場合があ ります。緊急運転用として使用してください。インバータが破損に至る異常が発生した場合に、商用運転に切換え て運転継続することもできます。 エマージェンシードライブは標準構造品、IP55 対応品のみ使用できます。 初期値 名称 設定範囲 内容 100、111、112、121、 122、123、124、 200、211、212、221、 222、223、224、 エマージェンシードライブの運転モードを選択 523  エマージェンシードラ 300、311、312、321、 します。 9999 イブモード選択 H320 322、323、324、 400、411、412、421、 422、423、424 9999 エマージェンシードライブ無効 エマージェンシードライブ固定周波数モードの 運転周波数を設定します。 (Pr.523 で固定周波数 0 〜...
  • Page 29  結線例 • 以下にエマージェンシードライブ(商用モード)の結線例を示します。 R/L1 S/L2 T/L3 エマージェンシードライブ実行中 エマージェンシードライブ実行 エマージェンシードライブ中異常出力 ALM3 インバータ/商用切換 リセット DC24V シーケンス出力端子の容量に注意してください。 使用する端子は、Pr.190 〜 Pr.196 ( 出力端子機能選択 ) の設定により異なります。 出力端子容量 出力端子許容負荷 本体オープンコレクタ出力 DC24V 0.1A (RUN、SU、IPF、OL、FU) 本体リレー出力 (A1-C1、B1-C1、A2-B2、B2-C2) AC230V 0.3A リレー出力オプション DC30V 0.3A (FR-A8AR) DC 電源を接続する場合は、保護ダイオードを入れてください。 AC 電源を接続する場合は、本体リレー出力またはリレー出力オプション(FR-A8AR)の接点出力を使用してください。 使用する端子は、Pr.180 〜 Pr.189 ( 入力端子機能選択 ) の設定により異なります。 使用する端子は、Pr.190 〜...
  • Page 30  エマージェンシードライブ実行シーケンス • X84 信号を 3s 間 ON すると、エマージェンシードライブが実行されます。 • エマージェンシードライブ実行中は、Y65 信号が ON します。 • エマージェンシードライブ実行中は、操作パネルに “ED” を表示します。 • エマージェンシードライブ実行中に異常が発生した場合は、ALM3 信号が ON します。 • エマージェンシードライブを実行するには、 下記の条件がすべて成立した状態で X84 信号を 3s 間 ON してくだ さい。 項目 条件 エマージェンシードライブ Pr.523≠“9999” パラメータ設定 Pr.524≠“9999”(Pr.523=“100、200、300、400”の場合は設定不要) 下記いずれかの制御方式(Pr.800=“9、10、20、109、110”)(Pr.451=“10、20、110、 9999”)...
  • Page 31 • エマージェンシードライブ機能運転の動作は以下のとおりです。 (リトライ出力遮断モードおよび固定周波数 モード(Pr.523 = “211”) ) エマージェンシードライブ継続 エマージェンシードライブ終了 重大異常以外(E.PUEなど)は運転継続 重大異常でリトライ ALM3 周波数 Pr.524 フリーラン モータ回転数 時間 リトライ待ち時間 Pr.514 エマージェンシードライブ実行中 通常運転 • エマージェンシードライブ実行中にエマージェンシードライブ商用運転切換 (CS 信号使用 ) する場合(エマー ジェンシードライブ商用切換あり設定時)の動作は以下のとおりです。 (商用モードおよび固定周波数モード (Pr.523 = “411”) ) エマージェンシードライブ継続 電源 指令 MC遅れ Pr.136 実動作 MC遅れ 周波数...
  • Page 32  エマージェンシードライブ動作選択(Pr.523、Pr.524) • Pr.523 エマージェンシードライブモード選択でエマージェンシードライブの動作を選択します。設定値 100 の 位はエマージェンシードライブ実行中に有効な保護機能(重大異常)が動作した場合の動作を表します。1 の 位と 10 の位は運転方法を表します。 Pr.523 設定値 エマージェンシードライブ運転モード 内容 1[][] 出力遮断モード 重大異常発生時は出力遮断 重大異常発生時はリトライ動作を行います。 (リトライ不可異 常の場合は出力遮断) 2[][] リトライ出力遮断モード リトライ不可の重大異常発生時やリトライ回数オーバー時は 出力遮断します。 エマージェンシー ドライブ実行中に 重大異常発生時はリトライ動作を行います。 (リトライ不可異 重大異常が発生し 常の場合は商用運転切換え) た場合の動作選択 リトライ不可の重大異常発生時やリトライ回数オーバー時は リトライ商用モード 3[][] 商用運転に切り換えます。Pr.515 = “9999” の場合は、リト ライ回数を 200 回に到達すると、商用運転に切り換わりま す。...
  • Page 33  エマージェンシードライブ商用切換え(Pr.136、Pr.139、Pr.57) • 商用モード(Pr.523 = “3[][]、4[][]”)を選択する場合は、以下の設定をしてください。 Pr.136 MC 切換インタロック時間、Pr.139 インバータ商用自動切換周波数を設定し、出力端子に MC2、MC3 信 号を割り付けてください。 入力端子に CS 信号を割り付けている場合は、Pr.57 再始動フリーラン時間≠ “9999” とし、CS 信号を外部端子 により ON してください。 (初期設定で、端子 CS に CS 信号が割り付けられています。 ) V/F 制御、アドバンスト磁束ベクトル制御またはリアルセンサレスベクトル制御(PM センサレスベクトル制御 時は、商用運転に切り換わらず出力遮断となります。 ) • エマージェンシードライブ実行中、以下のいずれかの条件で商用運転に切り換えます。 CS 信号 OFF Pr.523=“3[][]” 設定で、リトライ不可の重大アラーム発生 Pr.523=“4[][]” 設定で、重大アラーム発生 •...
  • Page 34  エマージェンシードライブ実行時の PID 制御 • PID 制御モードでエマージェンシードライブ実行中は、 Pr.524 の設定値を目標値として PID 制御で運転します。 測定値は Pr.128 または Pr.753 で選択した方法で入力してください。 • エマージェンシードライブで PID 制御モードを選択した場合、PID 制御の設定により、エマージェンシードラ イブ中の PID 動作は以下のようになります。 PID 制御の動作 項目 目標 / 測定値入力設定の場合 偏差入力設定の場合 PID 制御設定なしの場合 測定値入力選択(Pr.128、Pr.753) 保持 端子 4 入力 端子 4 入力 正動作...
  • Page 35 • エマージェンシードライブ実行中の異常出力は、以下のようになります。 Pr.190 〜 Pr.196 設定値 信号 内容 正論理 負論理 エマージェンシードライブ実行中は上記の「リトライ」 「出力遮断」となる異常が 発生した場合に ON します。 エマージェンシードライブ実行中に異常が発生した場合に出力します。 ALM3 エマージェンシードライブ実行中は保護機能動作の対象にならない異常が発生し た場合は、3s 間 ON のあと OFF します。  入力信号の動作 • 固定周波数モードまたは PID 制御モードでエマージェンシードライブ実行中は、エマージェンシードライブに 関係しない入力信号は一部を除いて無効になります。 • 固定周波数モードまたは PID 制御モードでエマージェンシードライブ実行中に、無効にならない入力信号は、 以下のように機能します。 入力信号の状態 固定周波数モード PID 制御モード OH、X31 、X32、X41 、TRG、TRC、X51、RES、...
  • Page 36 正転中、逆転中信号(Y30、Y31 信号) 正転中(Y30)信号、逆転中(Y31)信号が PLG フィードバック制御に対応しました。 • ベクトル制御または PLG フィードバック制御時、モータの実回転より正転中(Y30)信号、逆転中(Y31)信号 を出力します。 NOTE • Y30 信号、Y31 信号の詳細は取扱説明書(詳細編)または取扱説明書(機能編)を参照してください。 BCN-C22005-957...
  • Page 37 FR-A800 シリーズ /FR-A800Plus シリーズ 取扱説明書 追加説明書 内部素子異常 (E.PE6) インバータの記憶素子チェック機能を追加しています。 インバータ内部の記憶素子にデータ異常が発生した場合に保護機能(E.PE6) が動作します。 Pr.890 の読出し値が “7” 以下の場合、パラメータオールクリア後にインバータリセットを行うことで、正常状態に 戻すことが可能です。 (パラメータオールクリア前に変更していたパラメータの再設定が必要です。 ) 操作パネル表示 E.PE6 FR-LU08 表示 その他エラー 名称 内部素子異常 パラメータ操作中 に、電源遮断によりデータ書き込みに失敗した場合、もしくは記憶素子のデー 内容 タ異常がある場合に、インバータリセットを実施すると発生します。 チェックポイント パラメータ操作中に電源遮断が発生していないか。 電源や電源系統機器を調査し、異常がないことを確認してください。 • パラメータ操作中の電源遮断に E.PE6 が発生した場合 Pr.890 の読出し値を確認し、“7” 以下であればパラメータオールクリア後にインバータリセットを 処置 実施してください。パラメータオールクリア前に変更していたパラメータを再設定してください。 •...
  • Page 38 端子 P3 に関する注意事項(200V/400V クラスのみ) 端子 P3 について、取扱説明書の記載内容に誤りがありますので、下記のように訂正いたします。  主回路端子の説明 端子 P3 はブレーキ抵抗器を接続するときのみ使用してください。 【訂正前】 端子記号 端子名称 端子機能説明 ブレーキ抵抗器接続 端子P3−PR間にオプションのブレーキ抵抗器を接続します。 P3、PR FR-A820-15K(00770)〜22K(01250) ブレーキ抵抗接続でさらに回生制動力を得ることができます。 FR-A840-18.5K(00470)〜55K(01800) ブレーキユニット(FR-BU2、FR-BU、BU)、電源回生共通コンバータ (FR-CV)、電源回生コンバータ(MT-RC)、高力率コンバータ(FR-HC2)、 P/+、N/- ブレーキユニット接続 多機能回生コンバータ(FR-XC)、直流電源(直流給電モード時)を接 続します。 FR-A820-15K(00770)〜22K(01250)、FR-A840-18.5K(00470)〜 55K(01800)でFR-CV、FR-HC2、FR-XCなどを使用し、インバータ複数 ブレーキユニット接続 台を並列接続するときは、端子P/+とP3どちらか一方のみを使用し P3、N/- FR-A820-15K(00770)〜22K(01250) て接続してください。(端子P/+とP3を混在させないでください。) FR-A840-18.5K(00470)〜55K(01800) P3、N/-間には直流電源を接続しないでください、直流給電時は端子 P/+、N/-を使用してください。 【訂正後】 端子記号 端子名称...
  • Page 39  別置形オプションユニットとの接続 ブレーキユニット(FR-BU2、FR-BU、BU) 、電源回生共通コンバータ (FR-CV)、電源回生コンバータ (MT-RC)、高力 率コンバータ (FR-HC2)、多機能回生コンバータ (FR-XC)、直流電源(直流給電モード時)を接続する場合、インバー タ側は端子 P/+ に接続してください。 (端子 P3 は使用しないでください。 ) 下記に、FR-BU2(GRZG 形放電抵抗器)との接続例を示します。 OCR接点 T  GRZG形 放電抵抗器 モータ R/L1 外部サーマル リレー S/L2 3相交流電源 T/L3 FR-BU2 インバータ 10m以下 FR-BU2 ( GRZG形放電抵抗器) との接続例 BCN-C22005-969...
  • Page 40 ●アフターサービスネットワーク 三菱電機システムサービス株式会社が24時間365日受付体制でお応えします。 ●サービス網一覧表(三菱電機システムサービス株式会社) ●24時間受付サービス拠点 時間外修理受付窓口 サービス拠点名 番号 住所 電話番号 ファックス専用 【機器全般】*2 北日本支社 〒983-0013 仙台市宮城野区中野1-5-35 (022)353-7814 (022)353-7834 北海道支店 〒004-0041 札幌市厚別区大谷地東2-1-18 (011)890-7515 (011)890-7516 東京機電支社 〒108-0022 東京都港区海岸3-9-15 (03)3454-5521 (03)5440-7783 神奈川機器サービスステーション 〒224-0053 横浜市都筑区池辺町3963-1 (045)938-5420 (045)935-0066 関越機器サービスステーション 〒338-0822 さいたま市桜区中島2-21-10 (048)859-7521 (048)858-5601 新潟機器サービスステーション 〒950-0087 新潟市中央区東大通2-4-10 (025)241-7261 (025)241-7262 中部支社...
  • Page 41 お問い合わせは下記へどうぞ 三菱電機FA機器電話, FAX技術相談 ※1 ●電話技術相談窓口  受付時間  月曜〜金曜 9:00〜19:00、土曜・日曜・祝日 9:00〜17:00 対象機種 電話番号 自動窓口案内 052-712-2444 産業用 PC MELIPC(MI5000/2000/1000) ※2 エッジコンピューティング製品 052-712-2370 Edgecross 対応ソフトウェア(MTConnect データコレクタを除く) MELSEC iQ-R/Q/L/QnAS/AnS シーケンサ一般 052-711-5111 ※3 MELSEC iQ-F/FX シーケンサ全般 052-725-2271 ネットワークユニット / シリアルコミュニケーションユニット 052-712-2578 MELSOFT シーケンサプログラミングツール MELSOFT GX シリーズ 052-711-0037 MELSOFT 統合エンジニアリング環境 MELSOFT iQ Works (Navigator) ※2 052-799-3591 iQ Sensor Solution MELSOFT 通信支援ソフトウェアツール MELSOFT MX シリーズ ※2 MELSEC パソコンボード...
  • Page 42: Table Of Contents

    INSTRUCTION MANUAL (STARTUP) (ENGLISH) ─CONTENTS─ INVERTER INSTALLATION AND PRECAUTIONS ............3 WIRING........................... 4 BASIC OPERATION ...................... 9 FAILSAFE SYSTEM WHICH USES THE INVERTER ..........11 PRECAUTIONS FOR USE OF THE INVERTER ............11 Parameter list ......................13 This Instruction Manual provides handling information and WARNING precautions for use of the equipment.
  • Page 43 Instruction Manual of the PM motor. WARNING Application of caution labels Caution labels are used to ensure safety during use of Mitsubishi Electric Usage inverters.  Stay away from the equipment when the retry function is set as it will Apply the following labels to the inverter if the "retry function"...
  • Page 44: Inverter Installation And Precautions

    INVERTER INSTALLATION AND PRECAUTIONS  Inverter model FR - A8 0 00046 Symbol Voltage class Symbol Description Symbol Type ∗1 Symbol Circuit board coating ∗2 Plated conductor Symbol Function 00023 to 06830 Inverter SLD rated current (A) With built-in CC-Link IE 200 V class None Without...
  • Page 45: Wiring

    Terminal connection diagrams WIRING Terminal connection diagrams  FM type FR-A820-00770(15K) to 01250(22K), FR-A840-00470(18.5K) to 01800(55K) DC reactor Brake resistor  (FR-HEL)  Brake resistor Brake unit DC reactor (FR-ABR)   (Option) (FR-HEL)  Sink logic Brake unit Jumper (Option) Main circuit terminal Earth (Ground) Control circuit terminal Jumper...
  • Page 46 Terminal connection diagrams  CA type FR-A820-00770(15K) to 01250(22K), FR-A840-00470(18.5K) to 01800(55K) DC reactor Brake resistor  (FR-HEL)  Brake resistor Brake unit DC reactor (FR-ABR)   (Option) (FR-HEL)  Source logic Brake unit Jumper (Option) Main circuit terminal Earth (Ground) Control circuit terminal Jumper Jumper Earth...
  • Page 47 Main circuit terminals Main circuit terminals  Cable gauge of main circuit terminals and earth (ground) terminals Use an appropriate cable gauge to suppress the voltage drop to 2% or less. If the wiring distance is long between the inverter and motor, the voltage drop in the main circuit will cause the motor torque to decrease especially at a low speed. The following table indicates a selection example for the wiring length of 20 m.
  • Page 48 Control circuit terminal NOTE • The selection example is for the ND rating. For selecting the SLD rating, LD rating, or HD rating, refer to the Instruction Manual (Detailed). • Tighten the terminal screw to the specified torque. A screw that has been tightened too loosely can cause a short circuit or malfunction. A screw that has been tightened too tightly can cause a short circuit or malfunction due to the unit breakage.
  • Page 49 • Support of the auto-negotiation function • Switching hub (layer 2 switch)   A repeater hub is not available. Operation is not guaranteed if the hubs do not meet these conditions. Industrial switching hub Type Manufacturer NZ2EHG-T8 Mitsubishi Electric Corporation WIRING...
  • Page 50: Basic Operation

    BASIC OPERATION Operation panel (FR-DU08) Name Description The setting dial of the Mitsubishi Electric inverters. Turn the setting dial to change the setting of frequency or parameter, etc. Press the setting dial to perform the following operations: Setting dial • To display a set frequency in the monitoring mode (The monitor item shown on the display can be changed by using Pr.992.)
  • Page 51 Operation panel (FR-DU08) 3.1.1 Basic operation (factory setting) Operation mode switchover/Frequency setting External operation mode At power-ON) PU Jog operation mode PU operation mode Alternating (Example) Frequency setting written and complete. Value change Second screen Third screen (Output current monitoring) (Output voltage monitoring) First screen (Output frequency...
  • Page 52: Failsafe System Which Uses The Inverter

    When a fault is detected by the protective function, the protective function activates and output a Fault (ALM) signal. However, a fault signal may not be output at an inverter's fault occurrence when the detection circuit or output circuit fails, etc. Although Mitsubishi Electric assures the best quality products, provide an interlock which uses inverter status output signals to prevent accidents such as damage to the machine when the inverter fails for some reason.
  • Page 53 • Electrical corrosion of the bearing When a motor is driven by the inverter, axial voltage is generated on the motor bearing, which may cause electrical corrosion of the bearing in rare cases depending on: condition of the grease used for the bearing, wiring, load, operating conditions of the motor, or specific inverter settings (high carrier frequency, EMC filter ON).
  • Page 54: Parameter List

    PARAMETER LIST For simple variable-speed operation of the inverter, the initial values of the parameters may be used as they are. Set the necessary parameters to meet the load and operational specifications. Parameter setting, change and check can be performed from the operation panel (FR-DU08). Setting Initial Setting...
  • Page 55 Setting Initial Setting Initial Setting Initial Name Name Name range value range value range value 0.1 to 1000%, STF terminal function Power failure PID proportional band 100% 9999 selection deceleration time 0 to 590Hz 60/50Hz  switchover frequency 0.1 to 3600s, STR terminal function PID integral time 9999...
  • Page 56 Setting Initial Setting Initial Setting Initial Name Name Name range value range value range value RS-485 communication 0 to 31 (0 to PLC function operation First target position 0 to 2, 11, 12 station number 247) selection lower 4 digits 3, 6, 12, 24, 48, Inverter operation lock First target position...
  • Page 57 Setting Initial Setting Initial Setting Initial Name Name Name range value range value range value Frequency command Cumulative pulse Induced voltage 0 to 5000mV/ 0, 1 1 to 16384 9999   sign selection division scaling factor constant (phi f) (rad/s), 9999 USB communication Control terminal option-...
  • Page 58 Setting Initial Setting Initial Setting Initial Name Name Name range value range value range value 0 to 6, 9 to 14, Control terminal option- Terminal 4 frequency Control method 0 to 590Hz 60/50Hz  20, 100 to 106,  Signal loss detection (905) setting gain frequency ...
  • Page 59 Setting Initial Setting Initial Setting Initial Name Name Name range value range value range value 0 to 59, 100 to Excitation current Fifth positioning dwell 1108 0 to 5s, 9999 9999 1240 0 to 20000ms 159, 200 to 259, monitor filter time 300 to 359, ...
  • Page 60 01800(55K) or lower Setting Initial Name  For FR-A820-03800(75K) or higher and FR-A840- range value 02160(75K) or higher  For FR-A820-00490(7.5K) or lower and FR-A840- Home position shift 1285 0 to 9999 00250(7.5K) or lower amount lower 4 digits  For FR-A820-00630(11K) or higher and FR-A840- Home position shift 00310(11K) or higher...
  • Page 61 Directive, the manufacturer must declare the conformity and affix the CE marking. • The authorized representative in the EU The authorized representative in the EU is shown below. Name: Mitsubishi Electric Europe B.V. Address: Mitsubishi-Electric-Platz 1, 40882 Ratingen, Germany  EMC Directive We declare that this inverter conforms with the EMC Directive and affix the CE marking on the inverter.
  • Page 62 • To use the inverter of FR-A820-01250(22K) or lower and FR-A840-00620(22K) or lower (IP20) outside of an enclosure in the environment of pollution degree 2, fix a fan cover with fan cover fixing screws enclosed. Fan cover Fan cover fixing screw fixing screw Fan cover Fan cover...
  • Page 63 (When Pr. 9 setting is 0(A))  When you set the electronic thermal relay function dedicated to the Mitsubishi Electric constant-torque motor, this characteristic curve applies to operation at 6 Hz or higher. ...
  • Page 64 Model Manufacturer Rated Voltage, Vac MMP-T32 Mitsubishi Electric Corp. 480Y/277  Suitable for use in a circuit capable of delivering not more than 50 or 25 kA rms symmetrical amperes, 480Y/277 volts maximum when protected by the Type E combination motor controllers indicated in the above table.
  • Page 65 (When Pr. 9 setting is 0(A)) percentage to the rated motor current.  When you set the electronic thermal relay function dedicated to the Mitsubishi Electric constant-torque motor, this characteristic curve applies to operation at 6 Hz or higher. ...
  • Page 66 1 to 9, X (October), Y (November), or Z (December). • Authorized sales representative (importer) in the CU area The authorized sales representative (importer) in the CU area is shown below. Name: Mitsubishi Electric (Russia) LLC Address: 52, bld 1 Kosmodamianskaya Nab 115054, Moscow, Russia Phone: +7 (495) 721-2070...
  • Page 67 Appendix 4 Restricted Use of Hazardous Substances in Electronic and Electrical Products The mark of restricted use of hazardous substances in electronic and electrical products is applied to the product as follows based on the “Management Methods for the Restriction of the Use of Hazardous Substances in Electrical and Electronic Products” of the People's Republic of China. 电器电子产品有害物质限制使用标识要求...
  • Page 68 4. Exclusion of responsibility for compensation against loss of opportunity, secondary loss, etc. Regardless of the gratis warranty term, Mitsubishi Electric shall not be liable for compensation to: Damages caused by any cause found not to be the responsibility of Mitsubishi Electric.
  • Page 69 • The copyright and other rights of the enclosed CD-ROM all belong to Mitsubishi Electric Corporation. • No part of the enclosed CD-ROM may be copied or reproduced without the permission of Mitsubishi Electric Corporation. • Specifications of the enclosed CD-ROM are subject to change for modification without notice.
  • Page 70 REVISIONS *The manual number is given on the bottom left of the back cover. Revision date *Manual number Revision Aug. 2015 IB(NA)-0600600-B First edition Oct. 2016 IB(NA)-0600600-C Added • Start count monitor (Pr.1410, Pr.1411) • Enhanced functions in the position command source selection (Pr.419 = 10, 100, 110, 1110) •...
  • Page 71 FR-A800/A800 Plus Series Instruction Manual Supplement Emergency drive Magnetic flux Magnetic flux Magnetic flux Sensorless Sensorless Sensorless This function is used in case of emergency such as a fire to forcibly continue inverter operation to drive a motor without activating protective functions even if the inverter detects a fault. Using this function may cause damage of the motor or the inverter because driving the motor is given the highest priority.
  • Page 72  Connection diagram • A connection diagram of the emergency drive (commercial mode) is as follows. MCCB R/L1 S/L2 T/L3 Emergency drive in operation Emergency drive execution Fault output during emergency drive ALM3 Inverter/bypass Reset 24VDC Be careful of the capacity of the sequence output terminals. The applied terminals differ by the settings of Pr.190 to Pr.196 (Output terminal function selection).
  • Page 73  Emergency drive execution sequence • When the X84 signal is ON for 3 seconds, the emergency drive is activated. • The Y65 signal turns ON during emergency drive operation. • "ED" appears on the operation panel during emergency drive operation. •...
  • Page 74 • The following diagram shows the operation of the emergency drive function (in the retry / output shutoff mode or in the fixed frequency mode (Pr.523 = "211")). Emergency drive continued Emergency drive finished Continuous operation except in case of critical faults (such as E.PUE) Retry in case of critical faults ALM3...
  • Page 75  Emergency drive operation selection (Pr.523, Pr.524) • Use Pr.523 Emergency drive mode selection to select the emergency drive operation. Set a value in the hundreds place to select the operation when a valid protective function is activated (critical fault) during emergency drive.
  • Page 76  Electronic bypass during emergency drive (Pr.136, Pr.139, Pr.57) • For selecting the commercial mode (Pr.523 = "3[][], 4[][]"), setting is required as follows. Set Pr.136 MC switchover interlock time and Pr.139 Automatic switchover frequency from inverter to bypass operation and assign MC2 and MC3 signals to output terminals. When the CS signal is assigned to an input terminal, set Pr.57 Restart coasting time ≠...
  • Page 77  PID control during emergency drive operation • During emergency drive operation in the PID control mode, the operation is performed under PID control using the Pr.524 setting as a set point. Input the measured values in the method set in Pr.128 or Pr.753. •...
  • Page 78 • The fault output during emergency drive operation is as follows. Pr.190 to Pr.196 setting Signal Description Positive Negative logic logic Turns ON at the occurrence of a fault that causes the above-mentioned "retry" or "output shutoff" during emergency drive operation. Output when a fault occurs during emergency drive operation.
  • Page 79 Forward rotation output (Y30) signal and Reverse rotation output (Y31) signal The Forward rotation output (Y30) signal and Reverse rotation output (Y31) signal become available under encoder feedback control. • Under Vector control or encoder feedback control, the Forward rotation output (Y30) signal or the Reverse rotation output (Y31) signal is output according to the actual rotation direction of the motor.
  • Page 80 FR-A800/A800 Plus Series Instruction Manual Supplement Internal storage device fault (E.PE6) The operation of the storage device in the inverter can be checked. If a data fault occurs in the storage device in the inverter, the protective function (E.PE6) is activated. When the read value of Pr.890 is "7"...
  • Page 81 Note for terminal P3 (200/400 V class only) Some descriptions about terminal P3 are incorrect in the Instruction Manual. The descriptions are corrected as follows.  Details on the main circuit terminals Use terminal P3 only when a brake resistor is connected. [Incorrect] Terminal Terminal name...
  • Page 82  Connection of stand-alone option units When the brake unit (FR-BU2, FR-BU, BU), power regeneration common converter (FR-CV), power regeneration converter (MT-RC), high power factor converter (FR-HC2), multifunction regeneration converter (FR-XC), or DC power supply (under DC feeding mode) is connected, use terminal P/+ of the inverter. (Do not use terminal P3.) The following diagram shows the connection example with the FR-BU2 (GRZG type discharging resistor).
  • Page 83 GR-18542 Piraeus SE- 223 55 Lund Phone: +30 (0)211 / 1206-900 Phone: +46 (0) 8 625 10 00 Fax: +30 (0)211 / 1206-999 Mitsubishi Electric Turkey Elektrik Ürünleri A.Ş. TURKEY MELTRADE Kft. HUNGARY Fabrika Otomasyonu Merkezi Fertő utca 14. Şerifali Mahallesi Nutuk Sokak No.5 HU-1107 Budapest TR-34775 Ümraniye-İSTANBUL...
  • Page 84 使用手册 (导入篇) (中文) ─目  录─ 变频器的安装和注意事项 .......... 3 接线 ............4 基本操作 ............9 关于使用变频器的故障自动保险系统 ....... 11 变频器使用上的注意事项 ......... 11 参数一览表 ............. 13  防止火灾 本使用手册 (导入篇)将对本产品的使用及注意点进行说明。 此外,请务必将本使用手册 (导入篇)送至使用本产品的客户手中为 注意 盼。  变频器应安装在无孔的不可燃壁上 (避免从背后触及变频器散热 安全注意事项 片) 。直接安装在易燃物上或靠近易燃物品 , 会导致火灾。 在仔细阅读本使用手册(导入篇)及附属资料并能正确使用前,请勿  变频器发生故障时,应将变频器的电源断开。若持续地流过大电 安装、操作、维护或检查变频器。在熟悉机器的知识、安全信息以...
  • Page 85 注意 注意 接线 异常时的处理  在变频器的输出侧请勿安装移相电容器或浪涌吸収器、无线电噪  为防止机器和设备在变频器或控制变频器的外部设备发生故障时 声滤波器等。否则可能因过热而导致变频器烧毁。 处于危险状态,应设置紧急制动等安全备用装置。  应正确连接输出侧 ( 端子 U、V、W)。电机将为逆转。  变频器输入侧的断路器脱扣,可能是因为接线异常 (短路等)或  即使切断了电源,PM 电机在旋转时,在 PM 电机的连接端子 U、V、 变频器内部部件的破损。查明断路器脱扣的原因,排除故障后再 W 上仍然会产生高电压,请务必确认了 PM 电机已停止后再进行接 接上断路器。 线。否则有可能触电。  保护功能启动时,采取相应的措施,复位变频器,重新启动运  请一定勿将 PM 电机连接到工频电源上。 行。 如果在 PM 电机的输入端子 (U,V,W) 上外加工频电源,将烧毁 维护, 检查和部件更换...
  • Page 86 变频器的安装和注意事项  变频器型号 根据类型不同规格不同。主要的差异如下表所示。 初始设定 机种 监视输出 内置 EMC 滤波器 控制逻辑 额定频率 Pr.19 基底频率电压 端子 FM: 脉冲列输出 FM( 搭载端子 FM 的产品 ) 漏型逻辑 60Hz 9999( 与电源电压相同 ) 端子 AM: 模拟电压输出 (DC0 ~ ±10V) 端子 CA: 模拟电流输出 (DC0 ~ 20mA) CA( 搭载端子 CA 的产品 ) 源型逻辑...
  • Page 87 端子接线图 接线 端子接线图  FM 类型 ∗8 ∗ ∗ ∗1 ∗ ∗9 ∗ ∗ ∗ ∗ ∗ ∗ ∗ ∗ ∗ ∗ ∗ FR-A820-03800(75K) 及以上、FR-A840-02160(75K) 及以上或使用 75kW 及以上的电机时应务必连接选件的直流电抗器 (FR-HEL) 。 (直流电抗器请参照使用手册 (详细 篇) ,根据适用电机容量进行选定。 ) 连接直流电抗器时,端子 P1 与 P/+ 间安装有短路片的情况下,应先拆下短路片再安装直流电抗器。 (FR-A820-03800(75K) 及以上、FR-A840-02160(75K) 及以上没有短 路片。...
  • Page 88 端子接线图  CA 类型 ∗8 ∗ ∗ ∗1 ∗ ∗2 ∗ ∗ ∗ ∗4 ∗ ∗ ∗ ∗ FR-A820-03800(75K) 及以上、FR-A840-02160(75K) 及以上或使用 75kW 及以上的电机时应务必连接选件的直流电抗器 (FR-HEL) 。 (直流电抗器请参照使用手册 (详细 篇) ,根据适用电机容量进行选定。 ) 连接直流电抗器时,端子 P1 与 P/+ 间安装有短路片的情况下,应先拆下短路片再安装直流电抗器。 (FR-A820-03800(75K) 及以上、FR-A840-02160(75K) 及以上没有短 路片。 ) 制动电路用另外的电源时...
  • Page 89 主电路端子 主电路端子  主电路端子和接地端子的电线型号等 为使电压下降在 2% 以内,应选用适当型号的电线。 变频器和电机间的接线距离较长时,特别是在低速的情况下,会由于主电路电缆的电压下降而导致电机的转矩下降。 接线长为 20m 的选择示例详见下表。 • 200V 等级 (供电为 220V、过载电流额定为 150% 1 分时 ) 电线型号 压接端子 紧固 AWG/MCM HIV 电线等 (mm ) PVC 电线等 (mm ) 端子螺丝 变频器的适用型号 转矩 R/L1、 R/L1、 R/L1、 R/L1、 尺寸 P/+、...
  • Page 90 控制电路端子 控制电路端子  接线时的注意事项 • 连接控制电路端子的电线建议使用 0.3 ~ 0.75mm 尺寸的电线。 • 接线长度不要超过 30m( 端子 FM 的接线长度不要超过 200m)。 • 由于控制电路的输入信号是微电流,所以在插入触点时,为了防止接触不良,微信号用触点应使用两个以上并联的触点 或使用双触点。 • 为不受噪声的影响,连接至控制电路端子的接线必须使用屏蔽线或者绞合线,且必须与主电路、高电压电路 (包括 200V 控制电路)分离接线。应将连接至控制电路端子的电线的屏蔽线连接至各端子的公共端。但是,在端子 PC 的外部连接有 外部电源时 , 屏蔽线应与外部电源的负极连接。请勿将控制柜等直接接地。 • 异常输出端子 (A1,B1,C1,A2,B2,C2) 务必串上继电器线圈或指示灯等。 • 请勿将变频器的 SD 端子与外部电源的 0V 端子连接。 (漏型逻辑) ...
  • Page 91 CC-Link IE 现场网络功能  各部名称 RUN D LINK SD ERR RD L.ERR NOTE • 请勿拆下 CC-Link IE 现场网络通讯电路板及接地板。  连接电缆 应使用满足 1000BASE-T 规格的 Ethernet 电缆进行接线。 Ethernet 电缆 连接器 规格 满足以下规格的电缆。 分类 5e 以上、 RJ-45 连接器 • IEEE802.3 (1000BASE-T) (带两重屏蔽 ·STP)直接电缆 • ANSI/TIA/EIA-568-B(Category 5e) •...
  • Page 92 操作面板 (FR-DU08)  Ethernet 电缆的连接 • 拔除 Ethernet 电缆时,应将变频器的电源置为 OFF。 • 不用区分 PORT1 连接器与 PORT2 连接器。 • 星型接线中 仅使用 1 个连接器时,使用 PORT1 连接器及 PORT2 连接器任意 1 个都可进行连接。 、 • 总线型接线及环型接线中使用 2 个连接器时,对 PORT1 连接器及 PORT2 连接器的接线顺序没有限制。例如,可进行 PORT1-PORT1 的连接,也可进行 PORT1- PORT2 的连接。 NOTE •...
  • Page 93 操作面板 (FR-DU08) 3.1.1 基本操作 ( 出厂设定值 ) 运行模式的详细内容,请参照使用手册。 可以变更监视内容。 (参照使用手册) 追踪功能的详细内容,请参照使用手册。 报警记录的详细内容,请参照使用手册。 连接 USB 储存器时 , 显示 USB 储存器模式。USB 储存器模式的详细 , 请参照使用手册 ( 详细篇 )。 基本操作...
  • Page 94 关于使用变频器的故障自动保险系统 变频器通过保护功能检测出异常时,保护功能进行工作,输出异常输出信号 (ALM)。但是,在变频器异常时,检测电路或输出电路发生故障等情况,不能输出异常 输出信号。作为厂家希望品质万无一失,但是为了不因由于某些原因发生的变频器故障而导致设备受损等事故,在采用变频器的各种状态输出信号的联锁装置的 同时,假设变频器发生故障时考虑可不通过变频器而在其外部设置故障自动保险系统。  利用变频器的各种状态输出信号的联锁方法 配套使用变频器的各种状态输出信号,按下表方法通过采取联锁装置,可以检测变频器的异常。 联锁方法 确认方法 所使用的信号 参考页 异常触点的动作确认 变频器保护功能动作 异常输出信号 (ALM 信号 ) 使用手册 (详细篇)第 5 章 通过负逻辑设定检测电路故障 变频器的工作状态 运行准备完毕信号 (RY 信号 ) 运行准备完毕信号 (RY 信号 ) 使用手册 (详细篇)第 5 章 启动信号 (STF 信号,STR 信号 ) 变频器运行状态...
  • Page 95 • 切断电源后一段时间内电容器仍存在高压充电,非常危险。 当进行变频器内部检查时,即使断开电源后,在短暂时间内平波电容中仍为高电压状态,过 10 分钟后用万用表等确认变频器主电路端子 P/+ 和 N/- 间的电压 充分降低后进行。 • 操作面板显示 “EV” 时,将 24V 的外部电源 OFF 后再进行接线。 • 变频器输出侧的短路或接地会引起变频器模块的损坏。 • 外围电路不正常引起的经常短路,或接线不良,电机的绝缘电阻低下和输出侧接地会导致变频器模块损坏,所以运行变频器前应确认电路的绝缘电阻。 • 应在接通电源之前充分确认变频器输出侧的对地绝缘、相间绝缘。 特别使用旧电机、周围环境较差的情况下,应切实确认电机的绝缘电阻等。 • 请勿使用变频器输入侧的电磁接触器启动、停止变频器。 频繁通过输入侧电磁接触器进行开关操作时,整流器部会由于接通电源时反复出现的浪涌电流而缩短寿命 (开关寿命大约 100 万次 ),因此应尽量避免上述 操作方法。变频器的启动与停止应务必使用启动信号 (STF、STR 信号的 ON、OFF)进行。 (请参照第 4 页) • P/+、PR 端子上请勿连接外附再生制动用放电电阻器以外的其他装置。 请勿连接机械式制动器...
  • Page 96 参数一览表 可以在初始设定值不作任何改变的状态下实现变频器的单纯可变速运行。应根据负荷或运行规格等设定必要的参数。可以通过操作面板 (FR-DU08) 进行参数的设 定、变更及确认操作。 名 称 设定范围 初始值 名 称 设定范围 初始值 名 称 设定范围 初始值 再试选择 0 ~ 5 PU 通讯 CR/LF 选择 0 ~ 2 6/4/3/2/ 转矩提升 0 ~ 30% 失速防止动作降低开始 端子 2 频率设定增益频率 0 ~ 590Hz 60/50Hz 0 ~...
  • Page 97 名 称 设定范围 初始值 名 称 设定范围 初始值 名 称 设定范围 初始值 STF 端子功能选择 固定偏差滤波器时间常 输入脉冲分度倍率 0 ~ 250 0 ~ 1s 0.3s 数 STR 端子功能选择 输入脉冲零时的频率 0 ~ 590Hz 固定偏差功能动作选择 0 ~ 2,10,11,20 RL 端子功能选择 输入脉冲最大时频率 0 ~ 590Hz 60/50Hz ~...
  • Page 98 名 称 设定范围 初始值 名 称 设定范围 初始值 名 称 设定范围 初始值 第 1 目标位置后 4 位 减速时振幅补偿量 0 ~ 50% 0 ~ 5000mV/ 感应电压常数 9999 (rad/s),9999 第 1 目标位置前 4 位 加速时振幅补偿量 0 ~ 50% 电机惯量 ( 整数部位 ) 10 ~...
  • Page 99 名 称 设定范围 初始值 名 称 设定范围 初始值 名 称 设定范围 初始值 速度设定滤波器 1 0 ~ 5s,9999 9999 0 ~ 59,100 ~ 159, FM/CA 端子校正 - - (900) 200 ~ 259,300 ~ 速度检测滤波器 1 0 ~ 0.1s 0.001s 359,400 ~ 459,500 转矩控制...
  • Page 100 仅在安装有矢量控制对应选件时可以设定。关于各选件 名 称 设定范围 初始值 名 称 设定范围 初始值 对应的参数,请参照使用手册 (详细篇) 。 1143 第 2PID 上限 0 ~ 100%,9999 9999 1278 第 15 位置定位加速时间 0.01 ~ 360s ( )内为使用液晶操作面板以及参数单元时的参数号。 根据类型不同而异。 (FM 类型 /CA 类型) 1144 第 2PID 下限 0 ~ 100%,9999 9999 1279 第...
  • Page 101 1996 年,对欧洲指令之一的 EMC 指令的符合证明被赋予了法律义务此外,自 1997 年起,对欧洲指令之一的低电压指令的符合也被赋予了法律义务。符合 EMC 指令 以及低电压指令的制造商所认可的产品必须由制造商自己宣布符合,并标注 “CE 标识 ”。 • 欧盟圈内销售负责人 以下为欧盟圈内销售负责人。 公司名称 : Mitsubishi Electric Europe B.V. 地址 : Mitsubishi-Electric-Platz 1, 40882 Ratingen, Germany  关于 EMC 指令 本变频器符合 EMC 指令,并标有 “CE 标志 ”。 • EMC 指令 : 2014/30/EU •...
  • Page 102 • 环境 ( 详细参照第 3 页 运行时 保管时 运输时 LD,ND( 初始设定 ),HD: 0 ~ +50 ℃ 周围温度 -20 ~ +65 ℃ -20 ~ +65 ℃ SLD: 0 ~ +40 ℃ 湿度 95% RH 以下 95% RH 以下 95% RH 以下 标高...
  • Page 103 附录 2 UL,cUL 的注意事项 (遵守标准 UL 508C, CSA C22.2 No.274-13)  安装 作为控制柜内使用的产品取得了认定。 应满足变频器的周围温度、湿度、周围环境等规格,设计控制柜。 (参照第 3 页)  分支电路保护 在美国设置时,应根据 National Electrical Code 及当地规格,使用 T 级、J 级、CC 级、L 级的熔丝,或使用 UL489 接线用断路器 (MCCB) 、E 型组合电机 控制器。 在加拿大设置时,应根据 Canadian Electrical Code 及当地规格,使用 T 级、J 级、CC 级、L 级的熔丝,或使用 UL489 接线用断路器 (MCCB) 、E 型组合电 机控制器。...
  • Page 104 生产年份表示为公历年的最后 1 位,生产月的数字 1 ~ 9 代表 1 ~ 9 月、X 代表 10 月、Y 代表 11 月、Z 代表 12 月。 • CU 域内销售负责人 (进口者) 以下为 CU 域内销售负责人 (进口者) 。 公司名称:Mitsubishi Electric (Russia) LLC 地址:52, bld 1 Kosmodamianskaya Nab 115054, Moscow, Russia 电话:+7 (495) 721-2070 FAX :+7 (495) 721-2071...
  • Page 105 附录 4 关于电器电子产品有害物质限制使用 根据中华人民共和国的 《电器电子产品有害物质限制使用管理办法》 ,对适用于产品的 “ 电器电子产品有害物质限制使用标识 ” 的内容记载如下。 电器电子产品有害物质限制使用标识要求 环境保护使用期限 标识 本产品中所含有的有害物质的名称、含量、含有部件如下表所示。 • 产品中所含有害物质的名称及含量 有害物质 部件名称 铅 汞 镉 六价铬 多溴联苯 多溴二苯醚 (Pb) (Hg) (Cd) (Cr(VI)) (PBB) (PBDE) 电路板组件 (包括印刷电路板及其 构成的零部件,如电阻、电容、集成 × ○ × ○ ○ ○ 电路、连接器等) 、电子部件 金属壳体、金属部件...
  • Page 106 「关于质保」 使用之前应确认以下产品质保的详细说明。 1.免费质保期限和免费质保范围 在免费质保期内使用本产品时如果出现任何属于三菱电机责任的故障或缺陷 (以下称“ 故障”),则经销商或三菱电机服务公司将负责免费维修。但是如果 需要在国内现场或海外维修时,则要收取派遣工程师的费用。对于涉及到更换故障模块后的任何再试运转、维护或现场测试,三菱电机将不负任何责任。 [免费质保期限] 免费质保期限为自购买日或交货的一年内。注意产品从三菱电机生产并出货之后,最长分销时间为6个月,生产后最长的免费质保期为18个月。维修零部件的 免费质保期不得超过修理前的免费质保期。 [免费质保范围] (1) 首次故障诊断原则上由贵公司实施。 但是,根据贵公司的要求本公司或本公司服务网可以有偿代行此业务。 此时,故障原因在于本公司时,不收取费用。 (2) 范围局限于按照使用手册、用户手册及产品上的警示标签规定的使用状态、使用方法和使用环境正常使用的情况下。 (3) 以下情况下,即使在免费质保期内,也要收取维修费用。 • 因不适当存储或搬运、用户过失或疏忽而引起的故障。因用户的硬件或软件设计而导致的故障。 • 因用户未经批准对产品进行改造而导致的故障等。 • 对于装有三菱电机产品的用户设备,如果根据现有的法定安全措施或工业标准要求配备必需的功能或结构后本可以避免的故障。 • 如果正确维护或更换了使用手册中指定的耗材后本可以避免的故障。 • 耗材 (电容器、冷却风扇等)的更换。 • 因火灾或异常电压等外部因素以及因地震、雷电、大风或水灾等不可抗力而导致的故障。 • 根据从三菱电机出货时的科技标准还无法预知的原因而导致的故障。 • 任何非三菱电机或用户责任而导致的故障。 2.产品停产后的有偿维修期限 (1) 三菱电机在本产品停产后的7年内受理该产品的有偿维修。停产的消息将以三菱电机销售和服务等方式予以通告。 (2) 产品停产后,将不再提供产品 (包括维修零件) 。 3.海外服务...
  • Page 107  关于附带 CD-ROM 附带 CD-ROM 内收录关于本产品的各种使用手册的 PDF。  使用附带 CD-ROM 之前 • 附带 CD-ROM 是三菱电机株式会社的著作 , 本著作的著作权及其它权利全部归三菱电机株式会社所有。 • 没有本公司的许诺 , 禁止擅自使用或复制附带 CD-ROM 的部分或全部内容。 • 附带 CD-ROM 的内容有因改良而更改的可能 , 恕不预先通知。 • 关于因使用附带 CD-ROM 而造成的损失或逸失利益等,敝公司将不承担一切责任 , 敬请周知。 • 关于商标 Microsoft、Windows、Windows Vista 及 Internet Explorer 是 Microsoft Corporation 公司在美国及其它国家的注册商标。 Adobe 及...
  • Page 108 修 订 记 录 *本使用手册编号在封底的左下角。 * 修订日期 修 订 内 容 使用手册编号 2015 年 8 月 IB(NA)-0600600-B 初版印刷 追加 • 启动次数监视 (Pr.1410、Pr.1411) • 位置指令方法的扩展 (Pr.1419 = 10、100、110、1110) • 点位表辅助功能的扩展 (辅助功能参数的设定范围 2、12、102、112) • 通讯异常时停止模式的功能扩展 (Pr.502 = 4) 2016 年 10 月 IB(NA)-0600600-C •...
  • Page 109 FR-A800/A800 Plus 系列 使用手册 追加说明书 紧急驱动 磁通 磁通 磁通 无传感器 无传感器 无传感器 本功能是在发生火灾等紧急情况时,即使检测出变频器异常,也不起动保护功能,而是强制性地继续运行以驱动电机 的功能。由于是最优先驱动电机,因此有可能会损坏电机或变频器。应作为紧急运行来使用。发生变频器损坏异常时, 可切换至工频运行以继续运行。 仅标准构造产品、IP55 对应产品可以使用紧急驱动。 初始值 名称 设定范围 内容 100、111、112、121、 122、123、124、 200、211、212、221、 222、223、224、 选择紧急驱动的运行模式。 300、311、312、321、 紧急驱动模式选择 9999 H320 322、323、324、 400、411、412、421、 422、423、424 9999 紧急驱动无效 设定紧急驱动恒定频率模式的运行频率。 (在 Pr.523 0 ~ 590Hz 中选择恒定频率模式时)...
  • Page 110  接线示例 • 紧急驱动 (工频模式)的接线示例如下所示。 MCCB R/L1 S/L2 T/L3  紧急驱动执行中   紧急驱动执行 紧急驱动中异常输出 ALM3 变频器/工频切换  复位   DC24V 应注意顺控输出端子的容量。 使用的端子根据 Pr.190 ~ Pr.196 ( 输出端子功能选择 ) 的设定不同而不同。 输出端子容量 输出端子允许负载 本体集电极开路输出 DC24V 0.1A (RUN、SU、IPF、OL、FU) 本体继电器输出 (A1-C1、B1-C1、A2-B2、B2-C2) AC230V 0.3A 继电器输出选件...
  • Page 111  紧急驱动执行顺控 • X84 信号在 3s 间 ON 后,执行紧急驱动。 • 紧急驱动执行中时,Y65 信号为 ON。 • 紧急驱动执行中时,操作面板中显示 “ED”。 • 紧急驱动执行中发生异常时,ALM3 信号为 ON。 • 执行紧急驱动时,应在以下所有条件都成立的状态下,将 X84 信号设为 ON 并保持 3s。 项目 条件 Pr.523 ≠ “9999” 紧急驱动参数设定 Pr.524 ≠ “9999” (Pr.523 = “100、200、300、400” 的情况下无需设定) 以下任意一种控制方式...
  • Page 112 • 紧急驱动功能运行的动作如下所述。 (再试输出切断模式及固定频率模式 (Pr.523 = “211”) ) 紧急驱动继续 紧急驱动结束 重大异常以外(E.PUE等)的情况下保持运行 因重大异常而再试 ALM3 频率 Pr.524 自由运行 电机旋转数 时间 再试等待时间 Pr.514 紧急驱动执行中 常规运行 • 在执行紧急驱动的过程中进行紧急驱动工频运行切换 (使用 CS 信号)时 (设定了紧急驱动工频切换时)的动作 如下所述。 (工频模式及固定频率模式 (Pr.523 = “411”) ) 紧急驱动继续 电源 指令 MC延迟 Pr.136 实际动 MC延迟 频率...
  • Page 113  紧急驱动动作选择 (Pr.523、Pr.524) • 在 Pr.523 紧急驱动模式选择中选择紧急驱动的动作。设定值的百位表示在紧急驱动执行中有效的保护功能 (重 大异常)起动时的动作。个位和十位表示运行方法。 Pr.523 紧急驱动运行模式 内容 设定值 1[][] 输出切断模式 发生重大异常时,切断输出 发生重大异常时,执行再试动作。 (如果异常内容为不可再 2[][] 再试输出切断模式 试,则切断输出) 发生不可再试的重大异常时或再试次数溢出时,切断输出。 执行紧急驱动的过 发生重大异常时,执行再试动作。 (如果异常内容为不可再 程中发生了重大异 试,则切换至工频运行) 常时的动作选择 再试工频模式 发生不可再试的重大异常时或再试次数溢出时,切换至工频 3[][] 运行。Pr.515 = “9999” 时,再试次数达到 200 次的情况 下,切换至工频运行。 工频模式 发生重大异常时,切换至工频运行。 4[][] 根据与常规运行相同的设定频率、启动指令运行。...
  • Page 114  紧急驱动工频切换 (Pr.136、Pr.139、Pr.57) • 选择工频模式 (Pr.523 = “3[][]、4[][]”)时,应进行以下设定。 应设定 Pr.136 MC 切换互锁时间、 Pr.139 变频器 - 工频电源自动切换频率, 将 MC2、 MC3 信号分配到输出端子中。 输入端子分配有 CS 信号的情况下,应设定 Pr.57 再启动自由运行时间≠ “9999” 并通过外部端子使 CS 信号变 为 ON。 (初始设定时,端子 CS 分配有 CS 信号。 ) V/F 控制、先进磁通矢量控制或实时无传感器矢量控制 (PM 无传感器矢量控制时,不切换到工频运行即切断输 出。...
  • Page 115  紧急驱动执行时的 PID 控制 • PID 控制模式下紧急驱动执行中时,将 Pr.524 的设定值作为目标值以 PID 控制运行。应以 Pr.128 或 Pr.753 中选 择的方法输入测量值。 • 选择了紧急驱动的 PID 控制模式时,根据 PID 控制的设定,紧急驱动中的 PID 动作如下。 PID 控制的动作 项目 目标 / 测量值输入设定时 偏差输入设定时 无 PID 控制设定时 测量值输入选择 (Pr.128、Pr.753) 保持 端子 4 输入 端子...
  • Page 116 • 紧急驱动执行中的异常输出如下所示。 Pr.190 ~ Pr.196 设定值 信号 内容 正逻辑 负逻辑 紧急驱动执行中在发生上述的 “ 再试 ”“ 输出切断 ” 异常时为 ON。 紧急驱动执行中发生异常时输出。 ALM3 紧急驱动执行中,在发生无法作为保护功能起动的对象的异常时,在 ON 保持了 3s 后 变为 OFF。  输入信号的动作 • 以恒定频率模式或 PID 控制模式执行紧急驱动的过程中,与紧急驱动无关的输入信号 (一部分除外)为无效。 • 以恒定频率模式或 PID 控制模式执行紧急驱动的过程中,不为无效的输入信号的功能如下。 输入信号的状态 恒定频率模式 PID 控制模式...
  • Page 117 正转中、反转中信号 (Y30、Y31 信号) 正转中 (Y30)信号和反转中 (Y31)信号可用于 PLG 反馈控制。 • 矢量控制或 PLG 反馈控制时,根据电机的实际旋转情况输出正转中 (Y30)信号、反转中 (Y31)信号。 NOTE • Y30 信号和 Y31 信号的详细内容,请参照使用手册 (详细篇)以及使用手册 (功能篇) 。 BCN-C22005-957...
  • Page 118 FR-A800/A800Plus 系列 使用手册 追加说明书 内部元件异常 (E.PE6) 追加了变频器的存储元件检查功能。 在变频器内部的存储元件中发生了数据异常时,保护功能 (E.PE6)将起动。 Pr.890 的读取值为 “7” 以下时,在参数全部清除后进行变频器复位,即可恢复为正常状态。 (在执行参数全部清除 之前更改过的参数,需要重新进行设定。 ) 操作面板显示 E.PE6 FR-LU08 显示 其他错误 名称 内部元件异常 在参数操作中 ,由于切断电源导致了数据写入失败、或发生了存储元件的数据异常时,如果进行变 内容 频器复位则会发生该错误。 检查要点 是否在参数操作中切断了电源。 应检查电源和电源系统装置,确认没有异常。 • 在参数操作中切断电源时发生了 E.PE6 应确认 Pr.890 的读取值,如果为 “7” 以下,则应在执行参数全部清除后进行变频器复位。应对执 措施 行参数全部清除前更改过的参数重新进行设定。 •...
  • Page 119 端子 P3 的相关注意事项 (仅限 200V/400V 等级) 关于端子 P3,使用手册的记载内容有误,在此订正如下。  主电路端子的说明 仅限在连接了制动电阻器时可使用端子 P3。 【订正前】 端子记号 端子名称 端子功能说明 制动电阻器连接 将选件的制动电阻器连接在端子 P3 和 PR 之间。 P3、PR FR-A820-00770(15K) ~ 01250(22K) 通过连接制动电阻,可以得到更大的再生制动力。 FR-A840-00470(18.5K) ~ 01800(55K) 连接制动模块 (FR-BU2、FR-BU、BU) 、电源再生共直流母线整流器 (FR-CV) 、电源再生整流器 (MT-RC) 、高功率因数整流器 (FR-HC2) 、 P/+、N/- 连接制动模块...
  • Page 120  与独立选件模块的连接 连接制动模块 (FR-BU2、FR-BU、BU) 、电源再生共直流母线整流器 (FR-CV) 、电源再生整流器 (MT-RC) 、高功率因 数整流器 (FR-HC2) 、多功能再生整流器 (FR-XC) 、直流电源 (直流供电模式时)时,变频器侧应连接至端子 P/+。 (请勿使用端子 P3。 ) 与 FR-BU2 (GRZG 型放电电阻器)的连接示例如下。 OCR触点 GRZG型 放电电阻器 MCCB 电机 R/L1 外部热敏 继电器 S/L2 三相交流电源 T/L3 FR-BU2 变频器 10m及以下 与FR-BU2(GRZG型放电电阻器)连接示例 BCN-C22005-969...
  • Page 121 http://cn.MitsubishiElectric.com/fa/zh/ IB(NA)-0600600-F...
  • Page 122 HEAD OFFICE: TOKYO BUILDING 2-7-3, MARUNOUCHI, CHIYODA-KU, TOKYO 100-8310, JAPAN お断りなしに仕様を変更することがありますのでご了承ください Specifications subject to change without notice. IB(名)-0600600-F(2006)MEE Printed in Japan...