Download Print this page

Advertisement

Unified Communications Microphone & Speaker System
YVC-1000
Update the firmware and use the latest features.
Please also refer to the user's manual that provides detailed information on how to use this
product.
You can download the latest firmware and user's manual from the following website:
http://www.yamaha.com/products/en/communication/download/
ファームウェアをアップデートして最新の機能をご利用ください。
詳しい使い方を説明している取扱説明書もご覧ください。
最新のファームウェアと取扱説明書は下記のウェブサイトからダウンロードできます。
http://jp.yamaha.com/products/communication/download
请更新固件以使用最新功能。
用户手册中登载有详细的使用方法,请一并阅读。
您可从以下网站下载最新的固件及用户手册。
http://www.yamaha.com/products/zh/communication/download/

Quick Start Guide

Guide de référence rapide
クイックスタートガイド
Guía de Inicio Rápido
/
EN
FR
JA
ZH
KO ES

Advertisement

Chapters

   Related Manuals for Yamaha YVC-1000

   Summary of Contents for Yamaha YVC-1000

  • Page 1: Quick Start Guide

    Unified Communications Microphone & Speaker System YVC-1000 Quick Start Guide Guide de référence rapide クイックスタートガイド Guía de Inicio Rápido Update the firmware and use the latest features. Please also refer to the user's manual that provides detailed information on how to use this product.

  • Page 2: Table Of Contents

    YVC-1000 Quick Start Guide Contents IMPORTANT SAFETY INSTRUCTIONS ....2 Setting up for use............13 Installation ............... 13 Safety Precautions ............3 Connecting the microphone and power cables..14 Precautions for Use............5 Changing the setting ..........14 ® About Bluetooth ............5 Changing the language of the voice guidance..14 Locations of name plates ..........6...

  • Page 3: Important Safety Instructions

    This product, when installed as indicated in the instructions contained in this manual, meets FCC requirements. Modifications not expressly approved by Yamaha may void your authority, granted by the FCC, to use the product. 2 IMPORTANT: When connecting this product to accessories and/or another product use only high quality shielded cables. Cable/s supplied with this product MUST be used.

  • Page 4: Safety Precautions

    YVC-1000 Quick Start Guide Safety Precautions 1 Please ensure to immediately remove the power plug from the 14 Do not install the product anywhere it will be exposed to dust or outlet in any of the following cases. humidity, oily smoke or steam, or corrosive gas. Failure to observe Failure to observe this may result in fire or an electric shock.

  • Page 5

    YVC-1000 Quick Start Guide 29 Turn the volume down to the minimum level before starting 32 Ensure to earth any static electricity from your body or clothing playback. before touching the product. Failure to observe this could result in Failure to observe this will cause loud noises to be emitted that damage to the product.

  • Page 6: Precautions For Use

    • This product is intended for use in general offices and is not designed for use in any fields requiring a high degree of reliability in the handling of human lives or valuable assets. • Please note that Yamaha cannot assume any responsibility for any damage resulting from improper use or configuration of the product.

  • Page 7: Locations Of Name Plates

    YVC-1000 Quick Start Guide Locations of name plates The name plates are placed on the bottom of the Control Unit and the microphone.

  • Page 8: Introduction

    • Yamaha is not liable for any loss or damage to data resulting from use of the product. Please note that the warranty covers repair of the product only. Check the contents •...

  • Page 9: Please Read Other Instruction Manuals As Well As This Manual

    YVC-1000 Quick Start Guide Please read other instruction manuals as well as this manual This manual contains fundamental information only. For detailed information on how to use the product, please read the following: User’s manual: Contains information about utilizing the product, including detailed settings and useful features.

  • Page 10: Controls And Functions

    YVC-1000 Quick Start Guide Controls and Functions Control Unit (YVC-CTU1000) 1 2 3 When it is pressed and held for two or more seconds, the Power button/indicator product automatically measures acoustic conditions and Press to turn the product on. Press and hold the power tunes the audio settings to an optimal condition button for two or more seconds to enter standby mode.

  • Page 11: Control Unit (yvc-ctu1000): Back

    YVC-1000 Quick Start Guide Control Unit (YVC-CTU1000): Back 1 2 3 4 5 6 Power terminal External speaker terminals Used to connect the supplied power cable. Used to connect the speakers with a built-in amplifier. USB port Audio output terminals (AUDIO OUT)

  • Page 12: Microphone (yvc-mic1000)

    YVC-1000 Quick Start Guide Microphone (YVC-MIC1000) Microphone mute button Microphone status indicator Press to temporarily turn off (mute) the microphone. To Lights up green when the microphone is active. Flashes cancel the mute function, press it again. red when the microphone is set to mute.

  • Page 13: Microphone (yvc-mic1000): Bottom

    YVC-1000 Quick Start Guide Microphone (YVC-MIC1000): Bottom Name plate Provides the following information. Model No.: Model number of the product SERIAL LABEL: Serial number of the product...

  • Page 14: Setting Up For Use

    YVC-1000 Quick Start Guide Setting up for use Installation Install the product in a location where it will be used. Notes on installation • Place the microphone at least 1 m (3.3 ft) away from the Control Unit. • Keep the microphone away from any noise sources.

  • Page 15: Connecting The Microphone And Power Cables

    YVC-1000 Quick Start Guide Connecting the microphone and power cables Connect the microphone and power cables supplied with the product. Match the color of the Plug into an outlet labels. Notes • When connecting the microphone cable, be sure to match the color of the labels on the microphone cable and of the microphone output terminal (OUT).

  • Page 16: Connecting To Communication Equipment

    YVC-1000 Quick Start Guide Connecting to communication equipment Connecting to a PC or Mac using the USB cable To USB port Plug into an outlet Connect to a microphone After connecting the product, turn the product on and confirm that it is recognized correctly by the PC or Mac.

  • Page 17: Connecting To A Smartphone Or Tablet Via Bluetooth

    YVC-1000 Quick Start Guide Connecting to a smartphone or tablet via Bluetooth Power button Bluetooth button ■ Pairing 1 Press the power button to turn the product on. 2 Press the Bluetooth button. The Bluetooth button blinks blue. 3 Press and hold the Bluetooth button for two or more seconds.

  • Page 18: Specifications

    YVC-1000 Quick Start Guide Specifications General Control Unit: USB 2.0 High Speed, Bluetooth, NFC (Near Field Communication), Interface: Audio Input terminals (stereo RCA pin), Audio Output terminals (stereo RCA pin), External speaker terminal (RCA pin) x 2, Power terminal, Microphone terminal...

  • Page 19: Audio

    YVC-1000 Quick Start Guide Audio Unidirectional x 3 Microphone units: Full-range x 1 Speaker unit: 100 to 20,000 Hz Frequency bandwidth for sound pickup: 100 to 20,000 Hz Frequency bandwidth for playback: Adaptive echo canceller, Noise reduction, Automatic tracking, Automatic gain control, Automatic...

  • Page 20

    YVC-1000 Guide de référence rapide Table des matières PRÉCAUTIONS CONCERNANT LA Configuration d’utilisation........13 SÉCURITÉ..............2 Installation ............... 13 Raccordement du microphone et des câbles Consignes de sécurité...........3 d’alimentation............14 Précautions d’utilisation ..........5 Configuration............. 14 ® À propos de Bluetooth ..........5 Modification du langage du guide vocal ....

  • Page 21: PrÉcautions Concernant La SÉcuritÉ

    YVC-1000 Guide de référence rapide PRÉCAUTIONS CONCERNANT LA SÉCURITÉ 6 Nettoyer cet appareil avec un chiffon sec seulement. 7 Ne pas recouvrir les ailettes de ventilation. Installer l’appareil selon les instructions du fabricant. ATTENTION 8 Ne pas installer près d’une source de chaleur, comme un appareil de chauffage, une résistance électrique, un poêle, ou tout autre...

  • Page 22: Consignes De Sécurité

    YVC-1000 Guide de référence rapide Consignes de sécurité 1 Retirez immédiatement la fiche d’alimentation de la prise dans 14 N’installez pas le produit dans un endroit où il pourrait être exposé tous les cas suivants. à la poussière ou l’humidité, à de la fumée ou à de la vapeur Le non-respect de cette consigne pourrait provoquer un incendie huileuse, ou à...

  • Page 23

    YVC-1000 Guide de référence rapide 29 Réglez le volume au minimum avant de lancer la lecture. 32 Veillez à mettre à la masse l’électricité statique de votre corps ou Le non-respect de cette consigne entraînera l’émission d’un bruit de vos vêtements avant de toucher l’appareil. Le non-respect de intense pouvant provoquer des troubles de l’audition.

  • Page 24: Précautions D'utilisation

    • La vitesse de transfert du signal et la portée de communication dépendent de la distance entre les appareils de communication, la présence d’obstacles, l’état des ondes radio et le type d’appareil. • Yamaha ne garantit pas toutes les connexions sans fil entre cet appareil et les appareils compatibles avec la fonction Bluetooth.

  • Page 25: Emplacements Des Plaques Signalétiques

    YVC-1000 Guide de référence rapide Emplacements des plaques signalétiques Les plaques signalétiques se trouvent en dessous de l’unité de commande et du microphone.

  • Page 26: Introduction

    Pour obtenir la version la plus récente du manuel, accédez au site ci-dessous puis téléchargez le fichier du manuel concerné. http://www.yamaha.com/products/en/communication/download/ • Yamaha ne peut être tenue responsable de toute perte de données ou de tout dommage résultant de l’utilisation du produit. Notez que la garantie couvre les réparations de ce produit uniquement. Vérification du contenu •...

  • Page 27: Veillez Lire Les Autres Manuels D'instructions En Plus De Ce Mode D'emploi

    YVC-1000 Guide de référence rapide Veillez lire les autres manuels d’instructions en plus de ce mode d’emploi Ce mode d’emploi contient uniquement des informations de base. Lisez le mode d’emploi suivant pour obtenir des informations détaillées sur l’utilisation du produit: Manuel de l’utilisateur: contient des informations sur l’utilisation du produit, notamment des réglages détaillés et des fonctions utiles.

  • Page 28: Commandes Et Leurs Fonctions

    YVC-1000 Guide de référence rapide Commandes et leurs fonctions Unité de commande (YVC-CTU1000) 1 2 3 Si vous maintenez cette touche enfoncée pendant deux Témoin/touche d’alimentation secondes minimum, le produit mesure automatiquement Permet de mettre le produit sous tension. Maintenez les conditions acoustiques et règle la fréquence audio...

  • Page 29: Unité De Commande (yvc-ctu1000): Vue Arrière

    YVC-1000 Guide de référence rapide Unité de commande (YVC-CTU1000): vue arrière 1 2 3 4 5 6 Borne d’alimentation Bornes des haut-parleurs externes Permet de raccorder le câble d’alimentation fourni. Permettent de raccorder les haut-parleurs à un amplificateur intégré. Port USB Bornes de sortie audio (AUDIO OUT) Permet de raccorder le produit à...

  • Page 30: Microphone (yvc-mic1000)

    YVC-1000 Guide de référence rapide Microphone (YVC-MIC1000) Touche de mise en sourdine du Témoin d’état du microphone S’allume en vert lorsque le microphone est activé. microphone Clignote en rouge lorsque le microphone est en Appuyez pour couper (mettre en sourdine) temporairement sourdine.

  • Page 31: Microphone (yvc-mic1000): Vue De Dessous

    YVC-1000 Guide de référence rapide Microphone (YVC-MIC1000): vue de dessous Plaque signalétique Fournit les informations suivantes. Model No.: numéro de modèle de ce produit SERIAL LABEL: numéro de série de ce produit...

  • Page 32: Configuration D'utilisation

    YVC-1000 Guide de référence rapide Configuration d’utilisation Installation Installez le produit à un emplacement approprié. Remarques relatives à l’installation • Placez le microphone à 1 m (3,3 ft) minimum de l’unité de commande. • Éloignez le microphone de tout bruit parasite.

  • Page 33: Raccordement Du Microphone Et Des Câbles D'alimentation

    YVC-1000 Guide de référence rapide Raccordement du microphone et des câbles d’alimentation Raccordez le câble du microphone et le câble d’alimentation fournis avec le produit. Faire correspondre la couleur Brancher à une prise étiquettes. Remarques • Lorsque vous raccordez le câble du microphone, veillez à...

  • Page 34: Raccordement à Un équipement De Communication

    YVC-1000 Guide de référence rapide Raccordement à un équipement de communication Raccordement à un ordinateur ou un Mac à l’aide du câble USB Vers le port USB Brancher à une prise Raccorder à un microphone Après avoir connecté le produit, mettez-le sous tension et vérifiez qu’il est correctement reconnu par le PC ou le Mac.

  • Page 35: Raccordement à Un Smartphone Ou Une Tablette Via Bluetooth

    YVC-1000 Guide de référence rapide Raccordement à un smartphone ou une tablette via Bluetooth Témoin Touche d’alimentation Bluetooth ■ Pairage 1 Appuyez sur la touche d’alimentation pour mettre le produit sous tension. 2 Appuyez sur la touche Bluetooth. La touche Bluetooth clignote en bleu.

  • Page 36: Caractéristiques Techniques

    YVC-1000 Guide de référence rapide Caractéristiques techniques Généralités Unité de commande: USB 2.0 haut débit, Bluetooth, NFC (Near Field Communication), Interface: Bornes d’entrée audio (broche RCA stéréo), bornes de sortie audio (broche RCA stéréo), borne du haut-parleur externe (broche RCA) x 2, borne d’alimentation, borne du microphone Microphone: bornes d’entrée et de sortie...

  • Page 37: Son

    YVC-1000 Guide de référence rapide Unidirectionnel x 3 Unités de microphone: Complet x 1 Unité de haut- parleur: 100 à 20 000 Hz Bande de fréquences de capture du son: 100 à 20 000 Hz Bande de fréquences de reproduction du son: Suppresseur d’écho adaptatif, Réduction du bruit, Poursuite automatique, Commande de gain...

  • Page 38

    YVC-1000 クイックスタートガイド 目次 安全上のご注意 ............2 各部の名称とはたらき ........12 「警告」と「注意」について ......2 本体(YVC-CTU1000) ....... 12 記号表示について ..........2 本体(YVC-CTU1000) :背面 ....13 警告 ..............3 本体(YVC-CTU1000) :底面 ....13 注意 ..............5 マイク(YVC-MIC1000) ......14 マイク(YVC-MIC1000) :側面 ....14 使用上のご注意 ............6 マイク(YVC-MIC1000)...

  • Page 39: 安全上のご注意

    YVC-1000 クイックスタートガイド 安全上のご注意 本製品を安全にお使いいただくために、本書の「警告」と「注意」をよくお読みになり、必ず守ってお使いくだ さい。 本書に示した「警告」と「注意」は、製品を安全に正しくご使用いただき、お客様や他の方々への危害や 財産への損害を未然に防止するためのものです。 お読みになったあとは、使用される方がいつでも見られる場所 に必ず保管してください。 「警告」と「注意」について 以下、誤った取り扱いをすると生じることが想定される内容を、危害や損害の大きさと切迫の程度を明示するた めに、 「警告」と「注意」に区分して掲載しています。 警告 この表示の欄は、 「死亡する可能性または重傷を負う可能性が想定される」内容です。 注意 この表示の欄は、 「傷害を負う可能性または物的損害が発生する可能性が想定される」内容です。 記号表示について 本書に表示されている記号には、次のような意味があります。 「∼しないでください」という禁止を示します。 「実行してください」という強制を示します。...

  • Page 40

    YVC-1000 クイックスタートガイド 警告 下記の場合には、すぐに電源プラグをコンセントから抜く。 • 異常なにおいや音がする • 煙が出る • 破損した • 水がかかった そのまま使用すると、火災や感電の原因になります。 必ず販売店に修理や点検をご依頼ください。 電源ケーブルを傷つけない。 • 重いものを上に載せない • 加工をしない • ステープルで止めない • 無理な力を加えない • 熱器具には近づけない 火災や感電、故障の原因になります。 必ず付属の電源ケーブルを使用する。 それ以外の電源ケーブルを使用すると、火災や感電、故障の原因になります。 付属の電源ケーブルを他の電気機器で使用しない。 火災や感電、故障の原因になります。 AC100V(50/60Hz) の電源電圧で使用する。 それ以外の電源電圧で使用すると、火災や感電、故障の原因になります。 電源プラグは、見える位置で、手が届く範囲のコンセントに接続する。 万一の場合、電源プラグを容易に引き抜くためです。 電源プラグは、コンセントに根元まで、確実に差し込む。 差し込みが不十分なまま使用すると感電したり、プラグにほこりが堆積して発熱や火災の原 因になります。 コンセントやテーブルタップの電流容量を確認し、 本製品を使用してもこの容量を越えないこ...

  • Page 41

    YVC-1000 クイックスタートガイド 本製品が破損した場合には、必ず販売店に点検や修理を依頼する。 そのまま使用すると、火災や感電の原因になります。 分解・改造は絶対にしない。 火災や感電、故障の原因になります。 放熱を妨げない。 • 布やテーブルクロスをかけない • じゅうたん、カーペットの上には設置しない • 通風口をふさがない • 通気性の悪い狭いところへは押し込まない 本製品の周囲に左右 1cm、上 1cm、背面 5cm 以上のスペースを確保する 本製品の内部に熱がこもり、火災や故障の原因になります。 本製品は屋外や、水滴のかかる場所には設置しない。 火災や感電、故障の原因になります。 ほこりや湿気の多い場所、油煙や湯気があたる場所、腐蝕性ガスがかかる場所に設置しない。 火災や感電、故障の原因になります。 水平置きで設置する。 上下逆さまや縦置きで設置した場合、火災や感電、故障の原因になります。 本製品の上には、花瓶・植木鉢・コップ・化粧品・薬品・ロウソクなどを置かない。 水や異物が中に入ると、火災や感電の原因になります。 内部に金属や紙片など異物を入れない。 火災や感電、故障の原因になります。 雷が鳴りはじめたら、本製品には触れない。 感電のおそれがあります。 電源プラグのゴミやほこりは、定期的に取り除く。 ほこりがたまったまま使用を続けると、火災の原因になります。 心臓ペースメーカーまたは除細動器などを装着している人から 22 cm 以上離してご使用くだ さい。...

  • Page 42

    YVC-1000 クイックスタートガイド 注意 USB ケーブル、マイクケーブルを傷つけない。 • 重いものを上に載せない • 加工をしない • ステープルで止めない • 無理な力を加えない • 熱器具には近づけない 火災や感電、故障の原因になります。 必ず付属の USB ケーブル、マイクケーブルを使用する。 それ以外の USB ケーブル、マイクケーブルを使用すると、火災や感電、故障の原因になり ます。 長期間使用しないときは、必ず電源プラグをコンセントから抜く。 火災や感電の原因になります。 ぬれた手で電源プラグ、ケーブルを抜き差ししない。 感電や故障の原因になります。 不安定な場所や振動する場所には設置しない。 本製品が落下や転倒して、けがや故障の原因になります。 直射日光のあたる場所や、温度が異常に高くなる場所(暖房機のそばなど)には設置しない。 故障の原因になります。 本製品の上に乗ったり、物を置いたりしない。 故障の原因になります。 再生を始める前には、音量(ボリューム)を最小にする。 突然大きな音が出て、聴覚障害の原因になります。 環境温度が急激に変化する場所では使用しない。 環境温度が急激に変化すると、本製品に結露が発生することがあります。そのまま使用する と故障の原因になるため、結露が発生したときは電源を入れない状態で乾くまでしばらく放 置してください。 電源を入れたままケーブルを接続しない。...

  • Page 43: 使用上のご注意

    YVC-1000 クイックスタートガイド ケーブルは正しく配置、接続する。 ケーブルを引っ張ったり足にひっかけたりすると、本製品や接続機器の転倒や落下などによ り、けがや故障の原因になります。 外部機器を接続する場合は、各機器の取扱説明書をよく読み、説明に従って接続する。 使用上のご注意 • 本製品は一般オフィス向けの製品であり、人の生命や高額財産などを扱うような高度な信頼性を要求される分 野に適応するようには設計されていません。 • 本製品の使用方法や設定を誤って使用した結果発生したあらゆる損失について、弊社では一切その責任を負い かねますので、あらかじめご了承ください。 • 本製品のご使用にあたり、周囲の環境によっては電話、ラジオ、テレビなどに雑音が入る場合があります。雑 音が入る場合は、本製品の設置場所、向きを変えてみてください。 • 本製品を譲渡する際は、本書と付属品も合わせて譲渡してください。 • 本製品を廃棄する際はお住まいの自治体の指示に従ってください。 • 本製品の同一電源ライン上にノイズが発生する機器を接続しないでください。 電波障害自主規制について この装置は、クラス A 情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き起こすことがあ ります。この場合には使用者が適切な対策を講ずるよう要求されることがあります。 VCCI-A 高調波電流規格 JIS C 61000-3-2 適合品  Bluetooth について • Bluetooth とは、無許可で使用可能な 2.4 GHz 帯の電波を利用して、無線で通信を行うことができる技術で...

  • Page 44: 本製品の無線方式について

    YVC-1000 クイックスタートガイド 本製品の無線方式について 使用周波数範囲 2.4GHz 変調方式 周波数ホッピング(FH-SS 方式) 想定干渉距離 10m 以内 周波数変更の可否 全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回避不可 無線に関するご注意 本製品の使用周波数帯では、電子レンジなどの産業・科学・医療用機器のほか、工場の製造ライン等で使用さ れている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線 局)並びにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。 • 本製品を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局並びにアマチュア無線局が 運用されていないことを確認してください。 • 万一、本製品から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、速やかに 使用場所を変えるか、又は機器の運用を停止(電波の発射を停止)してください。...

  • Page 45: 銘板の位置

    YVC-1000 クイックスタートガイド 銘板の位置 銘板は、本体、マイクの各底面にあります。...

  • Page 46: はじめに

    YVC-1000 クイックスタートガイド はじめに ヤマハ YVC-1000 をお買い上げいただきありがとうございます。本製品は PC や Mac、スマートフォンやタ ブレットおよびビデオ会議システムといった通信機器に接続して、音声端末として機能するユニファイドコミュ ニケーションマイクスピーカーシステムです。 お使いになる前に本書をよくお読みになり、正しく設置や接続を行ってください。 本書はなくさないように、大切に保管してください。 • 本書の記載内容の一部または全部を無断で転載することを禁じます。 • 本書は、発行時点での最新仕様で説明しています。最新版は、下記のウェブサイトからダウンロードでき ます。 http://jp.yamaha.com/products/communication/download/ • 本製品を使用した結果発生した情報の消失などの損失については、弊社ではいかなる責任も負いかねます。 保証は本製品の物損の範囲に限ります。あらかじめご了承ください。 箱の中身をご確認ください • 本体(YVC-CTU1000)× 1 • マイク(YVC-MIC1000)× 1 • 電源ケーブル(3m)× 1 • USB ケーブル(5m)× 1 • マイクケーブル(5m)× 1 • クイックスタートガイド(本書) × 1...

  • Page 47: 本書以外の説明書もご覧ください

    YVC-1000 クイックスタートガイド 本書以外の説明書もご覧ください 本書は基本的な情報のみを記載しています。 詳しい使い方については、以下の説明書も合わせてご覧ください。 取扱説明書:詳しい設定や便利な機能など、本製品を活用するための情報を記載しています。 弊社 Web サイトのダウンロードページから最新の取扱説明書をダウンロードしてください。 また、通信機器の設定方法については、通信機器の取扱説明書をご覧ください。 最新の機能を利用する 弊社 Web サイトのダウンロードページからファームウェア(本製品のプログラム)をダウンロードして、最新 の機能をご利用いただけます。 ■ ダウンロードページ http://jp.yamaha.com/products/communication/download/ オープンソースソフトウェアの使用について 本製品はオープンソースソフトウェアを使用しています。 ライセンス条文は取扱説明書に記載しています。 本製品のお客様サポートについて(サポート規定) ヤマハ株式会社は、お客様が本製品を快適にご利用いただけますように、また本製品の性能、機能を最大限に活 用していただけますように、以下の内容、条件でサポートをご提供します。 1. サポート方法 ① FAQ、技術情報、設定例、ソリューション例などの Web 掲載 ② 電話でのご質問への回答 ③ お問い合わせフォームからのご質問への回答 ④ カタログ送付 ⑤ 代理店・販売店からの回答 ご質問内容によっては代理店・販売店へご質問内容を案内し、代理店・販売店よりご回答させていただく場合が ありますのであらかじめご了承のほどお願い致します。...

  • Page 48: サポート窓口のご案内

    YVC-1000 クイックスタートガイド なお、これらの責任に関しては弊社が事前にその可能性を知らされていた場合でも同様です。ただし、契約 及び法律でその履行義務を定めた内容は、その定めるところを遵守するものと致します。 ② ファームウェアの修正は弊社が修正を必要と認めたものについて生産終了後 2 年間行います。 ③ 質問受付対応、修理対応は生産終了後 5 年間行います。 ④ 期日・時間指定のサポート、日本語以外でのサポートは行っていません。 ⑤ お問い合わせの回答を行うにあたって、必要な情報のご提供をお願いする場合があります。情報のご提供が ない場合は適切なサポートができない場合があります。 ⑥ 再現性がない、及び特殊な環境でしか起きないなどの事象に関しては、解決のための時間がかかったり適切 なサポートが行えない場合があります。 ⑦ 他社サービス、他社製品、及び他社製品との相互接続に関してのサポートは弊社 Web 上に掲載している範 囲に限定されます。 ⑧ やむを得ない事由により本製品の返品・交換が生じた場合は、ご購入店経由となります。なお、返品・交換 に際しましてはご購入店、ご購入金額を証明する証憑が必要となります。 ⑨ 製品の修理は代理店・販売店経由で受付けさせていただきます。弊社への直接持ち込みはできません。また、 着払いでの修理品受付は致しておりません。発送は弊社指定の通常宅配便(国内発送のみ)にて行わせてい ただきます。修理完了予定期間は変更になる場合がありますのでご了承のほどお願い致します。なお、保証 期間中の無料修理(無料例外事項)などの詳細規定は保証書に記載しております。 ⑩ 上記サポート規定は予告なく変更されることがあります。 サポート窓口のご案内 本製品に関するご質問やお問い合わせは、下記へご連絡ください。 ■ 音声コミュニケーション機器お客様ご相談センター TEL:03-5651-1838 ご相談受付時間...

  • Page 49: 各部の名称とはたらき

    YVC-1000 クイックスタートガイド 各部の名称とはたらき 本体(YVC-CTU1000) 1 2 3 電源ボタン / インジケーター Bluetooth ボタン / インジケーター 本製品を電源オンにする際に押します。電源オンから Bluetooth対応スマートフォンやタブレットとペアリ スタンバイ状態にするときは 2 秒以上押します。スタ ングや接続する際に押します。 ンバイ状態のときは赤色に点灯します。電源オンにす Bluetooth 接続中は、このボタンを押すと ると緑色に点灯します。 Bluetooth が切断されます。 音量+−ボタン / インジケーター NFC ロゴ(N-Mark) スピーカーの音量を調整する際に押します。0.5 秒以 NFC(近距離無線通信)機能搭載の Bluetooth 対応 上押すと連続して音量を上げ下げできます。 スマートフォンやタブレットをここにかざすと本製品 また、音量+−ボタンを同時に 2 秒以上押すと、内蔵...

  • Page 50: 本体(yvc-ctu1000) :背面

    YVC-1000 クイックスタートガイド 本体(YVC-CTU1000) :背面 1 2 3 4 5 6 電源端子 外部スピーカー端子 付属の電源ケーブルを接続します。 アンプ内蔵のスピーカーと接続します。 USB ポート オーディオ出力端子(AUDIO OUT) 付属の USB ケーブルで PC や Mac と接続します。 ビデオ会議システムのオーディオ入力端子に接続しま す。 マイク端子 オーディオ入力端子(AUDIO IN) 付属のマイクとマイクケーブルで接続します。 ビデオ会議システムのオーディオ出力端子に接続しま す。 本体(YVC-CTU1000) :底面 銘板 以下の情報が記載されています。 Model No.:本製品の機器名が記載されています。 SERIAL LABEL:製品を管理 / 区分するための製造...

  • Page 51: マイク(yvc-mic1000

    YVC-1000 クイックスタートガイド マイク(YVC-MIC1000) マイクミュートボタン マイクステータスインジケーター マイクを一時的に停止(ミュート)する際に押します。 マ イ ク が 有 効 の と き は 緑 色 に 点 灯 し ま す。マ イ ク もう一度押すとミュートは解除されます。 ミュート時は赤色に点滅します。 マイク(YVC-MIC1000) :側面 入力端子(IN) 出力端子(OUT) オプションのマイク(YVC-MIC1000EX)とマイク 本体とマイクケーブルで接続します。 ケーブルで接続します。...

  • Page 52: マイク(yvc-mic1000) :底面

    YVC-1000 クイックスタートガイド マイク(YVC-MIC1000) :底面 銘板 以下の情報が記載されています。 Model No.:本製品の機器名が記載されています。 SERIAL LABEL:製品を管理 / 区分するための製造 番号(シリアル番号)が記載されています。...

  • Page 53: 本製品を準備する

    YVC-1000 クイックスタートガイド 本製品を準備する 設置する 本製品を使用する場所に設置します。 設置上の注意 • 本体とマイクは 1m 以上離して設置してください。 • マイクは雑音源から離して設置してください。 1m 以上...

  • Page 54: マイクケーブル、電源ケーブルを接続する

    YVC-1000 クイックスタートガイド マイクケーブル、電源ケーブルを接続する 本製品に付属のマイクケーブル、電源ケーブルを接続します。 ラベルの 色を合わ コンセントに接続 せる ご注意 • マイクケーブルを接続するときは、 マイクケーブ ルとマイクの出力端子(OUT)のラベルの色を 合わせてください。 • 電源ケーブルは、 本体の電源端子とコンセントに 根元まで確実に差し込んでください。 ヒント 本製品に付属のマイクとオプションのマイク(YVC- MIC1000EX) を合わせて 5 台まで接続できます (詳 しくは取扱説明書をご覧ください) 。 設定する 音声ガイダンスの言語を切り替える 音叉ボタン ( ) を押しながら、音量 + ボタン ( ) を繰り返し押してください。音量 + ボタン ( ) を押すた...

  • Page 55: 通信機器と接続する

    YVC-1000 クイックスタートガイド 通信機器と接続する PC または Mac と USB ケーブルで接続する USB 端子へ コンセ ントに 接続 マイク に接続 接続後に本製品の電源をオンして、PC または Mac が本製品を正しく認識していることを確認してくだ さい。 詳しい使い方は取扱説明書をご覧ください。 ビデオ会議システムとオーディオケーブルで接続する オーディオ 出力端子 オーディオ 入力端子 ビデオ会議システム コンセント に接続 マイクに 接続 接続後に、本製品がマイクおよびスピーカーとして使用されるように、ビデオ会議システムの設定を変 更してください。 詳しい使い方は取扱説明書をご覧ください。...

  • Page 56: スマートフォンまたはタブレットと Bluetooth 接続する

    YVC-1000 クイックスタートガイド スマートフォンまたはタブレットと Bluetooth 接続する Bluetooth ボタン 電源ボタン ■ ペアリングする 1. 電源ボタンを押して、本製品の電源をオンにする。 2. Bluetooth ボタン を押す。 Bluetooth ボタンが青色に点滅します。 3. Bluetooth ボタンを 2 秒以上押す。 Bluetooth ボタンが青色の高速点滅に変わり、ペアリング可能状態になります。 4. スマートフォンまたはタブレットでペアリング操作をする。 ■ ペアリング済みのスマートフォンまたはタブレットと Bluetooth 接続する 1. 電源ボタンを押して、本製品の電源をオンにする。 2. Bluetooth ボタンを押す。 Bluetooth ボタンが青色に点滅し、Bluetooth 接続可能状態になります。 3. スマートフォンまたはタブレットで Bluetooth 接続操作をする。...

  • Page 57: 主な仕様

    YVC-1000 クイックスタートガイド 主な仕様 総合 外部インター 本体:USB 2.0 High Speed、Bluetooth、NFC(近距離無線通信) 、 フェース: オーディオ入力端子(ステレオ RCA ピン) 、オーディオ出力端子(ステレオ RCA ピン) 、 外部スピーカー端子(RCA ピン)× 2、電源端子、マイク端子 マイク:入力端子、出力端子 最大消費電力: 20W(マイク 1 台接続時) 、35W(マイク 5 台接続時) 電波障害規格: VCCI クラス A 動作環境: 温度:0 ∼ 40 ℃ 湿度:20 ∼ 85%(結露しないこと)...

  • Page 58: オーディオ

    YVC-1000 クイックスタートガイド オーディオ マイクユニット: 単一指向性 × 3 スピーカーユニット: フルレンジ × 1 収音周波数帯域: 100 ∼ 20,000Hz 再生周波数帯域: 100 ∼ 20,000Hz 信号処理: 適応型エコーキャンセラー、ノイズリダクション、マイク自動追尾、オートゲイン コントロール、オートルーム EQ、残響抑圧、自動音響調整...

  • Page 59

    YVC-1000 クイックスタートガイド...

  • Page 60

    YVC-1000 快捷启动指南 目录 安全须知 ............2 使用设置 ............. 13 安装 ............13 使用须知 ............4 连接麦克风和电源缆线 ......14 ® 关于蓝牙 (Bluetooth ) ......5 设定 ............. 14 铭牌位置 ............6 切换语音提示的语言 ......14 介绍 ...............7 连接通讯设备 ..........15 检查内容 ............7 使用 USB 缆线连接至 PC 或 Mac ..15 关于本手册...

  • Page 61: 安全须知

    YVC-1000 快捷启动指南 安全须知 1 在以下任何情况下,请立即从插座上拔 12 请勿阻碍散热。 下电源插头。 • 请勿在本产品上放置衣服、桌布或此 未遵循此项可能会导致火灾或触电。请 类物体。 确保让相关经销商执行必要的维修或检 • 请勿将本产品放置在毛毯和地毯等表 查。 面上。 • 出现任何异味或噪音; • 请勿将本产品挤放在通风不良的狭窄 • 冒烟; 空间内。 • 本产品损坏;或 • 请勿阻挡通风孔。 本产品的允许通风空间至少为顶部 1 cm、 • 本产品暴露在水中。 2 切勿损坏电源缆线 。未遵循此项可能会 左右各 1 cm 及背部 5 cm。...

  • Page 62

    YVC-1000 快捷启动指南 21 请勿在医疗设备附近使用本产品。 本产 31 当电源开启时,切勿连接任何缆线。未 品发出的无线电波可能会对电子医疗设 遵循此项可能会导致本产品和所连接的 备的操作产生不利影响。 请勿在限制无 设备损坏。 线电波的场所 (如医疗设备等附近)使 32 在触碰本产品前,请确保将身体或衣服 用本产品。 上的静电接地。未遵循此项可能会导致 22 避免损坏 USB 和麦克风缆线。 本产品损坏。 33 正确排布和连接缆线。 • 请勿在缆线上放置重物。 • 请勿改装缆线。 如果缆线被扯拉或被脚绊住,则本产品 • 请勿用图钉固定缆线。 或连接的设备可能会倾倒或跌落,从而 • 请勿对缆线用力过大。 造成人身伤害或产品损坏。 • 请勿将缆线放置在热源附近。 34 在连接外部设备之前,请仔细阅读随本...

  • Page 63: 使用须知

    YVC-1000 快捷启动指南 使用须知 • 本产品供普通办公室使用,并非为用于处理人的生命或贵重资产所需的高度可靠性的领 域而设计。 • 请注意,雅马哈对因不当使用或配置本产品造成的任何损坏不承担任何责任。 • 视使用环境而定,本产品可能会造成电话机、收音机和电视机等产生噪音。若出现此情况,请改 变安装位置或朝向。 • 如果将本产品转让给第三方,请随附本手册和附件。 • 请勿连接任何会在与本产品相同的电源线上产生噪音的设备。 该标记附加在出售到中华人民共和国的电器电子产品上。 环形中的数字表示的是环境保护使用期限的年数。 产品中有害物质的名称及含量 有害物质 部件名称 铅 汞 镉 六价铬 多溴联苯 多溴二苯醚 (Pb) (Hg) (Cd) (Cr(VI)) (PBB) (PBDE) × 电路板 ○ ○ ○ ○ ○ 控制终端...

  • Page 64: 关于蓝牙 (bluetooth ® )

    ≤ -30 dBm / 1 MHz ( 其它 1 - 12.75 GHz) 2 不得擅自更改发射频率、加大发射功率 ( 包括额外加装射频功率放大器 ),不得擅自外 接天线或改用其它发射天线; 3 使用时不得对各种合法的无线电通信业务产生有害干扰;一旦发现有干扰现象时,应 立即停止使用,并采取措施消除干扰后方可继续使用; 4 使用微功率无线电设备,必须忍受各种无线电业务的干扰或工业、科学及医疗应用设 备的辐射干扰; 5 不得在飞机和机场附近使用。 保护环境 如果需要废弃设备时,请与本地相关机构联系,获取正确的废弃方法。 请勿将设备随意丢弃或作为生活垃圾处理。 关于蓝牙 (Bluetooth ® • 蓝牙是一种采用 2.4 GHz 的可未经授权使用的频段的无线通讯技术。 • 蓝牙兼容设备使用的 2.4 GHz 频段是一个许多类型的设备共用的无线电频段。虽然蓝牙 兼容设备所采用的技术已尽可能减少其他使用相同无线电频段装置的影响,但是,这种 影响还可能会降低通讯速度或距离,在某些情况下中断通讯。 • 信号传递速度和通讯可能进行的距离取决于通讯设备的距离、是否有障碍物、无线电波 的状态和设备的类型等因素。 • 所以, Yamaha 不能保证在本产品和蓝牙兼容的其他设备之间的无线连接畅通无阻。...

  • Page 65: 铭牌位置

    YVC-1000 快捷启动指南 铭牌位置 铭牌位于控制终端和麦克风的底部。...

  • Page 66: 检查内容

    YVC-1000 快捷启动指南 介绍 感谢您购买 Yamaha YVC-1000。 YVC-1000 是一套统一通信全向麦克风和扬声器组合,作 为连接 PC 或 Mac、智能手机或平板电脑以及视频会议系统等通讯设备时的音频终端。 在安装和连接本产品之前,请仔细阅读本手册。 将本手册存放在安全的地方以备将来参考。 • 未经 Yamaha 许可,不得以任何形式复制或使用本手册的任何部分。 • 本使用说明书的内容为出版时最新的技术规格。请至以下网站下载最新版本的使用 说明书。 http://www.yamaha.com/products/zh/communication/download/ • Yamaha 不对使用本产品造成的任何损失或损害承担任何责任。请注意,保修仅包含 本产品的维修。 检查内容 • 控制终端 (YVC-CTU1000) x 1 • 麦克风 (YVC-MIC1000) x 1 • 电源缆线 (3 m) x 1 •...

  • Page 67: 除本手册之外,请阅读其它使用说明书

    YVC-1000 快捷启动指南 除本手册之外,请阅读其它使用说明书 本手册仅包含基础信息。 有关如何使用本设备的详细信息,请阅读以下内容: 用户手册:包含有关使用本设备的信息,包括详细设置和有用功能。 请从我们网站的下载页面下载最新的用户手册。 若要配置通讯设备的设置,请参阅随本设备提供的使用说明书。 使用最新功能 您可从我们网站的下载页面下载固件 (本产品程序)以使用最新功能。 ■ 下载页面 http://www.yamaha.com/products/zh/communication/download/ 使用开源软件 本产品使用开源软件。 许可内容包含在用户手册内。...

  • Page 68: 控制装置和功能

    YVC-1000 快捷启动指南 控制装置和功能 控制终端 (YVC-CTU1000) 1 2 3 电源按钮 / 指示灯 当按住两秒钟或以上时间时,本设备会自 动测量声学条件并使音频设置调整至最佳 按下开启本设备。按下电源按钮两秒或两 条件 (自动音频调整) 。 秒以上将进入待机模式。当本产品处于开 启状态时亮起绿色,而在待机模式中亮起 蓝牙按钮 / 指示灯 红色。 按下配对或连接蓝牙兼容的智能手机或平 音量 +/- 按钮 / 指示灯 板电脑。 如果在连接了蓝牙设备时按下此按钮,则 按下调节扬声器的音量。按住合适的按钮 蓝牙将会断开连接。 0.5 秒或更长时间将持续提高或降低音量。 同时按住 + 和 - 按钮两秒或两秒以上将在...

  • Page 69: 控制终端 (yvc-ctu1000): 背面

    YVC-1000 快捷启动指南 控制终端 (YVC-CTU1000): 背面 1 2 3 4 5 6 电源端口 外部扬声器端口 用于连接附带的电源缆线。 用于连接带有内置放大器的扬声器。 USB 端口 音频输出端口 (AUDIO OUT) 用于使用附带的 USB 缆线将本产品连接至 用于连接视频会议系统的音频输入端口。 PC 或 Mac。 音频输入端口 (AUDIO IN) 麦克风端口 用于连接视频会议系统的音频输出端口。 用于使用麦克风缆线连接附带的麦克风。 控制终端 (YVC-CTU1000): 底部 铭牌 提供以下信息。 Model No. ( 型号 ):本设备的型号...

  • Page 70: 麦克风 (yvc-mic1000)

    YVC-1000 快捷启动指南 麦克风 (YVC-MIC1000) 麦克风静音按钮 麦克风状态指示灯 按下暂时关闭 (静音)麦克风。若要取消 当麦克风开启时亮起绿色。当麦克风设置 静音功能,则再按该按钮。 为静音时闪烁红色。 麦克风 (YVC-MIC1000): 侧面 输入端口 (IN) 输出端口 (OUT) 使用麦克风缆线连接选购的麦克风 使用麦克风缆线连接控制终端。 (YVC-MIC1000EX) 。...

  • Page 71: 麦克风 (yvc-mic1000): 底部

    YVC-1000 快捷启动指南 麦克风 (YVC-MIC1000): 底部 铭牌 提供以下信息。 Model No. ( 型号 ):本设备的型号 SERIAL LABEL:本设备的序列号...

  • Page 72: 使用设置

    YVC-1000 快捷启动指南 使用设置 安装 将本产品安装在要使用的位置。 安装须知 • 将麦克风放置在离控制终端至少 1 m 远处。 • 使麦克风远离噪音源。 至少 1 m...

  • Page 73: 连接麦克风和电源缆线

    YVC-1000 快捷启动指南 连接麦克风和电源缆线 连接随本产品附带的麦克风和电源缆线。 对齐标 签的颜 插入插座 色。 注意 • 当连接麦克风缆线时,请务必将麦克风 缆线上的标签颜色与麦克风输出端口 (OUT)对齐。 • 请务必将电源缆线完全插入控制终端的 电源端口以及插座。 提示 包括附带的麦克风和选购的麦克风 (YVC-MIC1000EX)在内总共可以将 5 个 麦克风连接至本产品。 (有关详细说明, 请参阅用户手册。 ) 设定 切换语音提示的语言 请在按住音叉按钮 ( ) 的同时,重复按下音量 + 按钮 ( )。每按下音量 + 按钮 ( ) 一...

  • Page 74: 连接通讯设备

    YVC-1000 快捷启动指南 连接通讯设备 使用 USB 缆线连接至 PC 或 Mac 至 USB 端口 插入 插座 连接麦 克风 连接本产品之后,请打开本产品并确认其是否被 PC 或 Mac 正确识别。 有关详细说明,请参阅用户手册。 使用音频电缆连接至视频会议系统 音频输 出端口 音频输 入端口 视频会议系统 插入 插座 连接麦 克风 在连接本产品后,更改视频会议系统的设置以便本产品作为麦克风和扬声器使用。 有关详细说明,请参阅用户手册。...

  • Page 75: 经蓝牙连接至智能手机或平板电脑

    YVC-1000 快捷启动指南 经蓝牙连接至智能手机或平板电脑 电源按钮 蓝牙按钮 ■ 配对 1 按电源按钮打开本产品。 2 按蓝牙按钮。 蓝牙按钮闪烁蓝色。 3 按住蓝牙按钮两秒钟或以上时间。 蓝牙按钮快速闪烁蓝色表示可以进行配对。 4 使用智能手机或平板电脑进行配对步骤。 ■ 经蓝牙连接至配对的智能手机或平板电脑 1 按电源按钮打开本产品。 2 按蓝牙按钮。 蓝牙按钮闪烁蓝色表示本产品可以经蓝牙进行连接。 3 使用智能手机或平板电脑进行蓝牙连接步骤。 当建立连接时,蓝牙按钮会亮起蓝色。 有关详细说明,请参阅用户手册。...

  • Page 76

    YVC-1000 快捷启动指南 规格 常规 控制终端:USB 2.0 高速,蓝牙, NFC (近场通讯) , 接口: 音频输入端口 (立体声 RCA 接头) ,音频输出端口 (立体声 RCA 接头) ,外部扬声器端口 (RCA 接头) ,电源端口,麦克风端口 麦克风:输入和输出端口 功耗 (最大) : 20 W (连接 1 个麦克风时) , 35 W (连接 5 个麦克风时) 无线电干扰标准: GB13837 运行环境:...

  • Page 77

    YVC-1000 快捷启动指南 音频 麦克风单元: 单指向性 x 3 全范围 x 1 扬声器单元: 收音的频带宽度: 100 至 20,000 Hz 播放的频带宽度: 100 至 20,000 Hz 信号处理: 适应型回声消除器,降噪,自动追踪,自动增益控制,自动房间均 衡器,混响抑制,自动音频调整...

  • Page 78

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 목차 안전 관련 주의 사항 ...........2 사용을 위해 설정하기 ..........12 설치 ................ 12 사용 관련 주의 사항 ...........4 마이크로폰 및 전원 케이블 연결하기 ....13 Bluetooth ® 에 대하여 ..........4 설정하기 ..............13 명판 위치 ..............5 음성...

  • Page 79: 안전 관련 주의 사항

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 안전 관련 주의 사항 1 다음 경우가 발생할 경우 콘센트에서 전원 플러그를 즉시 빼 14 먼지 또는 습기 , 기름 낀 연기 또는 증기나 부식성 기체가 노 내야 합니다 . 출되는 장소에 제품을 설치하지 마십시오 . 이 사항을 준수하...

  • Page 80

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 29 재생을 시작하기 전에 볼륨을 최소 레벨로 줄이십시오 . 이 사항을 준수하지 않을 경우 큰 소음이 방출되면서 청각 장 애가 올 수 있습니다 . 30 주변 온도가 급격하게 변하는 장소에서 제품을 사용하지 마십 시오 . 주변 온도가 급격하게 변할 경우 제품에 응축수가 발생...

  • Page 81: 사용 관련 주의 사항

    필요한 분야에서는 사용할 수 없습니다 . • Yamaha 는 제품의 부적절한 사용 또는 구성으로 인해 발생되는 어떠한 피해에 대해서도 책임을 지지 않습니다 . • 사용 환경에 따라 본 제품으로 인해 전화, 라디오, TV 등에서 소음이 발생할 수 있습니다. 이러한 경우 설치 위치 또...

  • Page 82: 명판 위치

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 명판 위치 명판은 콘트롤 유니트와 마이크로폰 하단에 있습니다 .

  • Page 83: 내용물 확인

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 소개 Yamaha YVC-1000 을 구입해 주셔서 감사합니다 . YVC-1000 은 PC 혹은 Mac, 스마트폰 혹은 타블렛 , 비디오 컨퍼런 스 시스템 등의 통신 장비에 연결하여 음향 단자로 사용할 수 있는 통합 커뮤니케이션 마이크로폰 및 스피커 시스템...

  • Page 84: 본 설명서뿐 아니라 다른 지침 설명서도 읽어보시기 바랍니다

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 본 설명서뿐 아니라 다른 지침 설명서도 읽어보시기 바랍니다 본 설명서에는 기본 정보만 수록되어 있습니다 . 제품 사용 방법에 대한 자세한 내용은 다음을 참조하십시오 . 사용 설명서 : 자세한 설정과 유용한 기능을 포함하여 제품 활용에 대한 정보가 수록되어 있습니다 .

  • Page 85: 제어장치 및 기능

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 제어장치 및 기능 콘트롤 유니트 (YVC-CTU1000) 1 2 3 전원 단추 / 표시등 2 초 이상 누르고 있으면 자동으로 음향 상태가 측정 되고 음향 설정이 최적의 상태로 조정됩니다 ( 자동 누르면 제품이 켜집니다 . 전원 단추를 2 초 이상 누...

  • Page 86: 콘트롤 유니트 (yvc-ctu1000): 후면

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 콘트롤 유니트 후면 (YVC-CTU1000): 1 2 3 4 5 6 전원 단자 외부 스피커 단자 본 제품과 함께 제공된 전원 케이블을 연결하는 데 스피커를 내장 앰프와 연결하는 데 사용됩니다 . 사용됩니다 . 음향 출력 단자 (AUDIO OUT) USB 포트...

  • Page 87: 마이크로폰 (yvc-mic1000)

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 마이크로폰 (YVC-MIC1000) 마이크로폰 음소거 단추 마이크로폰 상태 표시등 누르면 마이크로폰이 일시적으로 음소거됩니다 . 음 마이크로폰이 활성 상태인 경우 녹색으로 켜집니다 . 소거 기능을 취소하려면 다시 누릅니다 . 마이크로폰이 음소거 상태인 경우 빨간색으로 깜빡 입니다 .

  • Page 88: 마이크로폰 (yvc-mic1000): 바닥

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 마이크로폰 바닥 (YVC-MIC1000): 명판 다음 정보를 제공합니다 . Model No. ( 모델명 ): 본 제품의 모델 번호입니다 SERIAL LABEL: 본 제품의 일련 번호입니다...

  • Page 89: 사용을 위해 설정하기

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 사용을 위해 설정하기 설치 사용할 위치에서 제품을 설치합니다 . 설치 시 참고 사항 • 마이크로폰을 콘트롤 유니트로부터 1m 이상 떨어뜨리십시오 . • 마이크로폰을 잡음원으로부터 멀리 떨어뜨리십시오 . 1m 이상...

  • Page 90: 마이크로폰 및 전원 케이블 연결하기

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 마이크로폰 및 전원 케이블 연결하기 본 제품과 함께 제공된 마이크로폰 및 전원 케이블을 연결합니다 . 레이블의 컬러를 일 전원 콘센트에 전원 플 치시킵니 러그를 꽂습니다 . 다 . 참고 사항 • 마이크로폰 케이블을 연결하는 경우 마이크로폰...

  • Page 91: 통신 장비에 연결하기

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 통신 장비에 연결하기 케이블을 사용하여 혹은 에 연결하기 USB 포트에 전원 콘센트에 연결합니다 . 전원 플러그를 꽂습니다 . 마이크로폰에 연결합니다 . 제품을 연결한 후 제품의 전원을 켜고 PC 혹은 Mac 에서 올바르게 인식되는지 확인하십시오 .

  • Page 92: Bluetooth 를 통해 스마트폰 혹은 타블렛에 연결하기

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 를 통해 스마트폰 혹은 타블렛에 연결하기 Bluetooth Bluetooth 버튼 전원 버튼 ■ 페어링하기 전원 버튼을 눌러 제품의 전원을 켭니다 . Bluetooth 버튼을 누릅니다 . Bluetooth 버튼이 파란색으로 깜박입니다 . Bluetooth 버튼을 2 초 이상 누르고 있습니다 .

  • Page 93

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 사양 일반 인터페이스 : 콘트롤 유니트 : USB 2.0 High Speed, Bluetooth, NFC(Near Field Communication), 음향 입력 단자 ( 스테레오 RCA 핀 ), 음향 출력 단자 ( 스테레오 RCA 핀 ), 외부 스피커 단자 (RCA 핀 ) x 2, 전원 단자 , 마이크로폰 단자...

  • Page 94

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서 음향 단방향 x 3 마이크로폰 유니트 : 스피커 유니트 : 풀레인지 x 1 100 ~ 20,000 Hz 사운드 감지 주파수 대역 : 100 ~ 20,000 Hz 재생 주파수 대역 : 신호 처리 : 적응형 에코캔슬러 , 노이즈 감쇠 , 자동 추적 , 자동 게인 제어 , 자동 룸 EQ, 탈반향 , 자동...

  • Page 95

    YVC-1000 빠른 시작을 위한 설명서...

  • Page 96

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Contenido INSTRUCCIONES DE SEGURIDAD Preparación para el uso ..........13 IMPORTANTES............2 Instalación ............... 13 Conexión de los cables de alimentación y del Precauciones de seguridad ..........3 micrófono ..............14 Precauciones de uso .............5 Configuración ............14 ®...

  • Page 97: Instrucciones De Seguridad Importantes

    This product, when installed as indicated in the instructions contained in this manual, meets FCC requirements. Modifications not expressly approved by Yamaha may void your authority, granted by the FCC, to use the product. 2 IMPORTANT: When connecting this product to accessories and/or another product use only high quality shielded cables. Cable/s supplied with this product MUST be used.

  • Page 98: Precauciones De Seguridad

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Precauciones de seguridad 1 Asegúrese de extraer inmediatamente la clavija de alimentación de 14 No instale el producto en ningún lugar expuesto a polvo o la toma en cualquiera de los siguientes casos. humedad, humo o vapor de aceite, o gas corrosivo. Si lo hace, Si no lo hace, podría provocar un incendio o descarga eléctrica.

  • Page 99

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido 29 Baje el volumen al mínimo antes de comenzar la reproducción. 32 Descargue cualquier electricidad estática de su cuerpo o ropa antes Si no lo hace, podrían emitirse ruidos fuertes y provocar de tocar el producto. Si no lo hace, podría provocar daños en el deficiencias auditivas.

  • Page 100: Precauciones De Uso

    • El producto está diseñado para su uso en oficinas comunes y no para su uso en lugares que precisen de un alto grado de fiabilidad en el tratamiento de vidas humanas o bienes de gran valor. • Tenga en cuenta que Yamaha no se hará responsable de ningún daño derivado de un uso o configuración inapropiados del producto.

  • Page 101: Ubicación De Las Placas Identificativas

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Ubicación de las placas identificativas Las placas identificativas se encuentran en la parte inferior de la Unidad de Control y del micrófono.

  • Page 102: Introducción

    Google Inc. ® • Bluetooth es una marca registrada de Bluetooth SIG y ha sido utilizada por Yamaha en virtud de su acuerdo de licencia. • El logotipo NFC (N-Mark) es una marca comercial o marca registrada de NFC Forum, Inc.

  • Page 103: Además De Este Manual, Lea Otros Manuales De Instrucciones

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Además de este manual, lea otros manuales de instrucciones Este manual solo contiene información básica. Para obtener información detallada sobre el uso del producto, lea los siguientes documentos: Manual del usuario: contiene información sobre el uso del producto, incluyendo ajustes detallados y funciones de utilidad.

  • Page 104: Mandos Y Funciones

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Mandos y funciones Unidad de Control (YVC-CTU1000) 1 2 3 Si se mantiene presionado durante dos segundos o más, Botón/indicador de encendido el producto mide automáticamente las condiciones Púlselo para encender el producto. Manténgalo acústicas y adapta los ajustes de audio a unas presionado durante dos segundos o más para pasar al...

  • Page 105: Unidad De Control (yvc-ctu1000): Parte Trasera

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Unidad de Control (YVC-CTU1000): parte trasera 1 2 3 4 5 6 Terminal de alimentación Terminales de altavoz externo Se utiliza para conectar el cable de alimentación Se utilizan para conectar los altavoces con un suministrado.

  • Page 106: Micrófono (yvc-mic1000)

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Micrófono (YVC-MIC1000) Botón de silencio del micrófono Indicador de estado del micrófono Púlselo para desactivar temporalmente (silenciar) el Se ilumina en verde cuando el micrófono está activo. micrófono. Para cancelar la función de silencio, vuelva Parpadea en rojo cuando el micrófono está...

  • Page 107: Micrófono (yvc-mic1000): Parte Inferior

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Micrófono (YVC-MIC1000): parte inferior Placa identificativa Ofrece los siguientes datos: Model No.: número de modelo del producto SERIAL LABEL: número de serie del producto...

  • Page 108: Preparación Para El Uso

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Preparación para el uso Instalación Instale el producto en el lugar donde vaya a utilizarse. Notas sobre la instalación • Coloque el micrófono como mínimo a 1 m (3,3 ft) de la Unidad de Control.

  • Page 109: Conexión De Los Cables De Alimentación Y Del Micrófono

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Conexión de los cables de alimentación y del micrófono Conecte los cables de alimentación y del micrófono suministrados con el producto. Haga que las etiquetas de colores Enchufe el cable a una toma. coincidan. Notas •...

  • Page 110: Conexión A Dispositivos De Comunicaciones

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Conexión a dispositivos de comunicaciones Conexión a un PC o Mac mediante el cable USB Al puerto USB. Enchufe el cable a una toma. Conecte un micrófono. Tras conectar el producto, enciéndalo y confirme que el PC o Mac lo ha reconocido correctamente.

  • Page 111: Conexión A Un Teléfono Inteligente O Tableta A Través De Bluetooth

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Conexión a un teléfono inteligente o tableta a través de Bluetooth Botón de alimentación Botón Bluetooth ■ Emparejamiento 1 Pulse el botón de encendido para encender el producto. 2 Pulse el botón Bluetooth. El botón Bluetooth parpadea en azul.

  • Page 112: Especificaciones

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Especificaciones Generales Unidad de Control: USB 2.0 a alta velocidad, Bluetooth, NFC (Near Field Communication), Interfaz: Terminales de entrada de audio (patilla RCA estéreo), terminales de salida de audio (patilla RCA estéreo), 2 terminales de altavoz externo (patilla RCA), terminal de alimentación, terminal de micrófono...

  • Page 113: Audio

    YVC-1000 Guía de Inicio Rápido Audio 3 unidireccionales Micrófonos: 1 de gama completa Altavoz: 100 a 20.000 Hz Ancho de banda de frecuencia para captador de sonido: 100 a 20.000 Hz Ancho de banda de frecuencia para reproducción: Cancelador de eco adaptativo, reducción de ruido, seguimiento automático, control de ganancia Procesamiento automático, ecualizador ambiental automático, desreverberación, sintonización de audio...

  • Page 114

    Manual Development Group © 2014 Yamaha Corporation Published 07/2016 AB-E0 Printed in China ZW44620...

Comments to this Manuals

Symbols: 0
Latest comments: