Download Print this page

Sony HVL HVL-F56AM Operating Instructions Manual

Sony flash operating instructions hvl-f56am.
Hide thumbs

Advertisement

フラッシュ
Flash
取扱説明書
Operating Instructions
Mode d'emploi
HVL-F56AM
電気製品は安全のための注意事項を守らないと、
火災や人身事故になることがあります。
この取扱説明書には、事故を防ぐための重要な注意事項と製品の
取り扱いかたを示しています。この取扱説明書をよくお読み
のうえ、製品を安全にお使いください。お読みになったあ
とは、いつでも見られるところに必ず保管してください。
© 2006 Sony Corporation Printed in Japan
2-687-455-01 (1)

Advertisement

Chapters

   Related Manuals for Sony HVL HVL-F56AM

   Summary of Contents for Sony HVL HVL-F56AM

  • Page 1

    フラッシュ Flash 取扱説明書 Operating Instructions Mode d’emploi HVL-F56AM 電気製品は安全のための注意事項を守らないと、 火災や人身事故になることがあります。 この取扱説明書には、事故を防ぐための重要な注意事項と製品の 取り扱いかたを示しています。この取扱説明書をよくお読み のうえ、製品を安全にお使いください。お読みになったあ とは、いつでも見られるところに必ず保管してください。 © 2006 Sony Corporation Printed in Japan 2-687-455-01 (1)

  • Page 2: 安全のために

    安全のために ソニー製品は安全に充分配慮して設計 されています。しかし、まちがった使 いかたをすると、火災や感電などによ り人身事故になることがあり危険で す。事故を防ぐために次のことを必ず お守りください。 • 安全のための注意事項を守る • 故障したら使わずに、ソニーデジタ ル一眼レフカメラ専用ヘルプデスク に修理を依頼する • 万一異常が起きたら 本機が熱くなり 変なにおい、煙が出た場合 1 本機の電源を切る。 2 電池をはずす。 3 ソニーデジタル一眼レフカメラ 専用ヘルプデスクに修理を依頼 する。 ( ∼ ページも合わせて  お読みください。) 警告表示の意味 取扱説明書では、次のような表示を しています。表示の内容をよく理解 してから本文をお読みください。 この表示の注意事項を守らないと、 火災・感電・破裂などにより死亡や 大けがなどの人身事故が生じます。 この表示の注意事項を守らないと、 火災・感電・事故などにより死亡や 大けがなど人身事故になることがあ ります。 この表示の注意事項を守らないと、...

  • Page 3: Table Of Contents

    目次 安全のために ... 主な特長 ... 各部の名前 ... 操作部の名前 ... 液晶表示部 ... 準備 電池の入れかた ... カメラへの取り付け、取りはずし かた ... ON/OFF 切り換え ... 基本撮影 基本的な撮影(プログラムオート ( )フラッシュ撮影)... 各撮影モードでの撮影 ... 応用撮影 照射角の切り換え ... テスト発光/モデリング発光 ... バウンス撮影 ... 近距離撮影(下向きのバウンス撮 影)... 液晶表示部照明 ... 補助光 ... モードボタンとセレクトボタン マニュアルフラッシュ撮影(...

  • Page 4: 主な特長

    お使いになる前に必ずお読みください 本取扱説明書とあわせて、お使いのカメラの取扱説明書もご確認くださ い。 本機は防じん、防滴、防水仕様ではありません 置いてはいけない場所 使用中、保管中にかかわらず、次のような場所に置かないでください。故 障の原因になります。 • 異常に高温になる場所 炎天下や夏場の窓を閉め切った自動車内は特に高温になり、放置すると 変形したり、故障したりすることがあります。 • 直射日光の当たる場所、熱器具の近く  変形したり故障したりすることがあります。 • 激しい振動のある場所 • 強力な磁気のある場所 • 砂地、砂浜などの砂ぼこりの多い場所 海辺や砂地、あるいは砂ぼこりが起こる場所などでは、砂がかからない ようにしてください。故障の原因になることがあります。 主な特長 • ガイドナンバー ( ンパクト化を実現したクリップオン式フラッシュです。 • 内蔵ワイドパネルによりレンズ表示 います。 • 対応レンズとの組み合わせで、 高精度な • ワイヤレスでのハイスピードシンクロ撮影が可能です。 • 発光部が上方 °、左 付)他、下方 °で近距離撮影にも対応しています。 カメラによっては、お使いになれない機種があります。...

  • Page 5: 各部の名前

    各部の名前 内蔵ワイドパネル ( 発光部 補助光発光部 ( ) ワイヤレス信号受光部 ( ) バウンス角度表示 ( ) 液晶表示部 ( ) 操作部( ) ご使用前に本機前面部の保護シートをはがしてください。 ターミナル内 ・アクセサリー用ターミナル ( ・外部電源用ターミナル ( ) ) ) ターミナルキャップ フラッシュ取りはずし ボタン ( ) オートロックフット バウンスロック解除 ボタン( ) 電池室ふた ( )...

  • Page 6: 操作部の名前

    操作部の名前 セレクトボタン モードボタン 表示部照明 ボタン ( ) ON/OFF 発光 切り換え ボタン ( ) 充電完了表示( −ボタン ) ズーム (照射角) 切り換え ボタン ( ) +ボタン テスト発光/ モデリング発光 ボタン( ) テスト発光モード切り 換え/ホールドレバー ( )...

  • Page 7

    液晶表示部 近距離表示限界指標( ハイスピードシンクロ 表示 ( ワイヤレス発光表示 ( ∼ ) 調光確認表示 ( ) 制御表示 ( ) ワイヤレス信 号発光 (コン ローラー) 表示 マニュアル発 光表示 ( ) マルチ発光表 示 ( ) カスタム設定 表示( ) 光量比制御表示 表示されますが、 ご使用になれません。 光量レベル表示 ( 照射角切り換え表示 ( このページの図では、説明のためすべての表示を点灯させています。 距離表示( )...

  • Page 8: 電池の入れかた

    電池の入れかた 以下のいずれかの電池を使用します。 電池は同梱していません。 • 単 形アルカリ乾電池  • 単 形リチウム電池  • 単 形ニッケル水素電池( ニッケル水素電池は、必ず指定の充電器で完全に充電してからお使いくださ い。 電池室ふたを図の方向に押して開ける。 電池室内の表示にしたがって電池を入れる。 電池室ふたを閉める。 • 開けるときと反対の手順に沿ってください。 • 液晶表示部に表示が現れます。表示されない場合は、発光 切り換えボタンを押してください。 本 本 Ni-MH ) 本 ON/OFF...

  • Page 9

    電池残量のチェック 電池の残量が少なくなると、液晶表示部に • ON/OFF 本機の発光 切り換えボタンを押しても何も表示されないとき は、電池の向きを確認してください。 が表示されます。 点滅 電池の交換をおすすめします。 この状態でも、背面の (充電完 了表示)が点灯したら、本機は 発光可能です。 のみ点滅 本機は発光しません。 新しい電池と交換してくださ い。...

  • Page 10

    カメラへの取り付け、取りはずしかた 取り付けかた オートロックフットを、矢印方向に止まるまでしっかり差し 込む。 • 自動的にロックされます。 • カメラの内蔵フラッシュが上がっているときは、下げてから取り付けて ください。 取りはずしかた フラッシュ取りはずしボタンを押しながら1、本機を取りは ずす2。...

  • Page 11: On/off 切り換え

    ON/OFF 切り換え ON/OFF 本機背面の発光 本機の電源が入ります。 オートパワーオフ カメラまたは本機を 分以上操作しないでいると、節電のため自動的に電 源が切れ、表示が消灯します。 • ワイヤレスフラッシュ撮影時( す。 • カスタム設定により、オートパワーオフまでの時間を変更する、または オートパワーオフの作動を禁止することもできます( 切り換えボタンを押す。 電源が入ると、液晶表示部に れます。 電源が入った状態で発光 ボタンを押すと、電源が切れ、 されます。 • は 秒後に消えます。 ページ)は 分で表示が消灯しま が表示さ ON/OFF 切り換え が表示 ページ) 。...

  • Page 12: 基本的な撮影(プログラムオート ( P )フラッシュ撮影

    基本的な撮影(プログラムオート( フラッシュ撮影) カメラの撮影モードを ON/OFF 発光 は を表示させる。 • 自動発光の場合、 は、 のみが表示されます。 シャッターボタンを半押しして、被写体が調光距離の範囲 内にあることを確認する。 • 調光距離については モードにする。 切り換えボタンを押して、 と が表示されます。強制発光の場合 ページをご覧ください。 ) また...

  • Page 13

    本機の充電が完了したら、シャッターボタンを押し込んで 撮影する。 • 本機は背面の が、カメラはファインダー内の がそれぞれ点灯し たら、充電完了です。 撮影後、適正露出が得られたときには、本機は液晶表示部の 秒間点灯します。 • 充電が完了する前に撮影すると、露出アンダーになることがあります。 • セルフタイマーでフラッシュ撮影を行なうときは、充電完了を確認して からシャッターボタンを押し込んでください。 • 自動発光になるか強制発光になるかは、カメラによって異なります。 詳しくはカメラの取扱説明書をご覧ください。 • オートモードやシーンセレクションのあるカメラでは、それらのモード はここではプログラムモードとして扱っています。 が約 次ページにつづく...

  • Page 14

    調光距離 シャッターボタンを半押しする。 液晶表示部に、適正露出が得られる撮影距離(調光距離)が表示されま す。被写体がこの範囲内にあるのを確認してから撮影してください。 表示可能な距離範囲は ( ページ) ) 。調光距離がこの範囲を越える場合は、両側の または が点灯します。 • 上および左右方向のバウンス撮影時、ワイヤレスフラッシュ撮影時およ びオフカメラケーブル使用時には、調光距離は表示されません。 • 調光距離範囲の近距離側限界より近くで撮影すると、 ても露出オーバーになったり、画面下部が暗くなったりすることがあり ます。表示されている範囲内で撮影してください。 ∼ です (下向きのバウンス撮影時は 適正露出の得られる範囲は 適正露出の得られる範囲は です。 ∼ 1.5m 以下です。 ∼ 以上 が点灯してい...

  • Page 15: 各撮影モードでの撮影

    各撮影モードでの撮影 絞り優先フラッシュ撮影( カメラの撮影モードを ON/OFF 発光 切り換えボタンを押して、 る。 • 本機は強制発光となります。 絞り値を設定し、ピントを合わせる。 • 絞りを絞り込む(絞り値を大きくする)と調光距離は短く、開放側 にする (絞り値を小さくする)と長くなります。 • シャッタースピードは自動的に設定されます。 充電が完了したら、シャッターボタンを押し込んで撮影す る。 ) モードにする。 を表示させ 次ページにつづく...

  • Page 16

    シャッタースピード優先フラッシュ撮影( カメラの撮影モードを ON/OFF 発光 切り換えボタンを押して、 る。 • 本機は強制発光となります。 シャッタースピードを設定し、ピントを合わせる。 充電が完了したら、シャッターボタンを押し込んで撮影す る。 マニュアルモードフラッシュ撮影( カメラの撮影モードを ON/OFF 発光 切り換えボタンを押して、 る。 • 本機は強制発光となります。 絞り値とシャッタースピードを設定し、ピントを合わせ る。 • 絞りを絞り込む(絞り値を大きくする) と調光距離は短く、開放側 にする (絞り値を小さくする) と長くなります。 充電が完了したら、シャッターボタンを押し込んで撮影す る。 モードにする。 モードにする。 ) を表示させ ) を表示させ...

  • Page 17: 照射角の切り換え

    照射角の切り換え 照射角自動切り換え 85mm 本機では、 ∼ うに、自動的に照射角が切り換わります(オートズーム) 。通常は手動で 照射角を切り換える必要はありません。 24mm 焦点距離 • シャッターボタンを半押しすると、自動で設定された照射角が液晶表示 部に表示されます。 • オートズーム位置は使用レンズの焦点距離に応じて下のように設定され ます。 使用レンズの焦点距離 24mm 28mm 35mm 50mm 70mm 85mm • オートズームの状態で焦点距離 」 が点滅します。内蔵ワイドパネル ( します。そのまま撮影すると、画面周辺が暗くなることがあります。 の範囲で撮影中のレンズの焦点距離に対応するよ の場合 焦点距離 オートズーム位置 27mm ∼ 34mm ∼ 49mm ∼ 69mm ∼...

  • Page 18

    照射角手動切り換え 使用中のレンズの焦点距離にかかわらず、手動で照射角を設定することも できます (マニュアルズーム) 。 ズーム(照射角)切り換えボタン( 照射角を表示させる。 • 以下の順に照射角が切り換わります。 オートズーム→ 24mm → 28mm → 35mm → 50mm → 70mm → 85mm • 手動で設定した場合は、照射角の上に 「 • 使用中のレンズの焦点距離より狭い照射角(望遠側)を設定すると、画 面周辺が暗くなります。 ZOOM ) を押して、希望の M.ZOOM 」が表示されます。...

  • Page 19

    内蔵ワイドパネル( 応) 内蔵ワイドパネルを引き出すと、 パネルを持って引き出す。 • 液晶表示部の照射角表示は 「 です。 • パネルを収納する際は、奥まできっちり押し込んでください。 • 17mm 焦点距離 付近で平面被写体を正面から撮影する場合、画面中央 部と周辺部で撮影距離が異なるため、画面周辺が若干暗くなることがあ ります。 • 焦点距離が mmより広角のレンズを使用すると、画面周辺が暗くな ることがあります。 17mm の焦点距離に対 17mm までの焦点距離に対応します。 17mm 」になります。調光距離表示も有効...

  • Page 20: テスト発光/モデリング発光

    テスト発光/モデリング発光 撮影前に、本機を 回または複数回テスト発光させることができます。特 にワイヤレスフラッシュとして本機を使用するときなど、本機をカメラか ら離したときに、影の出方をあらかじめ確認するのに便利です。 モデリング発光とは、撮影前に被写体の影の出方を確認するために行なう発 光のことです。 テスト発光モード切り換え/ホールドレバーを、希望のモ ードに合わせる。 設定されている光量 ( す。 • マニュアルフラッシュ撮影( お使いの際には、この設定にしてください。 • マルチ発光撮影時 ( だけ本機が発光します。 秒に 回の割合で ンバー ) 。 • 大まかな影を確認することができます。 秒に 回の割合で ドナンバー • マクロ撮影等、細かい影の様子を確認することができます。 HOLD 誤って設定が変わらないようにするための位置です(ホールド) 。 • この位置では、テスト発光ボタン、表示部照明ボタン以外の本機の 操作はできません。カメラの操作は可能なので、撮影はできます。 LEVEL 1/1 1/32 ∼...

  • Page 21

    本機の充電が完了したら、テスト発光/モデリング発光ボ タンを押す。 • フラッシュ発光中は、シャッターボタンを押さないでください。 • 影の強弱は、実際に撮影したときの影とは異なることがあります。 • 明るい場所や屋外での発光、またはバウンス撮影時は、影が薄くなるの で確認が難しくなります。...

  • Page 22: バウンス撮影

    バウンス撮影 被写体のすぐ後ろに壁があるときに本機を発光させると、壁に強い影がで きてしまいます。このような場合に発光部を天井などに向けて発光させ、 その反射光によって被写体を照明すると、強い影がなくなり、画面全体に 光の回ったやわらかい写真が撮れます。 通常のフラッシュ撮影 バウンス撮影 バウンスロック解除ボタンを押しながら、発光部を上方向ま たは左右に回転させる。...

  • Page 23

    • 液晶表示部にバウンス表示が現れます。 フラッシュ発光部は、以下の角度で回転することができます。 • 上方向: °、 °、 • 下方向: ° ( 「近距離撮影」 • 右方向: °、 °、 • 左方向: °、 °、 • ロックは正位置 ( °) でのみかかります。元の位置に戻すときは、 ロック解除ボタンを押す必要はありません。 • フラッシュ発光部を上方向または左右方向に回転させると、液晶表示部 の調光距離は表示されません。ハイスピードシンクロ( 除されます。 • フラッシュ光を反射させる面(天井や壁)は、白に近いものをおすすめ します。反射面が白以外のときは、反射したフラッシュ光が色の影響を 受けることがあります。高い天井や、ガラスなどはおすすめできませ ん。 °、 ° ページ) °、 °、 °...

  • Page 24

    バウンス角度の調整 本機の直接光とバウンス光が同時に画面に入ると、照明ムラの原因となり ます。反射させる面までの距離、撮影距離、使用レンズの焦点距離などを 考慮に入れて角度を決めてください。 良い例 悪い例 上方向にバウンスさせる場合 下の表を参考に角度を決めてください。 使用レンズの焦点距離 70mm 28mm 左右にバウンスさせる場合 °回転させて真横でバウンスすることをおすすめします。 い角度にするときは、本機の直接光が被写体に当たらないようにしてくだ さい。 以上 70mm ∼ 以下 バウンス角度 ° ° °、 ° °よりも狭...

  • Page 25: 近距離撮影(下向きのバウンス撮影

    近距離撮影(下向きのバウンス撮影) 0.7m 1.5m ∼ の距離にあるものを撮影する場合は、フラッシュ発光部を下 に向けると、被写体を正確に照らすことができます。 バウンスロック解除ボタンを押しながら、発光部を下方向に 回転させる。 • 液晶表示部に下向きのバウンス表示が現れます。 • 回転角度は °です。 • 0.7m 以内で撮影すると、フラッシュ発光部が被写体の方向に向かない ため、画面下部が暗くなることがあります。オフカメラ撮影を行なう か、マクロフラッシュの使用をおすすめします。...

  • Page 26: 液晶表示部照明

    液晶表示部照明 表示部が暗いときは照明をつけることができます。 表示部照明ボタンを押す。 • 約 秒間照明が点灯します。その間に本機の操作を行なうと、点灯時間 は延長されます。 • 点灯中にもう一度照明ボタンを押すと、すぐに消灯します。...

  • Page 27: Af 補助光

    補助光 被写体が暗いときやコントラスト(明暗差) が小さいときは、シャッター ボタン半押し等オートフォーカスでピントを合わせると、本機前面の赤い ランプが光ることがあります。これは、オートフォーカスでピントを合わ せやすくするための 補助光です。 • AF 補助光は、フラッシュ発光が • 本機の 補助光が発光するときは、カメラの ん。 • フォーカスモードがコンティニュアス いているものにピントを合わせ続けている場合)は、 しません。 • 300mm レンズの焦点距離が とがあります。本機をカメラから離しているときも発光しません。 の状態でも発光します。 補助光は発光しませ の状態になっているとき(動 以上のときは、 補助光は発光しないこ 補助光は発光...

  • Page 28: モードボタンとセレクトボタン

    モードボタンとセレクトボタン モードボタン、セレクトボタン、+ボタン、−ボタンの ージのフラッシュ機能の設定を行なうことができます。 基本的には、以下の手順により設定できます。詳細は各ページをご覧くだ さい。 モードボタンで大項目を選択する。 セレクトボタンで小項目を選択する。 +ボタン・−ボタンで設定を選択する。 点滅が止まるまでセレクトボタン モードボタンまたは発光 を数回押す。 ON/OFF 切り換えボタンでも操作可能です。 つにより、次ペ...

  • Page 29

    モードボタンで セレクトボタンで +ボタン、−ボタンで設定するもの 設定するもの 設定するもの ( ) RATIO* LEVEL ( ) LEVEL MULTI ( ) LEVEL • +ボタンと−ボタンを同時に 定をお買い上げ時の設定に戻すことができます( • 機能同士の組み合わせにより設定できない場合は表示されません。 表示はされますが、この機能はご使用になれません。 設定でお使いください。 (斜体字はお買い上げの時の設定です。) ( ) OFF ,ON, CONTROL ( ) OFF , 1/1 , 1/2, 1/4, 1/8, 1/16, 1/32 (...

  • Page 30: マニュアルフラッシュ撮影( M

    マニュアルフラッシュ撮影( 通常の フラッシュ撮影では、被写体が適正露出になるように本機の発 光量が自動的に調整されます。マニュアルフラッシュ撮影にすると、被写 体の明るさやカメラの設定に関係なく、常に一定の発光量を得ることがで きます。 • マニュアルフラッシュ撮影は、カメラの 可能です。 モード以外で行なうと、自動的に り換わります。 • 被写体の反射率に影響されないため、反射率が極端に高いものや低いも のを撮影するときに便利です。 フラッシュ撮影 カメラを モードに設定する。 モードボタンを押して、液晶表示部に る。 • 、 、 (マニュアル)モードでのみ マニュアルフラッシュ撮影 の順に表示が変わります。 ) フラッシュ撮影に切 を表示させ...

  • Page 31

    +ボタンまたは−ボタンを押して、設定したい光量レベル を選ぶ。 • 以下の範囲で光量レベルが切り換わります。 、 、 、 • 光量レベルの設定について、詳しくは • シャッターボタンを半押しすると、表示部に適正露出が得られる距離が 表示されます。 • マニュアルフラッシュ撮影では、撮影後の調光確認表示 れません。 • カスタム設定により、カメラを シュ撮影の設定を可能にすることもできます( 1/16 1/32 、 、 適正露出の得られる距離は 適正露出の得られる距離は モードにしなくてもマニュアルフラッ ページをご覧ください。 1.5m 以下です。 以上です。 は表示さ ページ) 。 次ページにつづく...

  • Page 32

    フラッシュ撮影 マニュアルフラッシュ撮影が常に決まった光量レベル(発光量)で発光 TTL* するのに対し、 からの光を測光し、それに従って発光量を決めます。 カメラによっては、 にさらに距離情報を加味した 本機ではそれらも含めてすべて 液晶表示部に と表示します。 *TTL=Through the lens • ADI 調光は、距離エンコーダー内蔵レンズとの組み合わせでのみ可能 です。 調光機能をご使用の際は、ご使用のレンズが距離エンコーダー内 蔵であることをレンズの取扱説明書の「主な仕様」でご確認のうえ、 ご使用ください。 フラッシュ撮影では、レンズを通って来た被写体 調光にプリ発光を加えた 調光が可能な場合もあります。 フラッシュ撮影と定義し、本機の の略 P-TTL 調光や、それ...

  • Page 33: Hss

    ハイスピードシンクロ撮影( ハイスピードシンクロ撮影 ハイスピードシンクロ撮影にすると、フラッシュ同調速度の制限がなくな り、カメラの持つシャッタースピード全域でのフラッシュ撮影ができるよ うになります。絞り値の選択幅が広がるので、本機を使った撮影でも絞り を開けて背景をぼかして、前の被写体がより引き立つ写真を撮ることがで きます。また モードや るとき、背景が非常に明るくて通常は露出オーバーとなるようなシーンで も、高速シャッターを使って適正露出にすることができます。 モードボタンを押して、液晶表示部に 表示させる。 セレクトボタンを押して、 「 • 現在のハイスピードシンクロ撮影の設定 ( に点滅します。 通常のフラッシュ撮影 モードで開放側の絞り値でフラッシュ撮影をす 」を点滅させる。 ) または を または )も同時 次ページにつづく...

  • Page 34

    +ボタンをまたは−ボタンを押して、 点滅が止まるまでセレクトボタンを数回押す。 • 設定後、液晶表示部に「 • 上記の手順で を選ぶと、ハイスピードシンクロ撮影は解除されま す。解除すると、同調速度より高速側のシャッタースピードは設定され ません。 • 明るい場所での撮影をおすすめします。暗いところでは、 てもシャッタースピードが同調速度以上に上がりません。 • ハイスピードシンクロ撮影時は、通常のフラッシュ撮影よりも調光距離 範囲が短くなります。撮影前に被写体が距離表示内にあるかどうか確認 してください。 • マルチ発光撮影、および上や左右方向のバウンス撮影でのハイスピード シンクロ撮影はできません。 • フラッシュメーターやカラーメーターを使用する場合は、適正露出が得 られないためハイスピードシンクロ撮影はできません。 解除するか、同調速度以下のシャッタースピードを選んでください。 フラッシュ同調速度 一般的にフラッシュ撮影時には、これ以上の速度で撮影できないとい う限界のシャッタースピード(フラッシュ同調速度)があります。ハイ スピードシンクロ撮影 ( 度の制限はなくなり、カメラの持つ最速のシャッタースピードでのフ ラッシュ撮影が可能です。 」が残ります。 ページ)の可能なカメラでは、この同調速 を選ぶ。 にしてい を選んで...

  • Page 35: ワイヤレスフラッシュ撮影( Wl

    ワイヤレスフラッシュ撮影( ) 本機をカメラに取り付けて撮影すると、写真1のように平面的な写真にな ることがあります。このようなとき、本機をカメラから取りはずして撮影 すると、本機の位置を工夫することで、陰影を付けて立体感を出すことが できます (写真2) 。 一眼レフカメラでこのような撮影をするときには、カメラとフラッシュを コードで接続しなければならないことが多いのですが、本機では、カメラ との信号の伝達をコードではなく、カメラの内蔵フラッシュの光を使用し て行うため、コードがなくてもこのような撮影ができます。露出はカメラ が自動で適正露出になるよう制御します。 通常撮影 ワイヤレスフラッシュ撮影 次ページにつづく...

  • Page 36

    ワイヤレスフラッシュ撮影の距離範囲 ワイヤレスフラッシュは、内蔵フラッシュの発光を信号光として、カメラ から離した本機を発光させます。信号光が正しく受け取れるよう、カメ ラ・本機・被写体を設置してください。 • 室内など暗いところで撮影してください。 • 本機のバウンス機能( メラに向けると、カメラの内蔵フラッシュの信号光が受け取りやすくな ります。 • 下図の灰色の部分にカメラから離した本機を設置してください。 カメラと被写体の 距離 表 ワイヤレスフラッシュ撮影の距離表 カメラと被 写体の距離 (表 ) シャッター 全シャッター 1/60 スピード スピード 以下 絞り値 1.4 - 5 1.4 - 5 1 - 5 1 - 5 1 - 5 1 - 5 1 - 5 •...

  • Page 37

    ワイヤレスフラッシュ撮影時の注意 • ワイヤレス撮影時は、撮影直前にカメラの内蔵フラッシュが一度発光す るため、フラッシュメーター、カラーメーターでの測定はできません。 • ワイヤレスフラッシュのテスト発光は、現在選択されているテスト発光 モードで行われます。 HOLD 位置では 回のみの発光となります。 • 本機の照射角は、自動的に できません。 • オフカメラ撮影では、 ページ) 。 • マルチ発光撮影はできません。 • 撮影会などで近くにワイヤレスフラッシュ撮影をしている人がいると、 その人の内蔵フラッシュ等の信号光により、本機が発光してしまうこと があります。このような場合は、カスタム設定によりチャンネルを変更 することができます( • ワイヤレスフラッシュ撮影時に、まれに周囲の静電気や電磁波ノイズに よって誤発光する場合があります。  使用しないときは、発光 ださい。 ミニスタンドの取り付け、取りはずしかた • 本機をカメラから離したときは、付属のミニスタンドをご使用くださ い。 • ミニスタンドの三脚用ネジ穴で、三脚に取り付けることも可能です。 取り付けかた だと 回、 だと 24mm になります。...

  • Page 38

    [ ]ワイヤレスフラッシュ撮影方法 ワイヤレスフラッシュ撮影では、カメラの内蔵フラッシュの光を伝達信号 とし、カメラから離した本機のみを使用します。 内蔵フラッシュ 本機をカメラに取り付け、本機とカメラの電源を る。 カメラをワイヤレスフラッシュに設定する。 • カメラをワイヤレスに設定すると、本機も自動的にワイヤレス設定 になり、表示部に このとき、フラッシュのチャンネル情報がカメラに伝わります。 本機をカメラから取りはずし、カメラの内蔵フラッシュを 上げる。 カメラと本機を設置する。 • 設置方法は が表示されます。 ページをご覧ください。 本機 にす...

  • Page 39

    内蔵フラッシュと本機の充電完了を確認する。 • 内蔵フラッシュは、充電完了時にはファインダー内の が点灯しま す。 • 本機は、充電完了時には前面の します。 テスト発光を行ない、本機の発光を確認する。 • テスト発光の方法は、カメラによって異なります。詳しくはカメラ の取扱説明書をご覧ください。 • 発光しない場合は、カメラ・本機・被写体の配置場所を変えるか、 本機のワイヤレス信号受光部をカメラに向けてください。 もう一度内蔵フラッシュと本機の充電完了を確認し、シャ ッターボタンを押し込んで撮影する。 • フラッシュ表示部に ください。正しい露出が得られないことがあります。 補助光が点滅し、背面の が点灯 RATIO が表示されている状態で撮影しないで 次ページにつづく...

  • Page 40

    [ ]本機単独でワイヤレスに設定する場合 [ ] でいったんワイヤレス設定をしたあとは、本機のチャンネルを変えず に同一カメラと本機を使い続ける場合、次からはカメラと本機を別々にワ イヤレスに設定することも可能です。 カメラ側: ワイヤレスに設定する。 操作方法はカメラの取扱説明書をご覧ください。 本機側: モードボタンを押して、 セレクトボタンを押して、 「 • 現在のワイヤレス設定「 +ボタンまたは−ボタンを押して、 「 る。 • 同様の方法で、 「 セレクトボタンを押す。 または 」 を点滅させる。 」も同時に点滅します。 」 を点滅させると解除されます。 を表示させる。 WL On 」 を点滅させ...

  • Page 41: カメラへの取り付け、取りはずし 影

    ケーブルを使用したオフカメラ撮影 FA-CC1AM オフカメラケーブル 離して撮影することができます。最大 とができます。本機の設置位置を気にせずに撮影できるので、被写体にさ まざまな陰影を付けるなど自由なライティングが可能です。 • アクセサリー用ターミナルのあるフラッシュなら、そのままでケーブル の接続が可能です。 ターミナルキャップを開ける。 アクセサリー用ターミナルにケーブルを差し込む。 • オフカメラ撮影では、 ページ) 。 • FA-CC1AM オフカメラケーブル スピードシンクロ撮影はできません。 • すべてのフラッシュの発光量は同じになります。 (別売)を使用して、カメラから本機を 台までのフラッシュを接続するこ P-TTL 調光は自動的に (別売)使用時には、 調光になります( モードではハイ...

  • Page 42: 光量レベルの設定( Level

    光量レベルの設定( 本機の発光量を切り換えることができます。 セレクトボタンを何回か押して、液晶表示部に「 を表示させる。 • 現在の光量レベルが表示されます。 • マニュアルフラッシュ撮影選択時は、この手順は不要です。手順 に進んでください。 +ボタンまたは−ボタンを押して、設定したい光量レベル を選ぶ。 • TTL 撮影、マニュアルフラッシュ撮影の場合は、以下の範囲で光量 レベルが切り換わります。 、 、 • マルチ発光撮影の場合は、以下の範囲で光量レベルが切り換わりま す。 1/16 1/32 、 、 LEVEL 1/16 1/32 、 、 、 ) LEVEL 」...

  • Page 43

    セレクトボタンを押します。 • 光量レベルを変えると、表示部の距離表示もそれに応じて変化します。 • 光量レベルは、 フラッシュ撮影 ・マルチ発光撮影 • TTL フラッシュ撮影では、設定したレベルを最大発光量として、それ以 下の領域で本機が調光されます。 • マニュアルフラッシュ撮影では、 ベルに調光します。光量レベル (例: → )に相当します。 ・マニュアルフラッシュ撮影 でそれぞれ別に設定されます。 を最大発光量として、お好みのレ 段(例: → ) は、絞り値 段...

  • Page 44: Multi

    マルチ発光撮影( シャッターが開いている間に本機を複数回発光させることができます(マ ルチ発光) 。マルチ発光させると、動きのあるものを分解写真のように撮 ることができます。 • マルチ発光撮影は、原則としてカメラの モードのないカメラではできません。 カメラを モードに設定する。 モードボタンを押して、液晶表示部に る。 MULTI ) モードで行なってください。 を表示させ...

  • Page 45

    セレクトボタンを押して、 「 • 現在のマルチ発光の発光間隔 ( ます。 +ボタンまたは−ボタンを押して、発光間隔を選ぶ。 • 以下の範囲で発光間隔が切り換わります。 、 、 、 • +ボタンまたは−ボタンを押したままにすると、数値は連続して変 わります。 」を点滅させる。 秒あたりの発光回数) が表示され 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 次ページにつづく...

  • Page 46

    セレクトボタンを押して、 「 • 現在のマルチ発光の発光回数が表示されます。 +ボタンまたは−ボタンを押して、発光回数を選ぶ。 • 以下の範囲で発光回数が切り換わります。 、 、 、 • +ボタンまたは−ボタンを押したままにすると、数値は連続して変 わります。 • 「 」 位置では、シャッターの開いている間中、設定した発光間隔 で可能な限り発光し続けます。 セレクトボタンを押して、液晶表示部に「 滅させる。 • 現在の光量レベルが表示されます。 TIMES 、 、 、 、 」 を点滅させる。 、 、 、 、 、 、 、 LEVEL 」 を点 、...

  • Page 47

    +ボタンまたは−ボタンを押して、設定したい光量レベル を選ぶ。 • 以下の範囲で光量レベルが切り換わります。 1/16 1/32 、 、 セレクトボタンを押す。 シャッタースピードと絞り値を設定する。 • シャッタースピードは、選択した発光間隔と発光回数に合わせて、 次の式より求めてください。 TIME 発光回数 ( ) ÷ 発光間隔( 例えば、発光回数 ÷ 、でシャッタースピードは 本機の充電が完了したら、シャッターボタンを押し込ん で撮影する。 • 液晶表示部には、 ます。 • マルチ発光撮影時は、手ぶれ防止のため三脚のご使用をおすすめし ます。 • HOLD または を選んだ状態でテスト発光ボタンを押すと、押して いる間、設定した発光間隔・回数・光量レベルでテスト発光が行わ れます。 • カスタム設定により、カメラを ラッシュ撮影の設定を可能にすることもできます( )≦ シャッタースピード 回、発光間隔...

  • Page 48

    連続発光回数の上限 電池の充電量には限界があるため、マルチ発光撮影時の連続発光回数には 上限があります。以下の表を目安にしてください。 アルカリ乾電池の場合 光量 レベル 100 50 40 30 20 10 9 1/16 1/32 10 10 10 15 15 20 20 20 25 30 40 40* 40* 40* 40* ニッケル水素電池の場合( 光量 レベル 100 50 40 30 20 10 9 1/16 1/32 10 15 15 15 15 20 25 25 30 40 40* 40* 40* 40* 40*...

  • Page 49: 基本撮影 戻す

    リセット(お買い上げ時の設定に戻す) +ボタンと−ボタンを同時に 本機の設定が以下の初期状態に戻ります。 項目 発光あり/なし 照射角 フラッシュモード TTL/M/MULTI ( ) ハイスピードシンクロ( ワイヤレスフラッシュ ( 光量比制御 ( RATIO ) TTL/M での光量レベル( マルチ発光での光量レベル( マルチ発光での発光間隔( マルチ発光での発光回数 ( 表示はされますが、ご使用できません。 カスタム設定はリセットされません。 秒間押し続ける。 お買い上げ時の設定 発光あり (自動発光 または強制発光 オートズーム ( ) ) LEVEL ) LEVEL 1/32 ) ) TIME )...

  • Page 50: カスタム設定

    カスタム設定 本機の各種設定を、お好みの状態に変更することができます。 以下の つの項目の変更が可能です。 • ワイヤレスのチャンネル切り換え(チャンネル • 距離表示の単位(メートル/フィート) • オートパワーオフまでの時間( • ワイヤレス時のオートパワーオフまでの時間( • マニュアルフラッシュ・マルチ発光が設定できる撮影モード ( モードのみ/全モード可能) セレクトボタンを • 最初の設定項目(ワイヤレスのチャンネル設定) が表示されます。 セレクトボタンを押して項目を選び、+ボタンまたは−ボ タンを押して希望の設定を選ぶ。 • セレクトボタンを押すたびに、上記の 現れます ( ページ) 。 分/ 分/ 秒間押したままにする。 つの項目の設定画面が順に ∼ ) 分/なし) 分/なし)...

  • Page 51

    +ボタンまたは−ボタンで選択 1.ワイヤレスチャンネル切り換え チャンネル1 2.距離表示の単位 セ レ メートル ク 3.オートパワーオフまでの時間 ト ボ タ ン で 4分 選 択 4.ワイヤレス時のオートパワーオフまでの時間 60分 5.マニュアルフラッシュ・マルチ発光が設定できる撮影モード Mモードのみ チャンネル2 チャンネル3 フィート 15分 60分 なし 全モード可能 チャンネル4 なし 次ページにつづく...

  • Page 52

    モードボタンを押します。 • 液晶表示部が元に戻ります。 • カスタム 、 、 が残ります。 • 項目 で本機のチャンネルを変えたあとは、本機を一度カメラに取 り付けて、シャッターボタンを半押ししてください。この操作によ り、カメラに本機のチャンネル情報が転送されます。 • 項目 で「全モード可能」を選ぶと、すべての撮影モードでのマ ニュアルフラッシュ撮影やマルチ発光撮影が可能となります。 モード以外で撮影を行なうと正しい露出が得られない場合がありま すので、 モードでの使用をおすすめします。 • 選択された設定は、本機を ています。 で初期設定以外を選んだ場合、液晶表示部に にしても電池を抜いても、保持され...

  • Page 53: 別売アクセサリー

    別売アクセサリー オフカメラ用アクセサリー • オフカメラケーブル FA-CC1AM • オフカメラシュー FA-CS1AM • エクステンションケーブル FA-EC1AM • マルチフラッシュケーブル FA-MC1AM • トリプルコネクター FA-TC1AM 本機をカメラから離して自由な位置 から照明することができます。 • 本機では、オフカメラシューを使 わずに、オフカメラケーブルを本 機のアクセサリー用ターミナルに 直接接続できます。 FA-CC1AM オフカメラケーブル らさらに延長することができます。 フラッシュ間に接続し、多灯フラッ シュ撮影することができます。 FA-CC1AM オフカメラケーブル エクステンションケーブル に接続して、フラッシュ 同時発光させることができます。 次ページにつづく か や FA-EC1 台まで...

  • Page 54

    フラッシュ用外部電源アダプター FA-EB1AM 単 形系電池 本使用のコンパクトな外 部電源アダプターです。充電時間を半分 以下に、発光回数を ができます。 倍以上にすること...

  • Page 55: ご使用上の注意

    ご使用上の注意 撮影上の注意 • 本機は強い光が出ますので、人物の目の前で発光させないでください。 電池について • アルカリ乾電池は、温度や保管のしかたによっては、電池残量が実際の 残量よりも低く液晶表示部に表示されることがあります。このような場 合でも、本機をしばらく使用すると電池残量が回復します。 点滅して使用できない場合でも、発光 か押すと、電池残量が回復し使用可能になることがあります。それでも 回復しないときは、電池を交換してください。 • リチウム電池をご使用の場合、高温下での発光時や連続発光により電池 が発熱すると、電池内部の安全回路が働き、 に本機が使用できなくなる場合があります。しばらく使用を止めて、電 池温度を下げてからお使いください。 • ニッケル水素電池は、電池残量が残り少なくなると急激に性能が低下し ます。撮影中に突然 り、 が点滅し始めてすぐに使用不可能になることもあります。 • 電池の製造後の経過期間により、新しい電池でも本機の発光間隔および 発光回数が性能表と異なることがあります。 ON/OFF 切り換えボタンを何度 のみが点滅して本機が使用できなくなった が が点滅して一時的 次ページにつづく...

  • Page 56: お手入れのしかた

    使用温度について • 本機の使用温度範囲は • 直射日光下の車内など極度の高温下や、湿度の高いところに本機を放置 しないでください。 • 液晶表示は、低温下で反応がやや遅くなったり、高温下で表示が黒く なったりすることがありますが、常温に戻せば正常に作動します。 • 急激な温度変化を与えると内部に水滴を生じる危険性があります。ス キー場のような寒い屋外から温かい室内に持ち込む場合は、屋外でビ ニール袋に入れ、袋の中の空気を絞り出して密閉します。その後室内に 持ち込み、周囲の温度になじませてから取り出してください。 • 電池の性能は低温になるほど低下します。低温下では、新しい電池を使 う、保温した予備の電池を用意して暖めながら交互に使う、などの点に 留意してご使用ください。また低温下では、電池の残量が残っていても 一時的に が点滅することがあります。なお低温のために性能が低 下した電池でも、常温に戻せば性能は回復し再び使えるようになりま す。 • 本機は防水性能は備えていません。海辺等で使用されるときは、水や砂 がかからないよう注意してください。水、砂、ホコリ、塩分等が残って いると故障の原因になります。 お手入れのしかた 本機をカメラから取りはずし、柔らかい布でから拭きしてください。砂が ついたときは、こすると傷を付けますので、ブロアーで軽く吹き飛ばして ください。汚れがひどいときは、中性洗剤溶液を少し含ませた布で拭いて から、もう一度から拭きしてください。シンナー、ベンジン、アルコール などは表面の仕上げを傷めますので使わないでください。 ∼ ℃です。...

  • Page 57: 主な仕様

    主な仕様 ガイドナンバー 通常 (閃光)発光時 ( 光量レベル 1/16 1/32 ワイヤレス発光時 ( 光量レベル ハイスピードシンクロ(フラット)発光時( シャッター スピード 1/250 1/500 1/1000 1/2000 1/4000 1/8000 1/12000 ISO 100 ) レンズ焦点距離 (照射角) ISO 100 ) レンズ焦点距離 (照射角) レンズ焦点距離 (照射角) ISO 100 ) 次ページにつづく...

  • Page 58

    発光間隔/発光回数 発光間隔(秒) 発光回数(回) 約 • 発光回数とは、新しい電池で電池消耗までに発光できる回数を表します。 照射角 照射角 上下(°) 左右(°) 連続発光 コマ/秒で (閃光発光時、光量レベル 補助光 低コントラストかつ低輝度時自動発光 ワイドフォーカスエリア対応 動作範囲 (α 中央エリア: その他周辺エリア: 調光方式 プリ発光による光量制御  マニュアル発光 77.5 外形寸法 × 質量 g(電池含まず) 同梱物 フラッシュ ( 印刷物一式 取扱説明書に記載の機能は当社試験条件によります。 本機の仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがあります が、ご了承ください。 アルカリ 約 ∼ 3200 ∼ 照射角レンズ焦点距離...

  • Page 59: 保証書とアフターサービス

    保証書とアフターサービス 保証書は国内に限られています 付属している保証書は、国内仕様です。外国で万一、故障、不具合が生じ た場合の現地でのアフターサービスおよびその費用については、ご容赦く ださい。 保証書 • この製品には保証書が添付されておりますので、お買い上げの際お買い 上げ店でお受け取りください。 • 所定事項の記入および記載内容をお確かめのうえ、大切に保存してくだ さい。 • 保証期間は、お買い上げ日より アフターサービス 調子の悪いときはまずチェックを この取扱説明書をもう一度ご覧になってお調べください。 それでも具合の悪いときは ソニーデジタル一眼レフカメラ専用ヘルプデスクにご相談ください。 保証期間中の修理は 保証書の記載内容に基づいて修理させていただきます。 詳しくは保証書をご覧ください。 保証期間経過後の修理は 修理によって機能が維持できる場合は、ご要望により有料修理させていた だきます。当社では本機の補修用性能部品(製品の機能を維持するために 必要な部品) を、製造打ち切り後最低 有期間を修理可能の期間とさせていただきます。保有期間が経過したあと も、故障箇所によっては修理可能の場合がありますので、ソニーデジタル 一眼レフカメラ専用ヘルプデスクにご相談ください。 ご相談になるときは、次のことをお知らせください。 • HVL-F56AM 品名: • 故障の状態:できるだけ詳しく • 購入年月日 年間です。 年間保有しています。この部品保...

  • Page 60: 安全のために

    分解や改造をしない 火災や感電の原因となります。危険ですので、絶対に自分で分 解しないでください。 内部の点検や修理はソニーデジタル一眼レフカメラ専用ヘルプ デスクにご依頼ください。 内部に水や異物を入れない 水や異物が入ると火災や感電の原因となります。この製品は防 水構造にはなっていませんので、水中や雨天での使用はできま せん。万一、水や異物が入ったときは、すぐにカメラ本体のス イッチを切り、本機からはずしてください。ソニーデジタル一 眼レフカメラ専用ヘルプデスクにご相談ください。 雷が鳴りだしたら、使用しない 遠くで雷が鳴りだしたときは、感電を避けるため、すぐにご使 用を中止してください。 本機を布団などでおおった状態で使わない 熱がこもって変形したり、火災の原因となることがあります。 発光部を人の目に近づけて発光させない 強力な光は目をいためる恐れがあります。 落下などで、外装ケースなどが破損したときは、絶 対に露出部分に触れない 感電の原因となることがあります。 自動車などの運転中にストロボを操作したり、運転 者に向けてストロボを発光させない 交通事故の原因となることがあります。 ( ページも合わせてお読みください) 下記の注意事項を守らないと、 死亡 大けが や の原因となります。 火災・感電 により...

  • Page 61

    万一、使用中に高熱、焦げ臭い、煙が出るなどの異 常を感じたら、すみやかに電池を抜き、使用を中止 してください。 放置すると火災や火傷の原因となります。 下記の注意事項を守らないと、 損害 を与えたりすることがあります。 湿気やほこり、油煙、湯気の多い場所では使わない 上記のような場所で使うと、火災や感電の原因となることがあり ます。 ぬれた手で本機をさわらない 感電の原因となることがあります。 乳幼児の手の届かないところで使用/保管する ケガ、感電、故障の原因になります。 安定した場所に置く ぐらついた台の上や傾いたところなどに置いたり、不安定な状態 で設置すると、製品が落ちてけがの原因となることがあります。 発光部を皮膚や物で覆ったまま発光させない。 発光のとき、発光部が大変熱くなり、火傷の恐れがあります。 けが 家財 をしたり周辺の に...

  • Page 62

    電池についての安全上のご注意と お願い 漏液、発熱、発火、破裂、誤飲による大けがややけど、火災などを避 けるため、下記の注意事項をお守りください。 • 火の中に入れない。電子レンジやオーブンで加熱しない。 • ショートさせたり改造、分解しない。 • コインやヘアピンなどの金属類と一緒に携帯、保管しない。 • 火のそばや炎天下、高温になった車の中などで放置したりしない。 • 水・海水・牛乳・清涼飲料水・石鹸水などの液体で濡らさない。 • ハンマーなどでたたいたり、踏みつけたり落下させるなどの強い衝撃を 与えない。 • 幼児の手の届かない場所に置き、口に入れないよう注意する。万一、飲 み込んだ場合は、ただちに医師に相談してください。 • 指定された種類の電池を使用する。 • 乾電池は充電しない。 • 電池を使い切ったとき、長期間使用しないときは、取り出しておく。 • + と−の向きを正しく入れる。 • 古い電池と新しい電池、種類、メーカーの異なる電池は一緒に使わな い。...

  • Page 63

    お願い ニッケル水素電池はリサイクルできます。不要になった電池 は、金属部にセロハンテープなどの絶縁テープを貼って充電 式電池リサイクル協力店へお持ちください。 ニッケル 水素電池 充電式電池の回収・リサイクルおよびリサイクル協力店については JBRC 有限責任中間法人 http://www.jbrc.net/hp/contents/index.html を参照してください。 商標について はソニー株式会社の商標です。 ホームページ...

  • Page 64

    English Before operating the product, please read this manual thoroughly and retain it for future reference. WARNING To reduce fire or shock hazard, do not expose the unit to rain or moisture. Tape over lithium battery contacts to avoid short-circuit when disposing of batteries, and follow local regulations for battery disposal.

  • Page 65

    Do not operate appliance with a damaged cord or if the appliance has been dropped or damaged- until it has been examined by a qualified serviceman. Let appliance cool completely before putting away. Loop cord loosely around appliance when storing. To reduce the risk of electric shock, do not immerse this appliance in water or other liquids.

  • Page 66

    For customers in Europe Disposal of Old Electrical & Electronic Equipment (Applicable in the European Union and other European countries with separate collection systems) This symbol on the product or on its packaging indicates that this product shall not be treated as household waste. Instead it shall be handed over to the applicable collection point for the recycling of electrical and electronic equipment.

  • Page 67

    Table of contents Features ... 6 Name of parts ... 7 Control panel ... 8 Data panel ... 9 Preparations Inserting batteries ... 10 Attachment and removal of the flash ... 12 Auto power ON/OFF ... 13 Basics Program auto flash (The basics) ...

  • Page 68: Features

    Before use For details, refer to the operating instructions supplied with your camera. This flash is not dust-proof, splash-proof or waterproof. Do not place this flash in the following locations Regardless of whether this unit is in use or in storage, do not place it in any of the following locations.

  • Page 69: Name Of Parts

    Name of parts Built-in wide panel (21) Flashtube AF illuminator (29) Wireless control- signal receiver (37) Bounce indicator (24) Data panel (9) Control panel (8) Inside terminal • Accessory terminal (43) • External-power terminal (56) Remove the protective sheet from the front of the AF illuminator before use.

  • Page 70: Control Panel

    Control panel SELECT button MODE button Data-panel illuminator (28) Flash ON/OFF button (13) Flash-ready lamp (15) – button Test-flash mode selection/Hold switch (22) ZOOM (flash-coverage) selection button (20) + button Test-flash button/ Modeling-flash button (23)

  • Page 71: Data Panel

    Data panel High-speed-sync indicator (35) Wireless flash indicator (40-42) Flash-OK indicator (15) TTL indicator (32) Manual-flash- control indicator (32) Multiple-flash indicator (46) Custom indicator (52) Ratio-flash indicator* * This indicator is displayed, but this function is not available. Power-level indicator (44) On this page, all indicators are displayed for explanatory purposes.

  • Page 72: Inserting Batteries

    Inserting batteries The HVL-F56AM may be powered by : *Batteries are not supplied. • Four AA-size alkaline batteries • Four AA-size lithium batteries • Four AA-size rechargeable nickel-metal hydride (Ni-MH) batteries Always ensure that rechargeable nickel-metal hydride batteries are charged in the specified charger unit. Open the battery-chamber door as shown.

  • Page 73: Checking Batteries

    Checking Batteries indicator on the data panel blinks when the batteries are low. • If nothing appears when the flash ON/OFF button is pressed, check the orientation of the batteries. blinking Changing the batteries is recommended. The flash can still be used in this state if (Flash-ready lamp) on the rear of the unit is lit.

  • Page 74: Attachment And Removal Of The Flash

    Attachment and removal of the flash Attaching the flash to the camera Push the mounting foot firmly onto the camera until it stops. • The flash is locked in place automatically. • If the built-in flash in the camera is protruding, lower it before attaching the flash unit.

  • Page 75: Auto Power On/off

    Auto power ON/OFF Press the flash ON/OFF button on the back side of the flash. Power of the flash turns it on. Auto power off When the camera or flash is not used for four minutes, power switches off and data panel indicators disappear automatically to save the batteries. •...

  • Page 76: Program Auto Flash (the Basics)

    Program auto flash (The basics) Select the P mode on the camera. Press the flash ON/OFF button to display • Fill-flash. Press the shutter button partway down and make sure that the subject is within the flash range. • See page 16 for details on the flash range. appear with Autoflash.

  • Page 77

    When the flash is charged, press the shutter button to take a photo. • The flash is charged when the camera viewfinder are both lit. When the correct exposure has been obtained for the photo just taken, is displayed in the data panel for approximately four seconds. •...

  • Page 78: Flash Range

    Flash range Press the shutter button partway down. The flash range for the proper exposure is displayed on the data panel. Make sure that the subject is within this range and then take the photo. The range that can be displayed on the data panel is from 1.5 m to 28 m (0.7 m to 28 m for downward bounce;...

  • Page 79: Recording Modes

    Recording modes Aperture priority flash photography (A) Select the A mode on the camera. Press the flash ON/OFF button to display • Fill-flash is selected. Set the aperture and focus the subject. • Reduce the aperture (i.e. increase the f-stop) to reduce the flash range, or open the aperture (i.e.

  • Page 80

    Shutter speed priority flash photography (S) Select the S mode on the camera. Press the flash ON/OFF button to display • Fill-flash is selected. Set the shutter speed, and focus the subject. Press the shutter button when charging is complete. Manual exposure mode flash photography (M) Select the M mode on the camera.

  • Page 81: Zoom Flash Coverage

    Zoom flash coverage Auto zoom This flash automatically switches zoom coverage to cover a range of focal lengths from 24 mm to 85 mm when photographing (auto zoom). Normally, you do not need to switch the zoom coverage manually. 24 mm focal length •...

  • Page 82

    Manual zoom You can manually set the zoom coverage regardless of the focal length of the lens in use. Press the ZOOM button to display the desired zoom coverage. • Zoom coverage is changed in the following order. Auto zoom t 24mm t 28mm t 35mm t 50mm t 70mm t 85mm •...

  • Page 83

    Built-in wide panel (17 mm zoom angle) Pulling out the built-in wide panel expands flash coverage to a focal length of 17 mm. Pull out the adaptor. • The zoom coverage display on the data panel shows “17 mm.” The flash range is also displayed.

  • Page 84: Test-flash/modeling Flash

    Test-flash/Modeling flash You can try one or more test flashes before shooting. This is particularly convenient for checking shadows in wireless flash photography when the flash is separated from the camera. * Modeling flash is used to check shadows on the subject before taking photos.

  • Page 85

    Press the test-flash/modeling-flash button when charging is complete. • Do not press the shutter button while the flash is in use. • The strength of shadows will differ from that during actual photography. • When using the flash in a bright place or outdoors or when using a bounce flash, shadows are lighter so verification is more difficult.

  • Page 86: Bounce Flash

    Bounce flash Using the flash with a wall directly behind the subject produces strong shadows on the wall. By directing the flash at the ceiling you can illuminate the subject with reflected light, reducing the intensity of the shadows and producing a softer light on the screen. Bounce flash Normal flash Rotate the flash upwards or to the left and right while...

  • Page 87

    • The bounce indicator appears on the data panel. The flash may be set to the following angles. • Upwards: 45°, 60°, 75°, 90° • Downwards: 10° (see “Close-up Photography” p. 27) • Right: 30°, 45°, 60°, 75°, 90° • Left: 30°, 45°, 60°, 75°, 90°, 120°, 150°, 180° •...

  • Page 88

    Adjusting bounce angle Simultaneously using direct light and bounced light from the flash produces uneven lighting. Determine the bounce angle with respect to the distance to the reflective surface, the distance from the camera to the subject, the focal length of the lens etc. Correct Incorrect When flash is bounced upwards...

  • Page 89: Close-up Photography (downward Bounce)

    Close-up photography (downward bounce) Tilt the flash slightly downwards when photographing objects between 0.7 m and 1.5 m from the camera to ensure accurate illumination. Rotate the flash downwards while pressing the bounce lock- release button. • The downward bounce indicator appears on the data panel. •...

  • Page 90: Data Panel Illuminator

    Data panel illuminator Illuminates the data panel at low-light levels. Press the data panel illuminator. • The data panel is illuminated for approximately eight seconds. This period is extended if the flash is used during this time. • Press the button again while the data panel is illuminated to extinguish the data panel illuminator.

  • Page 91: Af Illuminator

    AF illuminator In low-light or when subject contrast is low, when the shutter button is pressed partway down for Auto Focus, the red lamp on the front of the flash unit will light. This is the AF illuminator used as an aid in Auto Focus.

  • Page 92: Mode And Select Buttons

    Mode and select buttons The mode, select, +, and - buttons are used to select the functions described on the next page. The functions are selected with the following basic procedure. See the relevant pages for details. Select the major item with the mode button. Select the minor item with the select button.

  • Page 93

    Selected with Selected with the mode button the select button HSS (35) WL (37) TTL (32) RATIO* LEVEL (44) HSS (35) M (32) WL (37) LEVEL (44) MULTI (46) LEVEL Figures in parentheses after each item indicate the page numbers. •...

  • Page 94: Manual Flash (m)

    Manual flash (M) Normal TTL flash metering automatically adjusts the flash intensity to provide the proper exposure for the subject. Manual flash provides a fixed flash intensity irrespective of the brightness of the subject and the camera setting. • Manual flash can only be used when the camera is in the M mode. In other modes, TTL measuring is automatically selected.

  • Page 95

    Press the + or – button to select the power level to set. • The power level can be selected from the following. 1/1, 1/2, 1/4, 1/8, 1/16, 1/32 • For details on setting the power level, refer to page 44. •...

  • Page 96

    TTL flash Manual flash provides a fixed flash intensity irrespective of the brightness of the subject and the camera setting. TTL* flash measures the light from the subject that is reflected through the lens. Some cameras enable P-TTL metering, which adds pre-flash to TTL metering, and ADI metering, which adds distance data to the P-TTL metering.

  • Page 97: High-speed Sync (hss)

    High-speed sync (HSS) High-speed sync High-speed sync eliminates the restrictions of flash sync speed and enables the flash to be used through the entire shutter speed range of the camera. The increased selectable aperture range allows flash photography with a wide aperture, leaving the background out of focus and accentuating the front subject.

  • Page 98: Flash Sync Speed

    Press the + or – button to select Press the select button repeatedly until blinking stops. • “HSS” remains on the data panel. • High-speed sync is cleared when procedure described above, and a shutter speed faster than the sync speed can no longer be set.

  • Page 99: Wireless Flash Range

    • Place the off-camera flash within the gray area in the following diagram. Wireless flash Continued on the next page...

  • Page 100

    Distance between camera and subject (see Table 1) Distance camera-HVL-F56AM-subject Distance camera- subject Other than HSS (Table 1) Shutter All shutter speed Maximum speeds 1/60 sec Aperture 1.4 - 5 1.4 - 5 1 - 5 1 - 5 1 - 5 1 - 5 •...

  • Page 101: Notes On Wireless Flash

    Notes on wireless flash • You cannot use a flash meter or color meter in wireless flash mode because the camera’s built-in pre-flash goes off. • Test flash for the wireless flash is in the currently selected test flash mode. Three flashes occur with seconds with .

  • Page 102

    [1] Photography with wireless flash Use only an off-camera flash unit, using the light from the built-in flash as a signal. Attach the flash to the camera and turn the power of the flash and camera on. Set the camera to wireless flash.

  • Page 103

    Make sure that the built-in flash and flash are fully charged. • is lit in the viewfinder when the built-in flash is fully charged. • The AF illuminator on the front blinks, and the flash is fully charged. Use test flash to check the flash. •...

  • Page 104

    [2] Setting wireless flash by flash only Once you have performed the wireless flash setup in step [1], if you continue to use the same camera and flash combination without changing the wireless channel then you can also set the flash and camera separately to wireless.

  • Page 105: Connecting Camera And Flash By Cable

    Connecting camera and flash by cable Using the off-camera cables FA-CC1AM (optional) allows photography with flash units separate from the camera. Up to four flash units can be connected together. Being able to take photographs without having to consider the positioning of the flash unit provides considerable freedom to create a variety of shadow effects on the subject.

  • Page 106: Setting Power Level (level)

    Setting power level (LEVEL) The power level for the flash can be adjusted. Press the select button to display “LEVEL” on the data panel. • The current level is displayed. • This step is not required when manual flash is selected. Go to step 2. Press the + or –...

  • Page 107

    Press the select button. • When the power level is changed, the distance displayed on the data panel changes accordingly. • Power level settings can be set independently for TTL photography , manual flash photography • In TTL flash photography, the power level will be adjusted with the selected level at its maximum.

  • Page 108: Multiple Flash (multi)

    Multiple flash (MULTI) The flash is triggered a number of times while the shutter is open (multiple flash). Multiple flash allows motion of the subject to be captured in a photograph for later analysis. • The camera must be set to the M mode for multiple flash photography. Multiple flash can only be used if the camera supports the M mode.

  • Page 109

    Press the select button to blink “Hz.” • The current multiple flash frequency (flashes per second) is displayed on the data panel. Press the + or – button to select the flash frequency. • The flash frequency may be selected from the following. 100, 50, 40, 30, 20, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1 •...

  • Page 110

    Press the select button to blink “TIMES.” • The current number of flashes for multiple flash is displayed on the data panel. Press the + or – button to select the number of flashes. • The number of flashes may be selected from the following. - -, 40, 35, 30, 25, 20, 15, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2 •...

  • Page 111

    Press the + or – button to select the power level to set. • The power level may be selected from the following. 1/8, 1/16, 1/32 Press the select button. Set the shutter speed and aperture. • The shutter speed is calculated as follows to suit the selected flash frequency and number of flashes.

  • Page 112

    Maximum number of continuous flashes The maximum number of continuous flashes during multiple flash photography is limited by the charge in the battery. Use the following values as a guide. With alkaline batteries Power level 100 50 40 30 20 10 1/16 1/32 10 10 10 15 15 20 20 20 25 30 40 40* 40* 40* 40*...

  • Page 113: Reset To Default Settings

    Reset to default settings Press the + and - buttons together for three seconds. Most flash functions return to default settings. Item Flash on/off Flash coverage (zoom) Flash mode (TTL/M/MULTI) High speed sync (HSS) Wireless flash (WL) Ratio control (RATIO)* Power level in TTL/M (LEVEL) Power level in multiple flash (LEVEL) Frequency in multiple flash (Hz)

  • Page 114: Custom Setting

    Custom setting The various flash settings may be changed as necessary. The following five items may be changed. • Wireless channel setting (channels 1 to 4) • Flash range units (m/ft) • Time to auto power off (4 minutes/15 minutes/60 minutes/none) •...

  • Page 115

    Select with the + button or – button 1. Wireless channel setting Channel 1 2. Flash range units (m/ft) 3. Time to auto power off 4 minutes 4. Time to auto power off when using wireless flash 60 minutes 5. Recording modes in which manual flash and multiple flash may be set M mode only Channel 2...

  • Page 116

    Press the mode button. • The data panel returns to the original display. • When a setting other than the default setting is selected in custom 3, 4 or 5, remains on the data display. • After changing the wireless flash channel (see 1. Wireless channel setting), attach the flash to the camera, and press the shutter button partway down to transmit the flash channel information to the camera.

  • Page 117: Accessories

    Accessories Off-Camera Accessories • Off-camera cable FA-CC1AM • Off-camera shoe FA-CS1AM • Extension cable FA-EC1AM • Multi flash cable FA-MC1AM • Triple connector FA-TC1AM The flash can be used from any position removed from the camera. • The off-camera cable can be connected directly to the flash’s accessory terminal without using the off-camera shoe.

  • Page 118

    External Battery Adaptor FA-EB1AM The external battery adaptor contains six AA-size batteries. It reduces charging time by half, and doubles the number of flashes possible.

  • Page 119: Notes On Use

    Notes on use While shooting • This flash unit generates strong light, so it should not be used directly in front of the eyes. Batteries • The battery level displayed on the data panel may be lower than the actual battery capacity, temperature, and storage conditions. The displayed battery level is restored to the correct value after the flash has been used a few times.

  • Page 120: Maintenance

    Temperature • The flash unit may be used over a temperature range of 0 °C to 40 °C. • Do not expose the flash unit to extremely high temperatures (e.g. in direct sunlight inside a vehicle) or high humidity. • The response of the data panel slows as the temperature decreases, and the panel darkens at high temperatures.

  • Page 121: Specifications

    Specifications Guide number Normal flash (ISO 100) Power level 1/16 1/32 Wireless flash (ISO 100) Power level HSS flat flash (flash with HSS, ISO 100) Shutter speed 1/250 1/500 1/1000 1/2000 1/4000 1/8000 1/12000 Flash Coverage Setting (mm) Flash Coverage Setting (mm) Flash Coverage Setting (mm) Continued on the next page...

  • Page 122

    Frequency/Repetition Frequency (sec) Repetition (times) • Repetition is the approximate number of times that are possible before a new battery is completely dead. Flash coverage Flash coverage Top-bottom (° ) 115 Left-right (° ) Continuous flash performance AF illuminator Flash control Dimension (Approx.) W 77.5 Mass (Approx.) Included items...

  • Page 123

    Trademark is a trademark of Sony Corporation.

  • Page 124

    Français Avant de faire fonctionner ce produit, lisez attentivement ce mode d’emploi et conservez-le pour toute référence ultérieure. AVERTISSEMENT Afin de réduire les risques d’incendie ou de décharge électrique, n’exposez pas cet appareil à la pluie ou à l’humidité. Scotcher les contacts des piles lithium avant de les jeter. Suivre les éventuelles consignes locales sur le rejet des piles.

  • Page 125

    Ne pas laisser l’appareil sans surveillance pendant l’utilisation. Il convient d’être prudent car les parties chaudes peuvent entraîner des brûlures. Ne pas utiliser l’appareil lorsque le cordon est endommagé ou si l’appareil est tombé ou a été endommagé, tant qu’il n’a pas été...

  • Page 126

    Pour toute information supplémentaire au sujet du recyclage de ce produit, vous pouvez contacter votre municipalité, votre déchetterie ou le magasin où vous avez acheté le produit. Marque commerciale est une marque commerciale de Sony Corporation.

  • Page 127

    Table des matières Caractéristiques ... 6 Nomenclature ... 7 Panneau de commande ... 8 Ecran ... 9 Préparations Mise en place des piles ... 10 Montage et démontage du flash ... 12 Mise en marche/Arrêt automatique ... 13 Principes de base Flash en mode de programmation automatique (principes de base) ...

  • Page 128: Caractéristiques

    Avant la première utilisation Pour plus d’informations, reportez-vous au mode d’emploi fourni avec votre appareil photo. Ce flash n’est pas étanche à la poussière, aux gouttes ni à l’eau. Ne pas le placer dans les endroits suivants : Où que vous utilisiez ou stockiez cet appareil, ne le placez pas dans les endroits suivants.

  • Page 129: Nomenclature

    Nomenclature Adaptateur grand- angle intégré (21) Tube à éclairs Illuminateur AF (29) Récepteur de signaux sans cordon (37) Indicateur d’orientation verticale (24) Panneau de données (9) Panneau de commande (8) A l’intérieur • Prise accessoires (43) • Prise d’alimentation externe(56) Retirer la feuille de protection de l’avant de l’illuminateur AF avant utilisation.

  • Page 130: Panneau De Commande

    Panneau de commande Touche SELECT Touche MODE Touche d’éclairage de l’écran (28) Touche ON/OFF (marche/arrêt) du flash (13) Témoin de charge du flash (15) Touche - Sélection du mode lampe pilote / Touche de sécurité (HOLD) (22) Touche de sélection ZOOM (couverture du flash) (20) Touche +...

  • Page 131: Ecran

    Ecran Indicateur de synchro haute vitesse (35) Indicateur de mode flash sans cordon (40-42) Indicateur de bonne exposition (15) Indicateur de mode TTL (32) I ndicateur de mode manuel (32) Indicateur de mode éclairs multiples (46) Indicateur de fonction personnalisable (52) Indicateur de ratio de puissance*...

  • Page 132: Mise En Place Des Piles

    Mise en place des piles Le HVL-F56AM peut être alimenté par : *Les piles ne sont pas fournies. • 4 piles alcalines type AA • 4 piles lithium type AA • 4 piles Ni-MH (nickel-métal hydrure) rechargeables type AA S’assurer que ces piles sont bien rechargées avec le chargeur adapté. Ouvrir le compartiment des piles comme indiqué.

  • Page 133

    Vérification de l’état des piles Le pictogramme clignote à l’écran si les piles sont en fin de capacité. • Vérifier la mise en place des piles si rien n’apparaît sur l’écran après avoir appuyé sur la touche ON/OFF Le pictogramme Il est recommandé...

  • Page 134: Montage Et Démontage Du Flash

    Montage et démontage du flash Montage du flash sur l’appareil photo Pousser fermement le sabot sur l’appareil photo jusqu’à ce qu’il s’encliquette. • Le flash est automatiquement verrouillé en place. • Si le flash intégré de l’appareil photo est déployé, le rabattre avant de monter le flash.

  • Page 135: Mise En Marche/arrêt Automatique

    Mise en marche/Arrêt automatique Appuyez sur la touche ON/OFF situé à l’arrière du flash. Lorsque le flash est alimenté, il se met sous tension. Arrêt automatique Le flash est automatiquement mis hors tension et l’écran s’éteint afin d’économiser les piles lorsque l’appareil photo ou le flash n’a pas été utilisé...

  • Page 136: Flash En Mode De

    Flash en mode de programmation automatique (principes de base) Sélectionner le mode P sur l’appareil photo. Appuyer sur la touche ON/OFF du flash pour afficher • automatique. Appuyez à mi-course sur le déclencheur et vérifiez que le sujet est bien dans la plage de portée du flash. •...

  • Page 137

    Lorsque le flash est chargé, appuyez sur le déclencheur pour prendre une photo. • Le flash est chargé lorsque les indicateurs flash et dans le viseur sont allumés. Lorsque l’exposition de la photo qui vient d’être prise est bonne, s’affiche sur l’écran de contrôle durant environ quatre secondes. •...

  • Page 138

    Portée du flash Appuyez à mi-course sur le déclencheur. Affiche la plage de distances de portée du flash sur l’écran de contrôle. Vérifier que le sujet est bien situé dans cette plage de distances avant de prendre la photo. L’écran peut afficher des plages de distances comprises entre 1,5 m et 28 m (0,7 m et 28 m en position réflecteur incliné...

  • Page 139: Modes D'enregistrement

    Modes d’enregistrement Prise de vue en mode flash priorité d’ouverture (A) Sélectionner le mode A sur l’appareil photo. Appuyer sur la touche ON/OFF du flash pour afficher • Le mode Fill-flash est sélectionné. Régler l’ouverture et faire le point sur le sujet. •...

  • Page 140

    Prise de vue en mode flash priorité de vitesse d’obturation (S) Sélectionner le mode S sur l’appareil photo. Appuyer sur la touche ON/OFF du flash pour afficher • Le mode Fill-flash est sélectionné. Régler la vitesse et faire le point sur le sujet. Appuyez à...

  • Page 141: Couverture De La Tête-réflecteur Zoom

    Couverture de la tête-réflecteur Zoom Auto zoom Ce flash comporte une tête-réflecteur zoom permettant la couverture par l’éclair du champ angulaire de différentes focales comprises entre 24 mm et 85 mm (Auto zoom). Sauf volonté de l’utilisateur, le réglage de couverture s’effectue de façon automatique.

  • Page 142

    Zoom manuel Vous pouvez régler manuellement la couverture du zoom quelle que soit la longueur focale de l’objectif utilisé. Appuyez sur la touche ZOOM pour afficher la couverture sur la position souhaitée. • Les positions de couverture changent dans l’ordre suivant : Auto zoom t 24mm t 28mm t 35mm t 50mm t 70mm t 85mm •...

  • Page 143

    Adaptateur grand-angle intégré (couverture 17 mm) Le diffuseur grand angle intégré étend la couverture du flash à une longueur focale de 17 mm. Tirer l’adaptateur. • La couverture de zoom correspondante affiche « 17 mm » sur l’écran. La portée du flash s’affiche également. •...

  • Page 144: Touche Test/lampe Pilote

    Touche test/lampe pilote Un ou plusieurs éclairs peuvent être commandés avant de déclencher. Cela permet de visualiser les ombres portées, notamment lorsque le flash est détaché de l’appareil. * La fonction de simulation de lampe pilote permet de visualiser encore plus précisément la répartition des ombres avant de déclencher.

  • Page 145

    Appuyer sur la touche test/lampe pilote lorsque le flash est chargé. • N’appuyez pas sur le déclencheur pendant l’utilisation du flash. • Sur la photo, la dureté des ombres peut être sensiblement différente de celle visualisée. • Les ombres portées sont plus douces lorsque le flash est utilisé dans une pièce bien éclairée ou à...

  • Page 146: Flash Indirect

    Flash indirect Lorsque le flash est utilisé en direct pour éclairer un sujet situé devant un mur, les ombres portées sont dures. Dans ces conditions, il est préférable de diriger la tête-réflecteur vers une surface blanche réfléchissante afin que le sujet soit éclairé par la lumière réfléchie. Flash indirec Flash normal Orienter le flash vers le haut ou le côté...

  • Page 147

    • L’indicateur de flash indirect apparaît sur l’écran. Le flash peut être orienté de la façon suivante : • Vers le haut : 45 °, 60 °, 75 °, 90 ° • Vers le bas : 10 ° (voir «Photographie rapprochée» p. 27) •...

  • Page 148

    Réglage de l’angle de réflexion Si l’éclairage émis vers le sujet lui parvient à la fois de façon directe et indirecte, le résultat risque d’être incorrect. L’angle de réflexion doit être déterminé en fonction de la distance flash-surface réfléchissante, de la distance appareil-sujet, et de la longueur focale de l’objectif, etc.

  • Page 149: Photographie Rapprochée (inclinaison Vers Le Bas)

    Photographie rapprochée (inclinaison vers le bas) Pour photographier des objets situés entre 0,7 m et 1,5 m de l’appareil, placer la tête-réflecteur en position inclinée vers le bas. Appuyer sur le bouton de déverrouillage pour incliner la tête vers le bas. •...

  • Page 150: Éclairage De L'écran

    Éclairage de l’écran Eclaire l’écran lorsque l’éclairage ambiant est faible. Appuyer sur la touche d’éclairage. • L’écran est éclairé pendant huit secondes environ. Cette période est prolongée si le flash est utilisé durant cette période. • Appuyer à nouveau sur la touche pour éteindre l’éclairage.

  • Page 151: Illuminateur Af

    Illuminateur AF En faible lumière ambiante ou si le sujet présente un faible contraste, la pression à mi-course sur le déclencheur allume le témoin rouge placé en façade du flash. Cet illuminateur permet à l’autofocus de fonctionner. • L’illuminateur AF fonctionne même si le flash n’est pas en service. •...

  • Page 152: Touches Mode Et Sélection

    Touches mode et sélection Les touches mode, sélection et + et - permettent de sélectionner des fonctions décrites à la page suivante. Les fonctions sont sélectionnées selon la procédure de base suivante. Pour plus d’informations, voir les pages correspondantes. Sélectionner la plus grande option avec la touche mode.

  • Page 153

    Fonction par Fonction par touche mode touche de sélection HSS (35) WL (37) TTL (32) RATIO* LEVEL (44) HSS (35) M (32) WL (37) LEVEL (44) MULTI (46) LEVEL Les numéros entre parenthèses indiquent le numéro de page. • Une pression simultanée sur les touches + et - durant trois secondes ramène les réglages à...

  • Page 154: Flash Manuel (m)

    Flash manuel (M) Le mode d’exposition automatique au flash avec mesure TTL ajuste l’intensité de l’éclair afin d’aboutir à une exposition idéale pour le sujet. En mode manuel, l’intensité de l’éclair est fixe, quels que soient le sujet et les réglages de l’appareil.

  • Page 155

    Appuyer sur la touche + ou - pour sélectionner le niveau de puissance. • Les niveaux de puissance disponibles sont les suivants : 1/1, 1/2, 1/4, 1/8, 1/16, 1/32 • Pour plus d’informations sur le réglage des niveaux de puissance, se reporter à...

  • Page 156

    Flash TTL En mode manuel, l’intensité de l’éclair est fixe, quels que soient le sujet et les réglages de l’appareil. Le flash TTL* mesure la lumière du sujet réfléchie à travers l’objectif. Certains appareils photos autorisent la mesure P-TTL, qui ajoute un pré-flash à...

  • Page 157: Synchro Haute Vitesse (hss)

    Synchro haute vitesse (HSS) Synchro haute vitesse La synchro haute vitesse permet de s’affranchir des restrictions habituelles de la synchro classique et d’accéder à l’ensemble de la gamme de vitesses de l’appareil. La gamme d’ouvertures compatibles augmente, ce qui permet des prises de vues avec flash avec une large ouverture du diaphragme : la mise au point sur l’arrière plan est floue mettant ainsi en valeur le sujet au premier plan.

  • Page 158

    Appuyer sur les touches + ou - pour sélectionner Appuyer plusieurs fois sur la touche de sélection pour arrêter le clignotement. • «HSS» reste affiché sur l’écran. • La synchro haute vitesse est désactivée lorsque selon la même procédure que celle décrite ci-dessus. Dès lors, une vitesse plus rapide que la vitesse de synchro maxi ne peut plus être sélectionnée.

  • Page 159: Flash Sans Cordon (wl)

    Flash sans cordon (WL) Les photographies réalisées avec le flash monté sur l’appareil manquent de relief (photo 1). Dans ce cas, il est possible d’obtenir un meilleur rendu en détachant le flash de l’appareil pour le placer sur le côté du sujet par exemple (photo 2).

  • Page 160

    Distance entre l’appareil et le sujet (voir tableau 1) Distance appareil-sujet HVL-F56AM Distance appareil-sujet Autre que HSS (tableau 1) Vitesse Toutes les Maxi d’obturation vitesses 1/60 s d'obturation Ouverture 1,4 - 5 1,4 - 5 1 - 5 1 - 5 1 - 5 1 - 5 •...

  • Page 161

    Remarques concernant le mode flash sans cordon • L’utilisation d’un flashmètre ou d’un thermocolorimètre est impossible en mode flash sans cordon car le pré-flash intégré de l’appareil s’éteint. • Le test du flash est possible avec le mode flash test sans cordon sélectionné.

  • Page 162

    [1] Photographie avec flash sans cordon Use only an off-camera flash unit, using the light from the built-in flash as a signal. Utiliser uniquement un flash détaché en utilisant la lumière du flash intégré comme signal. Régler l’appareil sur le flash sans cordon.

  • Page 163

    S’assurer que le flash intégré et le flash sont entièrement chargés. • s’allume dans le viseur lorsque le flash intégré est entièrement chargé. • Lorsque le flash est entièrement chargé, l’illuminateur AF à l’avant clignote et à l’arrière est allumé. Utiliser le test du flash pour vérifier le flash.

  • Page 164

    [2] Réglage du mode flash détaché sans cordon sur flash uniquement Une fois les étapes de configuration du flash sans cordon exécutées [1], si la combinaison appareil et flash est conservée sans modification du canal de commande, il est également possible de régler le flash et l'appareil photo séparément en mode sans cordon.

  • Page 165: Raccordement De L'appareil Photo Et Du Flash à L'aide D'un Câble

    Raccordement de l’appareil photo et du flash à l’aide d’un câble L’utilisation de câbles détachés de l’appareil photo FA-CC1AM (en option) permet une prise de vues avec des flashes détachés de l’appareil photo. Jusqu’à 4 flashes peuvent être raccordés. Effectuer des prises de vues sans avoir à...

  • Page 166: Réglage Du Niveau De Puissance (level)

    Réglage du niveau de puissance (LEVEL) Il est possible de régler le niveau de puissance du flash. Appuyer sur la touche de sélection pour afficher « LEVEL » sur l’écran. • Le niveau courant s’affiche. • Cette étape n’est pas requise lorsque le flash manuel est sélectionné. Passer à...

  • Page 167

    Appuyer sur la touche de sélection. • Lorsque le niveau de puissance est modifié, la distance affichée sur l’écran change également. • Les paramètres du niveau de puissance peuvent être réglés indépendamment pour les photographies en mode TTL photographies en mode flash manuel mode éclairs multiples •...

  • Page 168: Mode éclairs Multiples (multi)

    Mode éclairs multiples (MULTI) Le flash est déclenché plusieurs fois pendant l’ouverture de l’obturateur (éclairs multiples). Le mode éclairs multiples permet de décomposer le mouvement d’un sujet en phases successives. • L’appareil photo doit être réglé en mode M pour réaliser des photographies en mode éclairs multiples.

  • Page 169

    Appuyer sur la touche de sélection pour faire clignoter l’indication « Hz ». • La fréquence d’éclairs multiples (flashes par seconde) courante s’affiche à l’écran. Appuyer sur le bouton + ou - pour sélectionner la fréquence. • Les fréquences sélectionnables sont les suivantes : 100, 50, 40, 30, 20, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1 •...

  • Page 170

    Appuyer sur la touche de sélection pour faire clignoter l’indication « TIMES ». • Le nombre d’éclairs courant pour les éclairs multiples s’affiche à l’écran. Appuyer sur la touche + ou - pour sélectionner le nombre d’éclairs. • Le nombre d’éclairs peut être sélectionné parmi les valeurs suivantes : - -, 40, 35, 30, 25, 20, 15, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2 •...

  • Page 171

    Appuyer sur la touche + ou - pour sélectionner le niveau de puissance. • Les niveaux de puissance disponibles sont les suivants : 1/8, 1/16, 1/32 Appuyez sur la touche de sélection.. Régler la vitesse et l’ouverture. • La vitesse de l’obturateur est calculée comme suit afin de correspondre à...

  • Page 172

    Nombre maximum d’éclairs en continu Le nombre maximum d’éclairs en continu en mode éclairs multiples est limité par la capacité des piles. Les valeurs données ci-dessous sont une base. Avec piles alcalines Niveau 100 50 40 30 20 10 puissance 1/16 1/32 10 10 10 15 15 20 20 20 25 30 40 40* 40* 40* 40*...

  • Page 173: Réinitialisation Aux Réglages Par Défaut

    Réinitialisation aux réglages par défaut Appuyer simultanément sur les touches + et - pendant 3 secondes. La plupart des fonctions du flash sont ramenées à leurs réglages par défaut. Fonction Flash on/off Couverture du flash (zoom) Mode flash (TTL/M/MULTI) Synchro haute vitesse (HSS) Mode flash sans cordon (WL) Contrôle du ratio (RATIO)* Niveau de puissance en mode TTL/M (LEVEL)

  • Page 174: Fonctions Personnalisables

    Fonctions personnalisables Les divers réglages du flash peuvent être modifiés si nécessaire. Les cinq paramètres suivants peuvent être modifiés. • Réglage de canal en mode sans cordon (canaux 1 à 4) • Unités de couverture du flash (m/ft) • Durée de temporisation avant l’auto-extinction (4 minutes/15 minutes/ 60 minutes/pas d’auto-extinction) •...

  • Page 175

    Sélection avec la touche + ou - 1. Réglage de canal en mode sans cordon Canal 1 2. Unités de couverture du flash (m/ft) 3. Durée de temporisation avant auto-extinction 4 minutes 4. Durée de temporisation avant auto-extinction en mode flash sans cordon 60 minutes 5.

  • Page 176

    Appuyer sur la touche Mode. • L’écran revient à son affichage d’origine. • Lorsqu’un réglage autre que le réglage par défaut est sélectionné pour les fonctions personnalisables 3, 4 ou 5, l’écran. • Après modification du canal en mode flash sans cordon (voir 1. Réglage de canal sans cordon), montez le flash sur l’appareil photo et appuyez à...

  • Page 177: Accessoires

    Accessoires Accessoires pour flash détaché de l’appareil photo • Câble détaché de l’appareil photo FA-CC1AM • Sabot détaché de l’appareil FA-CS1AM • Câble d’extension FA-EC1AM • Câble multi-éclairs FA-MC1AM • Triple connecteur FA-TC1AM Le flash peut être utilisé dans n’importe quelle position détachée de l’appareil photo.

  • Page 178

    Adaptateur de piles externe FA-EB1AM L’adaptateur de piles externe contient six piles de type AA. Il réduit le temps de charge de moitié et double le nombre de flashes possibles.

  • Page 179: Remarques Sur L'utilisation

    Remarques sur l’utilisation En prise de vues • Ce flash émet des éclairs puissants et ne doit donc pas être dirigé directement vers les yeux. Piles • Le niveau de charge affiché à l’écran peut être inférieur à la capacité de charge réelle, selon la température et les conditions de stockage.

  • Page 180: Entretien

    Température • Le flash peut être utilisé entre 0 °C et 40 °C. • Ne pas exposer le flash à des températures extrêmement élevées (exposition directe au soleil dans une voiture par ex.) ou à une forte humidité. • Le temps de réponse de l’afficheur de l’écran ralentit lorsque la température est basse et l’affichage s’assombrit lorsqu’elle est élevée.

  • Page 181: Caractéristiques

    Caractéristiques Nombre guide Mode flash normal (ISO 100) Niveau de puissance 1/16 1/32 Mode flash sans cordon (ISO 100) Niveau de puissance Flash plat HSS (flash avec HSS, ISO 100) Vitesse d’obturation 1/250 1/500 1/1000 1/2000 1/4000 1/8000 1/12000 Réglage de la couverture du flash (mm) Réglage de la couverture du flash (mm) Flash Coverage Setting (mm) Suite à...

  • Page 182

    Fréquence/Répétition Fréquence (s.) Répétition (nombre) • La répétition est le nombre approximatif de fois possibles avant qu’une pile neuve soit complètement inutilisable. Couverture du flash Couverture du flash Haut-bas (° ) 115 Gauche-droite (° ) Performance du flash en continu Illuminateur AF Contrôle de flash Dimensions...

  • Page 184

    ■ソニーデジタル一眼レフカメラ専用ヘルプデスク お問い合わせ ご使用上での不明な点や技術的なご質問のご相談、 窓口のご案内 および修理受付の窓口です。 製品の品質には万全を期しておりますが、万一不具 合が生じた場合は、 「ソニーデジタル一眼レフカメラ 専用ヘルプデスク」 までご連絡ください。 修理に関するご案内をさせていただきます。また修 理が必要な場合は、お客様のお宅まで指定宅配便に て集荷にうかがいますので、まずお電話ください。 電話のおかけ間 ●ナビダイヤル・・・ 違いにご注意く (全国どこからでも市内通話料でご利用いただけます)   ●携帯電話・ ださい。 (ナビダイヤルがご利用できない場合はこちらをご利用く ださい) 受付時間: 月∼金曜日 午前 お電話される際に、本機の型名 ( お知らせください。 より迅速な対応が可能になります。 141-0001 ソニー株式会社 〒 この説明書は 機化合物 ゼロ植物油型インキを使用しています。 Printed on 100% recycled paper using VOC (Volatile Organic Compound)-free vegetable oil based ink.

Comments to this Manuals

Symbols: 0
Latest comments: