Page of 8
   

Advertisement

MONITOR SPEAKER
MS60S
取扱説明書
MONITOR
SPEAKER
MODEL MS60S
Active Servo
Technology
POWER
このたびは、YAMAHA MS60Sモニタースピーカーをお買い求めいただきまして、まこと
にありがとうごさいます。MS60Sはヤマハアクティブサーボテクノロジー技術を採用し、
コンパクトサイズながら優れた低域再生能力と音質をそなえております。
また、60Wの大出力パワーアンプとミキシング機能を搭載しておりますので、幅広い用途に
お使いいただけます。
MS60Sの優れた性能をフルに発揮させると共に、いつまでも支障なくお使いいただくため、
ご使用の前にこの取扱説明書を是非お読みください。お読みになった後は、保証書とともに
大切に保管してください。

Advertisement

   Also See for Yamaha MS60S

   Related Manuals for Yamaha MS60S

   Summary of Contents for Yamaha MS60S

  • Page 1

    MONITOR SPEAKER MS60S 取扱説明書 MONITOR SPEAKER MODEL MS60S Active Servo Technology POWER このたびは、YAMAHA MS60Sモニタースピーカーをお買い求めいただきまして、まこと にありがとうごさいます。MS60Sはヤマハアクティブサーボテクノロジー技術を採用し、 コンパクトサイズながら優れた低域再生能力と音質をそなえております。 また、60Wの大出力パワーアンプとミキシング機能を搭載しておりますので、幅広い用途に お使いいただけます。 MS60Sの優れた性能をフルに発揮させると共に、いつまでも支障なくお使いいただくため、 ご使用の前にこの取扱説明書を是非お読みください。お読みになった後は、保証書とともに 大切に保管してください。...

  • Page 2

    ! 安全上のご注意  安全にお使いいただくため、ご使用の前にこの 「安全上のご注意」 をよくお読みください。 またお読みになったあと、いつでも見られるところに必ず保存してください。 絵表示 この取扱説明書および製品への表示では、 製品を安全に 正しくお使いいただき、 あなたや他の人々への危害や財産への 損害を未然に防止するために、 いろいろな絵表示をしています。 内容をよく理解してから本文をお読みください。 この欄に記載されている事項を無視して、誤った取扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可 警告 能性があります。 設置されるとき この機器はAC100V専用です。それ以外の電 ● 源(AC200V、船舶の直流電源など)では使用し ないでください。火災・感電の原因となります。 この機器に水が入ったり、機器がぬれたりしな ● いようご注意ください。火災・感電の原因となり ます。雨天・降雪時や海岸・水辺での使用は特に ご注意ください。 この機器の通風孔をふさがないでください。 ● 内部の温度上昇を防ぐため、この機器には通風 孔があけてあります。通風孔がふさがると内部 に熱がこもり、火災の原因となることがありま す。 とくに、次のような使い方は避けてください。 ・ 機器をあお向けや逆さまにする。 ・ 本箱や押し入れなど、専用ラック以外の風通 しの悪い狭いところに押し込める。 ・ テーブルクロスを掛けたり、じゅうたんや布 団の上に置いて使用する。...

  • Page 3

    この欄に記載されている事項を無視して、誤った取扱いをすると、人が傷害を負ったり、物的 注意 損害が発生したりする可能性があります。 設置されるとき 調理台や加湿器のそばなど、油煙や湯気が当た ● るような場所には置かないでください。火災・感 電の原因となることがあります。 ぐらついた台の上や傾いたところなど、不安定 ● な場所には置かないでください。落ちたり、倒 れたりしてけがの原因となることがあります。 電源コードを熱器具に近付けないでください。 ● コードの被覆が溶けて、火災・感電の原因になり ます。 窓を締め切った自動車の中や直射日光が当たる ● 場所など、異常に温度が高くなる場所に放置し ないでください。火災の原因となることがあり ます。 湿気やほこりの多い場所には置かないでくださ ● い。火災・感電の原因になることがあります。 濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでくだ ● さい。感電の原因となることがあります。 電源プラグを抜くときは、電源コードを引っ張 ● らないでください。必ずプラグを持ってくださ い。コードを引っ張ると、電源コードが傷つい て、火災・感電の原因となることがあります。 ご使用になるとき 機器を移動する場合は、電源スイッチを切り、 ● 電源プラグをコンセントから抜き、機器間の接 続コードなど外部の接続コードを外してくださ い。コードが傷つき、火災・感電の原因となるこ とがあります。 目次 特長...

  • Page 4

    各部の名称と機能 EQUALIZER INPUT HIGH INPUT2 INPUT1 MASTER INPUT3 LINE LINE POWER 1 INPUT1端子 XLR-3-31タイプのバランス式端子で、マイクロフォンや ライン出力レベルの機器を接続します。 入力感度は-50 dBから-20 dBまでの間で調整可能で、調 整は4のINPUT1ゲインコントロールつまみでおこないま す。入力インピーダンスは600 Ωです。 端子のピン配置は次のとおりです。 グランド ホット (+) コールド (-) 2 INPUT2端子 INPUT1 3 INPUT3 (LINE) 端子 INPUT2 LINE HI Z HI Z LOW Z 4 INPUT1, 2ゲインコントロール...

  • Page 5

    接続例 MS60Sは、高品質でコンパクトなアンプ内蔵のモニタース ピーカーで、幅広い用途を有しております。 以下に、その接続例を挙げます。 スポーツイベントなどでPA/音楽システムとして使用するに は、マイクロフォンをINPUT1に、カセットデッキやCDプ レーヤーをINPUT2または3に接続してください。 (接続例1) 楽器を演奏しながら歌を歌うためには、マイクロフォンを INPUT1に、キーボードをINPUT2に、録音済みの音楽ソース (テープ、CDなど) をINPUT3に接続します。 (接続例2) 接続例 1 CD プレーヤー MS60S マイク キーボード カセットデッキ 接続例 2 MS60S マイク CD プレーヤー...

  • Page 6

    仕様 総合仕様 ● 形式 ... YST Powered Speaker 再生周波数帯域 ... 40 Hz − 20 kHz 最大出力音圧レベル ... 108 dB SPL (60 W,1 m on axis) 寸法 (W x H x D) ... 445 x 275 x 244 mm 重量 ... 10 kg スピーカー部...

  • Page 7

    寸法・機能部図 2-M8 スタンド取付け用ねじ 2-M8 スタンド取付け用ねじ オプション MS60Sの別売オプションとして、スピーカースタンドTS- 30、STS50、フォールドバックアダプターBFS60を用意し ております。 MS60Sをフロアーモニターとしてご使用になる場合は、 BFS60をお求めください。 H : 275 注 : オプションのBFS60フォールドバックアダプターをご使 用の際は、MS60Sを横にして取り付けてください。 (縦 にして取り付けるのは避けてください。) オプションの スピーカースタンド (TS-30またはSTS50) に取り付けて ご使用の際にはMS60Sは必ず1台としてください。2台 以上積み上げることは危険ですから避けてください。 BFS60 キャリングハンドル D : 244 単位:mm...

  • Page 8

    載事項の変更が必要なときは、事前・事後を問わずお買上げ販 売店かお客様ご相談窓口、またはヤマハ電気音響製品サービス 拠点へご連絡ください。継続してサービスできるように手配い たします。 ■ 損害に対する責任 この商品 (搭載プログラムを含む) の使用または使用不能によ り、お客様に生じた損害 (事業利益の損失、事業の中断、事業 情報の損失、その他の特別損失や逸失利益) については、当社 は一切その責任を負わないものとします。また、如何なる場合 でも、当社が負担する損害賠償額は、お客様がお支払になった この商品の代価相当額をもって、その上限とします。 ●お客様ご相談窓口 : ヤマハプロオーディオ製品に対するお問合せ窓口  ヤマハ・プロオーディオ・インフォメーションセンター Tel: 03-5791-7678 Fax: 03-5488-6663(電話受付=祝祭日を除く月∼金/11:00∼19:00) E-mail: painfo@post.yamaha.co.jp ●EM営業統括部(営業窓口) PAグループ PA東京 PA北海道 PA仙台 PA大阪 PA名古屋 PA九州 企画推進室(プロオーディオ) ●PA・DMI事業部 PE営業部PA国内推進室 ●ヤマハ電気音響製品サービス拠点 : 修理受付および修理品お預かり窓口 北海道サービスステーション...

Comments to this Manuals

Symbols: 0
Latest comments: