Download  Print this page

Canceling Self-Diagnostic Function; Starting In The Protection Cancel Mode - Yamaha A-S501 Service Manual

Integrated amplifier
Hide thumbs

Advertisement

Table of Contents
A-S501/A-S301
● Canceling Self-Diagnostic Function
To keep setup information stored in the backup
memory of the microprocessor:
Set the SPEAKERS knob to the OFF , B or A+B position
and press the z (power) key to turn off the power.
Self‑diagnostic function is canceled.
To initialize the backup memory of the
microprocessor and revert the following stored
settings to the factory presets:
Set the SPEAKERS knob to the A position, press the
z (power) key to turn off the power.
Self‑diagnostic function is canceled with the initialization
reserved.
When the z (power) switch is pressed again to turn on
this unit, the backup memory of the microprocessor will
be initialized, and the stored settings will be reverted to
the factory presets.
For details, refer to Factory Preset in the section SELF‑
DIAGNOSTIC FUNCTION .
● Starting in the Protection Cancel mode
CAUTION!
Using this product with the protection function disabled
may cause further damage to this unit. Use special care
for this point when using this mode.
If the protection function works and causes hindrance to
trouble shoot, cancel the protection function as described
below, and it will be possible to enter the self‑diagnostic
function mode.
(The protection functions other than the excess current
detect function will be disabled.)
1.
Press the z (power) switch to turn off this unit. (Fig. 19)
2.
Connect the power cable of this unit to the AC outlet.
(Fig. 19)
3.
Set the SPEAKERS knob to the OFF position. (Fig. 19)
Note: Since factory preset is reserved by turning
off this unit when the SPEAKERS knob is set
to the A position, set the SPEAKERS knob
to the OFF position before starting the self‑
diagnostic function mode.
4.
Set the BASS , TREBLE and BALANCE knobs to
the top positions. (Fig. 19)
Note: Be sure to set the BASS , TREBLE and
BALANCE knobs to the top positions. These
positions are stored when the self‑diagnostic
function mode is started, and software corrections
are made to the top position for each selector.
In addition, the self diagnostic function mode
cannot be started if the top positions for the
knobs are off by more than ± 5% of the 2.5 V
input voltage.
5.
Set the LOUDNESS knob to the FLAT position. (Fig. 19)
28
● ダイアグの解除
マイコンのバックアップ用メモリーに記憶されてい
る設定情報を保持する場合:
SPEAKERS ツマミを
OFF 、
"
z (電源)スイッチを押して電源を切ります。
"
ダイアグが解除されます。
マイコンのバックアップ用メモリーを初期化し、記
憶された下記の設定を工場出荷時に戻す場合:
SPEAKERS ツマミを
A に設定して、 z (電源)スイッ
"
チを押して電源を切ります。
初期化が予約された状態でダイアグが解除されます。
もう一度 z (電源)スイッチを押して電源を入れると、
マイコンのバックアップ用メモリーを初期化し、記憶さ
れた設定を工場出荷時に戻します。
詳細は、ダイアグの
ファクトリープリセット を参照し
"
てください。
● プロテクション解除モードでの起動
注意!
プロテクションを解除した状態でのダイアグモードは、
危険な状態でもプロテクションが作動しないため、動作
させると、本機を破壊することがあります。
このモードを使用する場合は十分注意してください。
プロテクションが動作することにより、故障箇所の診断
に支障をきたすような場合は、次の方法によりプロテク
ションを解除した状態でダイアグモードに入ることがで
きます。
(過電流検出以外のプロテクション動作を解除する)
1.
本機の z(電源) スイッチを OFF にします。 (Fig.19)
2.
電源コードを AC コンセントに接続します。 (Fig.19)
3.
SPEAKERS ツマミを OFF にします。 (Fig.19)
注意: SPEAKERS ツマミを A の位置で電源を切
るとファクトリープリセットが予約されるた
め、ダイアグの起動時に SPEAKERS ツマミ
を OFF の位置にします。
4.
BASS 、 TREBLE 、 BALANCE ツマミを中央の位
置に合わせます。 (Fig.19)
注意: BASS 、 TREBLE 、 BALANCE ツマミは必ず
中央の位置に合わせてください。ダイアグ起動
時この位置を記憶して各ツマミの中央位置の補
正をソフト的に行っています。
また、各ツマミの中央位置が入力電圧 2.5V の
±5%以上外れている場合にはダイアグが起動
できません。
LOUDNESS ツマミを FLAT の位置に合わせます。
5.
(Fig.19)
B または
A+B に設定して、
"
"

Hide quick links:

Advertisement

Table of Contents
loading

  Also See for Yamaha A-S501

  Related Manuals for Yamaha A-S501