Download  Print this page

Yamaha A-S2100 Service Manual page 37

Hide thumbs

Advertisement

5. ALL MUTE CHECK
This menu is used to force pins 43 (MT_N_MAIN), 44
(MT_N_REC) and 45 (MT_N_PRE) of the microprocessor
(IC502) to be muted.
6. TRIGGER CHECK
This menu is used to check detection of the TRIGGER
IN terminal.
When a HIGH
LOW change occurs with the input,
the result is indicated by ON (detected) / OFF (not
detected) of the INPUT selector indicators.
Change detected
変化を検出
INPUT selector indicators all ON
INPUT セレクターインジケーター全灯
7.
LINK CHECK
This menu is used to execute the loop-back test at
the SYSTEM CONNECTOR terminal.
After selecting this menu, push down the "AUDIO
MUTE" switch for 5 seconds or longer to start testing.
The test result is indicated by ON (OK) / OFF (NG) of
the INPUT selector indicator.
OK
INPUT selector indicators all ON
INPUT セレクターインジケーター全灯
5. ALL MUTE CHECK
マイコン(IC502)の 43 ピン(MT_N_MAIN) 、44 ピ
ン (MT_N_REC) 、 45 ピン (MT_N_PRE) を強制的にミュ
−ト状態にします。
6. TRIGGER CHECK
TRIGGER IN 端子の検出をチェックします。
入力が HIGH
LOW と変化すると、 INPUT セレクター
インジケーターの点灯(検出)/消灯(非検出)に
より結果が表示されます。
Change not detected
変化を非検出
INPUT selector indicators all OFF
INPUT セレクターインジケーター全消灯
7. LINK CHECK
SYSTEM CONNECTOR 端子にて、ループバックテスト
をおこないます。
本メニュー選択後、 AUDIO MUTE スイッチを 5 秒以
上押し下げることによりテストを開始します。
テスト結果は INPUT セレクターインジケーターの点
灯(OK)/消灯(NG)により表示されます。
NG
INPUT selector indicators all OFF
INPUT セレクターインジケーター全消灯
A-S2100
37

Hide quick links:

Advertisement

loading

  Also See for Yamaha A-S2100

  Related Manuals for Yamaha A-S2100